イラク日報検索【イラク日報村】

  2004年03月01日の日報 (3ページ目)

国内全般の治安状況 | カルバラにおける自動車爆弾攻撃2月28日、アシュラ祭の書戒のためにカルバラからム

  2004年03月01日の日報 (4ページ目)

報はあるものの、明確な兆候及び証拠は存在しないが、攻撃を受ける可能性は否定できない。|・現地住民等は自衛

  2004年07月14日の日報 (12ページ目)

  2004年07月14日の日報 (13ページ目)

8における差し迫った脅威情報及び攻撃事案等なし

  2004年07月14日の日報 (15ページ目)

(昨日と変化なし)●全般: 中部以北における活発な攻撃が継続(傾向変化なし)国外テロリスト勢力、FRE、

  2004年07月14日の日報 (16ページ目)

化なし)「全般: 比較的平穏(一部地域での散発的な攻撃は継続:特にバスラ)「アルカイダ等国外テロリスト勢

  2004年07月14日の日報 (17ページ目)

マハムディーヤのFREによる陸自宿営地への車両爆弾攻撃(逐次続報あり。7月13日更新。第1ゲート付近の出

  2004年07月14日の日報 (28ページ目)

宿営地第1ゲートへの出入時の混交を狙ったVBIED攻撃の公算が高いと見積もられる。今後、サマーワ市内に向

  2004年07月14日の日報 (30ページ目)

政府勢力が、7月10日以降バスラの多国籍軍に対して攻撃を計画(MNC-I GRINTSUM)・ Zarg

  2004年09月22日の日報 (12ページ目)

  2004年09月22日の日報 (13ページ目)

  2004年09月22日の日報 (14ページ目)

15日報告以降変化なし)●全般: 中部以北における攻撃が継続、一部中南部において散発的な攻撃を実施●国外

  2004年09月22日の日報 (15ページ目)

コンボイ等の移動目標に対する自動車爆弾(即製爆弾)攻撃も脅威・特に石油関連施設に対するテロ脅威が増加サド

  2004年09月22日の日報 (16ページ目)

致の脅威あり・ R-8における自動車爆弾、即製爆弾攻撃及び自爆攻撃等の襲撃脅威継続県知事庁舎、イラク治安

  2005年02月26日の日報 (15ページ目)

ルメイササマーワン。「ナシリヤ警察署に対する小火器攻撃あり。被害なし。1クルナ「タリルGARB)郡! 6

  2005年02月26日の日報 (16ページ目)

対立による内戦の誘発を狙うシーア派の聖地等に対する攻撃の可能性・選挙無効を訴え治安の不安定化を狙ったIS

  2005年02月26日の日報 (17ページ目)

あるコンボイ等の移動目標に対する車両爆弾(IED)攻撃も脅威・特に石油関連施設に対するテロ脅威が増加・パ

  2005年02月26日の日報 (18ページ目)

・拉致の情報あり・R-8におけるVBIED、IED攻撃及び自爆攻撃等の可能性・県庁舎、イラク治安機関施設

  2005年03月23日の日報 (8ページ目)

を示したかったとのこと●陸自の活動を批判し、陸自を攻撃するような意図で書いたものではない→多国籍軍・アメ

  2005年03月23日の日報 (10ページ目)

て武装勢力による多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続(北部(モスル)での攻撃増加)| 全般国民議会

  2005年03月23日の日報 (11ページ目)

| 3/10追加新威情報●多国籍軍が駐留する限り攻撃は継続スンニ過激派 | ●アマラ、ナシリアで多国籍

  2005年03月25日の日報 (8ページ目)

武装勢力による多国籍1軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続全 般 |(北部(モスル)での攻撃増加)国民議

  2005年03月25日の日報 (9ページ目)

3/10追加符威情報| ●多国籍軍が駐留する限り攻撃は継続スンニ過激派 | ●アマラ、ナシリアで多国籍

  2005年03月26日の日報 (8ページ目)

ディカ一県、事案等なし多国籍軍巡察どに対する小火器攻撃あり。被害なし。ナジャン「…NET.R-1Rルメイ

  2005年03月26日の日報 (9ページ目)

する脅威情報 | 310追加●MNPが駐留する限り攻撃は継続スンニ過激派国際テロリスト●アマラ、ナシリア

  2005年03月27日の日報 (11ページ目)

て武装勢力による多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続全般 (北部(モスル)での攻撃増加)国民議会開

  2005年03月27日の日報 (12ページ目)

3/10追加脅威情報あり●多国籍軍が駐留する限り攻撃は継続スンニ過激派 ●アマラ、ナシリアで多国籍軍、

  2005年03月30日の日報 (8ページ目)

」- -| ナジャンに多国籍軍巡察「に対するIED攻撃あり。兵士1名負傷調リルクルナELESS翻パス号、

  2005年03月30日の日報 (9ページ目)

勢力による多国籍 ||軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続(北部(モスル)での攻撃増加)全 般 |国民議

  2005年03月30日の日報 (10ページ目)

ルバイーン最終日、シーア派モスク等を狙った車両爆弾攻撃の可能性(カルバラ・南部都市)・切迫した緊張感なし

  2005年04月01日の日報 (8ページ目)

て武装勢力による多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続。(北部(モスル)での攻撃増加)全般国民議会開

  2005年04月01日の日報 (9ページ目)

3/10追加「脅威情報あり●多国籍軍が駐留する限り攻撃は継続スンニ過激派●バース党残党による多国籍軍への

  2005年04月02日の日報 (8ページ目)

WAY|LAGAに対HP多国籍軍ヘリに対する小火器攻撃あり。被害なし。.・ ….「メイサン県 |事業等な

  2005年04月02日の日報 (9ページ目)

310追加全般脅威情報あり●多国籍軍が駐留する限り攻撃は継続スンニ過激派●バース党残党による多国籍軍への

  2005年04月02日の日報 (15ページ目)

ナ県以外のCINIC (3科)及びアルバイーン時の攻撃が(昨年に比較して)減少した理由」イ C2スタッフ

  2005年04月03日の日報 (11ページ目)

て武装勢力による多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続(北部(モスル)での攻撃増加)全・ 殺国民議会

  2005年04月03日の日報 (12ページ目)

脅威情報ありスンニ過激派 ●多国籍軍が駐留する限り攻撃は継続国憲テロリスト ●バース党残党による多国籍軍

  2005年04月03日の日報 (19ページ目)

ナ県以外のCIMIC (3科)及びアルバイーン時の攻撃が(昨年に比較して)減少した理由送付|イ c2スタ

  2005年04月04日の日報 (7ページ目)

故等が懸念:【英軍が石油精製所支援)●03年の航空攻撃により破壊●昨年10月頃から月1回車両3両程:度で

  2005年04月04日の日報 (8ページ目)

て武装勢力による多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続(北部(モスル)での攻撃増加)|| 全般国民議

  2005年04月04日の日報 (9ページ目)

日、シーア派モスク等を狙った車両爆弾 lan2追加攻撃の可能性(カルバラ・南部都市)・切迫した緊張感なし

  2005年04月06日の日報 (9ページ目)

抗・抗議し、協力するな」<評価>●多国籍軍に対する攻撃を呼びかける等の過激な内容はなし●8日の金曜礼拝、

  2005年04月06日の日報 (10ページ目)

装勢力による多国籍| 軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続全 般 | (北部(モスル)での攻撃増加)国民

  2005年04月06日の日報 (11ページ目)

部の部族関係者が迫撃砲、又は部族関連ロケットによる攻撃(し)を実施する可能性・アルバイーン終了につき、各

  2005年04月07日の日報 (9ページ目)

武装勢力による多国籍軍及びイラ「ク治安部隊に対する攻撃継続(北部(モスル)での攻撃増加)般●国民議会開催

  2005年04月07日の日報 (10ページ目)

の部族関係者が迫撃砲、部族関連|又はロケットによる攻撃(脅し)を実施する可能性アルバイーン終了につき、各

  2005年04月08日の日報 (8ページ目)

いいか」IRAQ7日、民間人宅に対し、即製弾による攻撃があるも被害なしディカー県STマミ:/事案等なし「

  2005年04月08日の日報 (9ページ目)

て武装勢力による多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続(北部(モスル)での攻撃増加)|| 般●国民議

  2005年04月08日の日報 (10ページ目)

3/10追加スンニ過激派●多国籍軍が駐留する限り攻撃は継続国際テロリスト●バース党残党による多国籍軍(

  2005年04月09日の日報 (8ページ目)

て武装勢力による多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続く北部(モスル)での攻撃増加)全般 |国民議会

  2005年04月09日の日報 (9ページ目)

威情報備考3Mスンニ過激派●多国籍軍が駐留する限り攻撃は継続国際テロリスト| ●バース党残党による多国籍

  2005年04月10日の日報 (11ページ目)

て武装勢力による多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続(北部(モスル)での攻撃増加)全般 || 3/

  2005年04月10日の日報 (12ページ目)

の部族関係者が迫撃砲、又は部族関連 ロケットによる攻撃(し)を実施する可能性「派| 4/3追加アルバイー

  2005年04月12日の日報 (8ページ目)

のように表示○目 的他の武装勢力又は住民に車両爆弾攻撃が切迫していることを警告武装勢力の写真撮影担当に対

  2005年04月12日の日報 (9ページ目)

武装勢力による多国籍軍及びイラ般ク治安部隊に対する攻撃継続(北部(モスル)での攻撃増加)3/7追加●国民

  2005年04月12日の日報 (10ページ目)

を持つ一部の部族関係者が迫撃砲、又はロケットによる攻撃(着し)を実施する可能性アルバィーン終了につき、各

  2005年04月14日の日報 (8ページ目)

逃走中とのことであるが、状況から、武装勢力等による攻撃ではなく、犯罪レベルである可能性が高いと推測・8.

  2005年04月14日の日報 (9ページ目)

て武装勢力による多国籍草及びイラク治安部隊に対する攻撃継続(北部(モスル)での攻撃全般317追加●新政権

  2005年04月14日の日報 (10ページ目)

|情報スンニ過激派 | ●多国籍軍が駐留する限り攻撃は継続国際テロリスト | ●前政権残党による多国籍

  2005年04月15日の日報 (8ページ目)

て武装勢力による多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続(北部(モスル)での攻撃全 般 | 増加)37

  2005年04月15日の日報 (9ページ目)

加威情報スンニ過激派 | ●多国籍軍が駐留する限り攻撃は継続国際テロリスト | ●前政権残党による多国籍

  2005年04月16日の日報 (8ページ目)

て武装勢力による多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続(北部(モスル)での攻撃| 全 般 | 増加)

  2005年04月16日の日報 (9ページ目)

追加情報スンニ過激派 | ●多国籍軍が駐留する限り攻撃は継続国際テロリスト●前政権残党による多国籍軍(ヘ

  2005年04月17日の日報 (10ページ目)

。::::::14:33:「<評価>●陸自を狙った攻撃(ロケット弾等の発射)の可能性はない(反多国籍軍の

  2005年04月17日の日報 (11ページ目)

による自治●多国籍軍の拒絶<評価>●多国籍軍に対し攻撃的な行動を扇動するような記述はなし●イラク警察の一

  2005年04月17日の日報 (13ページ目)

武装勢力による多国籍軍:及びイラク治安都隊に対する攻撃継続(北都(モスル)での攻撃|| 増加)3T追加●

  2005年04月17日の日報 (14ページ目)

部の部族関係者が迫撃砲、部族因連文はロケットによる攻撃(し)を実施する可能性アルバィーン終了につき、各種

  2005年04月20日の日報 (8ページ目)

19日夕、多国籍第コンボイに対し、即}製基準による攻撃あり。被害なし。.…メイサン県いき事案等し*・ |

  2005年04月20日の日報 (9ページ目)

て武装勢力による多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続(北部(モスル)での攻 37追加|全般 | 撃

  2005年04月20日の日報 (10ページ目)

| 3410追加脅威情報●多国籍軍が駐留する限り攻撃は継続スンニ過激派●バース党残党による多国籍軍(ヘ

  2005年04月22日の日報 (8ページ目)

,ディカー外事業等なしキングTアジに対するRPG3攻撃あり。3 被害者なし。-ナジャンド:.、.,:たち

  2005年04月22日の日報 (9ページ目)

る | 3/10追加威情報●多国籍軍が駐留する限り攻撃は継続スンニ過激派●バース残業による多国籍軍(ヘリ

  2005年04月23日の日報 (8ページ目)

アマラーナシリークルナ多国著車一对する小火器による攻撃あり。被害なし。Wesリル闇ムサンナ昇事業等なしピ

  2005年04月23日の日報 (9ページ目)

する | 3/10追加載情報多国籍軍が駐留する限り攻撃は継続スンニ過激派●バース党残党による多国籍軍(ヘ

  2005年04月24日の日報 (10ページ目)

題を作り出すことにより、長期駐留を画策し、シリアを攻撃するだろう」

  2005年04月24日の日報 (11ページ目)

はいる)→直接的な脅威は少ないものと推測(具体的な攻撃指令等なし)●豪メディアの記者が、日本と英軍の部族

  2005年04月24日の日報 (13ページ目)

て武装勢力による多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続(北部(モスル)での攻 [3/7追加全般 撃増

  2005年04月24日の日報 (14ページ目)

| 能性あり・英国総選挙に関連、世論操作のための攻撃の可能性 4/20追加」・切迫した緊張感なし(・英

  2005年04月27日の日報 (9ページ目)

勢力による多国籍等| .及びイラク治安部隊に対する攻撃継続(北部(モスル)での攻 137追加学環加)●新

  2005年04月27日の日報 (10ページ目)

る | 3/10追加成情報●多国籍軍が駐留する限り攻撃は継続スンニ過激派●バース党残党による多習籍軍(ヘ

  2005年04月28日の日報 (8ページ目)

て武装勢力による多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続(北部(モスル)での攻 | 3/7追加|全般

  2005年04月28日の日報 (9ページ目)

「威情報スンニ過激派 | ●多国籍軍が駐留する限り攻撃は継続国際テロリスト ●バース党残党による多国籍軍

  2005年04月29日の日報 (9ページ目)

ル派民兵の時計は確実に進んでいる。サドル派まもなく攻撃指令を出す」<評価>●いずれのモスクも日本・英軍・

  2005年04月29日の日報 (11ページ目)

装し、黒い警備車両●コンボイの通行妨害に対しては、攻撃的になる可能性<評価>●すれ違い時、追い越し時につ

  2005年04月29日の日報 (12ページ目)

て武装勢力による多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続(北部(モスル)での攻 | 3/7追加全般撃増

  2005年04月29日の日報 (13ページ目)

スト|能性あり・英国総選挙に関連、世論操作のための攻撃の可能性 4/20追加・切迫した緊張感なし(蘭・英

  2005年04月30日の日報 (8ページ目)

て武装勢力による多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続(北部(モスル)での攻 | 3/7追加全般 撃

  2005年04月30日の日報 (9ページ目)

加威情報スンニ過激派 | O多国籍軍が駐留する限り攻撃は継続国際テロリスト | Oバース党残党による多国

  2005年05月01日の日報 (10ページ目)

マンデート見直し)豪軍主力展開→楽軍展開時を狙った攻撃の有無、県民の対多国籍軍意識変化●陸自部隊交代→M

  2005年05月01日の日報 (12ページ目)

て武装勢力による多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続(北部(モスル)での攻 137追加全般撃増加)

  2005年05月01日の日報 (13ページ目)

スト 能性あり・英国総選挙に関連、世論操作のための攻撃の可能性 4/20追加・切迫した緊張感なし(蘭・英

  2005年05月02日の日報 (5ページ目)

ys.ディカー県事案等なし.“多国籍軍に対するED攻撃あり。1名死亡、1名負傷ナジャフ GET過ルメイサ

  2005年05月02日の日報 (6ページ目)

て武装勢力による多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続(北部(モスル)での攻 137追加|| | 整

  2005年05月02日の日報 (7ページ目)

スト 能性あり・英国総選挙に関連、世論操作のための攻撃の可能性 4/20追加・切迫した緊張感なし(蘭・英

  2005年05月03日の日報 (8ページ目)

ーリルBEARバス)・ ムサンプ建物に対するRPG攻撃あり。1 被害なし。1600現在にサマーワ市内平種

  2005年05月03日の日報 (9ページ目)

る | 3/10追加載情報●多国籍軍が駐留する限り攻撃は継続スンニ過激派 | ●バース党残党による多国籍

  2005年05月04日の日報 (8ページ目)

*E,店鋼ルメイサ、サマーワに対する団接火器による攻撃あり。被害なし。!**けシリヤ、;;;:パスライ

  2005年05月04日の日報 (9ページ目)

| 3/10追加 |威情報多国籍軍が駐留する限り攻撃は継続スンニ過激派 ●バース党残党による多国籍軍(

  2005年05月05日の日報 (8ページ目)

での護衛なしで行動する地域等情報の入手○現地情報●攻撃が成功した場合には、英国選挙・英国政府に圧力となる

  2005年05月08日の日報 (23ページ目)

isemomokmキャッチ・コピー・「治安機関への攻撃は貴方自身への攻撃」・「彼等(ISF)を助けるため

  2005年05月05日の日報 (12ページ目)

装勢力による多国籍軍| 及びイラク治安部隊に対する攻撃継続(北部(モスル)での攻 37追加全般 | 撃増

  2005年05月05日の日報 (13ページ目)

スト|能性あり●英国総選挙に関連、世論操作のための攻撃の可能性 - 4/20追加●切迫した緊張感なし(・

  2005年05月06日の日報 (8ページ目)

業等なし,ナジャン |イラク治安部隊に対するIED攻撃あり。被害なし。リルでのクルサムサンナ県事案等なし

  2005年05月06日の日報 (9ページ目)

|実認 | 威情報威情報●多国籍軍が駐留する限り攻撃は継続スンニ過激派 | ●バース党残党による多国籍

  2005年05月07日の日報 (8ページ目)

なしメイサン県事案等なしCFコンボイに対する小火器攻撃あり。被害なし。ナジャフ・ER照アマラツルメイサ影

  2005年05月07日の日報 (9ページ目)

対する脅威情報 3/10追加OMNFが駐留する限り攻撃は継続:スンニ過激派 OFREによるMNF(ヘリ含

  2005年05月08日の日報 (11ページ目)

のクーファモスクにおける参拝者に対するイラク陸軍の攻撃について、イラク政府は謝罪せよ」○現地情報●「準備

  2005年05月08日の日報 (12ページ目)

て武装勢力による多国籍軍及びイラク治安機関に対する攻撃継続(北部(モスル)での攻撃増加)3/7追加●新政

  2005年05月08日の日報 (13ページ目)

部の部族関係者が迫撃砲、部族関連又はロケットによる攻撃(脅し)を実施する可能性デモ関連電力事情の悪化によ

  2005年05月11日の日報 (6ページ目)

→急激な過激化の兆候は見られず、直ちに多国籍軍への攻撃を再開する可能性は低い

  2005年05月11日の日報 (7ページ目)

の部族関係者が迫撃砲、部族関連 又はロケットによる攻撃(脅し)を実施する可能性電力事情の悪化により、市内

  2005年05月11日の日報 (8ページ目)

中心に、中北・西部においてMNF及びISFに対する攻撃継続(バグダッドにおける攻撃増加傾向) | 5/1

  2005年05月13日の日報 (9ページ目)

心に、中北・西部においてMNF及びISFに|対する攻撃継続(バグダッドにおける攻撃増加傾向) 511追加

  2005年05月13日の日報 (10ページ目)

0追加ー内「全般 「情報」●多国籍軍が駐留する限り攻撃は継続スンニ過激派 | ●前政権残党による多国籍軍

  2005年05月14日の日報 (10ページ目)

、中北・西部においてMNF及びISFに ||対する攻撃継続(バグダッドにおける攻撃増加傾向) 5/11追

  2005年05月14日の日報 (11ページ目)

3追加・過激勢力の一部によるイラク軍・警察に対する攻撃の可能性5/12追加土地交渉等に不満を持つ一部の部

  2005年05月15日の日報 (9ページ目)

・英は早くイラクから去れ●テロリストはイラク国民を攻撃し多数サドル事務所「殺害している。テロに反対○米は

  2005年05月15日の日報 (10ページ目)

F及びISFに | 5/11追加全 般 | 対する攻撃継続(バグダッドにおける攻撃増加傾向)●新政権発足

  2005年05月15日の日報 (11ページ目)

脅威 | 3/10追加情報●多国籍軍が駐留する限り攻撃は継続スンニ過激派 O前政権残党による多国籍軍(ヘ

  2005年05月18日の日報 (9ページ目)

回収割発見された場所。●イラク警察は武装勢力が再び攻撃を計「画していた可能性があるとして警戒【現地情報】

  2005年05月18日の日報 (10ページ目)

ク治 | 3/11追加|全 般 | 安機関に対する攻撃継続(ハグダッドにおける攻撃増加傾向)○新政権発足

  2005年05月18日の日報 (11ページ目)

の部族関係者が迫撃砲、又は部族関連 ロケットによる攻撃(脅し)を実施する可能性5/13追加5/17追加電

  2005年05月20日の日報 (9ページ目)

国籍軍及びイラク治 | 5/11追加安機関に対する攻撃継続(バグダッドにおける攻撃増加傾向)|| 全 般

  2005年05月20日の日報 (10ページ目)

威 | 310追加|:情報●多国籍軍が駐留する限り攻撃は継続スンニ過激派 | O前政権残党による多国籍軍

  2005年05月21日の日報 (9ページ目)

et戦術は、他の正面に戦力を集我ている場合にIED攻撃を継続するために使用導電金属板●監視等による存在の

  2005年05月21日の日報 (10ページ目)

報3/10追加スンニ過激 ●多国籍軍が駐留する限り攻撃は継続●前政権残党による多国籍軍(ヘリ含む)への攻

  2005年05月22日の日報 (8ページ目)

~22日16000)mes。多国籍軍に対するIED攻撃あり被害なし。.BA0...ディカー県「事案等なし

  2005年05月22日の日報 (9ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続(バグダッドにおける攻撃増加傾向)5/11追加

  2005年05月22日の日報 (10ページ目)

3/10追加スンニ過激 | 多国籍軍が駐留する限り攻撃は継続| | 前政権残党による多国籍軍(ヘリ含む)

  2005年05月25日の日報 (8ページ目)

キャン|プに対する小火器、迫撃砲及びロケットによる攻撃。被害なし。「アマラ「平成品です。サマーウルメイサ

  2005年05月25日の日報 (10ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続(バグダッドにおける攻撃増加傾向)5/11追加

  2005年05月25日の日報 (11ページ目)

威情 | 3/10追加|内●多国籍軍が駐留する限り攻撃は継続スンニ過激派○前政権残党による多国籍軍(ヘリ

  2005年05月27日の日報 (8ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続(ハグダッドにおける攻撃増加傾向)5/11追加

  2005年05月27日の日報 (9ページ目)

安定→バスラ・アマラで多国籍軍・イラク治安部隊への攻撃発 | 5/27追加|●多国籍軍が駐留する限り攻撃

  2005年05月28日の日報 (8ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続(バグダッドにおける攻撃増加傾向)5/11追加

  2005年05月28日の日報 (9ページ目)

安定→バスラ・アマラで多国籍軍・イラク治安部隊への攻撃発 | 5/27追加全ト・●多国籍軍が駐留する限り

  2005年05月29日の日報 (8ページ目)

率1%?ディカー県事案等なし多国籍軍に対するIED攻撃あり。6名負傷ナジャフマラRESナシリヤタリルリル

  2005年05月29日の日報 (11ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続(バグダッドにおける攻撃増加傾向)5/11追加

  2005年05月29日の日報 (12ページ目)

安定→パスラ・アマラで多国籍軍・イラク治安部隊への攻撃発 | 5/27追加生| Q多国籍軍が駐留する限り

  2005年06月03日の日報 (14ページ目)

昨日、本日の2回キャンプリバティにロケット弾による攻撃発生2 特記事項情報収集及び情報資料の送付等3 本

  2005年06月01日の日報 (8ページ目)

AUDI=常ARABIACKUWAITイラク全土の攻撃件数の推移(5月)2004年2005年10島屋2主

  2005年06月01日の日報 (9ページ目)

  2005年06月01日の日報 (10ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続(バグダッドにおける攻撃増加傾向)5/11追加

  2005年06月01日の日報 (11ページ目)

安定→バスラ・アマラで多国籍軍・イラク治安部隊への攻撃発 | 5/27追加生●多国籍軍が駐留する限り攻撃

  2005年06月01日の日報 (17ページ目)

等 10 件・キャンプリバティーに対するロケット弾攻撃続報(別添)(2)追送品輸送業者との調整・前回の配

  2005年06月03日の日報 (8ページ目)

・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊「に対する攻撃継続(バグダットにおける攻撃増加傾向)。5/11追

  2005年06月03日の日報 (9ページ目)

安定→バスラ・アマラで多国籍軍・イラク治安部隊への攻撃発 | 5127追加●多国籍軍が駐留する限り攻撃

  2005年06月04日の日報 (9ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続(バグダッドにおける攻撃増加傾向)511追加|

  2005年06月04日の日報 (10ページ目)

安定→バスラ・アマラで多国籍軍・イラク治安部隊への攻撃 | 527追加生●多国籍軍が駐留する限り攻撃は継

  2005年06月05日の日報 (11ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続(バグダッドにおける攻撃増加傾向)| 5/11

  2005年06月05日の日報 (12ページ目)

安定→バスラ・アマラで多国籍軍・イラク治安部隊への攻撃発 | 5/27追加生」| ●多国籍軍が駐留する限

  2005年06月06日の日報 (8ページ目)

ワ市内平穏多国籍軍巡察に対する既製爆弾(?)による攻撃。被害なし。SAIDARABIA

  2005年06月06日の日報 (9ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続(バグダッドにおける攻撃増加傾向)5/11追加

  2005年06月06日の日報 (10ページ目)

安定→バスラ・アマラで多国籍軍・イラク治安部隊への攻撃発 | 5/27追加●多国籍軍が駐留する限り攻撃

  2005年06月08日の日報 (9ページ目)

・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊「に対する攻撃継続(バグダッドにおける攻撃増加傾向)5/11追加

  2005年06月08日の日報 (10ページ目)

を持つ一部の部族関係者が迫撃砲、又はロケットによる攻撃(脅し)を実施する可能性電力事情の悪化により、市内

  2005年06月10日の日報 (8ページ目)

・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊「に対する攻撃継続(バグダッドにおける攻撃増加傾向)5/11追加

  2005年06月10日の日報 (9ページ目)

増加する可能性)6/10追加多国籍軍が駐留する限り攻撃は継続スンニ過激派 O前政権残党による多国籍軍(ヘ

  2005年06月11日の日報 (8ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続(バグダッドにおける攻撃増加傾向)|5111追

  2005年06月11日の日報 (9ページ目)

加する可能性)6/10追加●多国籍軍が駐留する限り攻撃は継続スンニ過激派●前政権残党による多国籍軍(ヘリ

  2005年06月12日の日報 (9ページ目)

器射撃あり。「被害なし。多国籍軍基地に対する迫撃砲攻撃あり。被害なし。IRAQナジャブアマラルメイササマ

  2005年06月12日の日報 (10ページ目)

ャンプ・アブナジ(TFメイサン駐屯)に対し、迫撃砲攻撃(キャンプ外に2発着弾)⇒ 細部は不明であるが、サ

  2005年06月12日の日報 (14ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続(バグダッドにおける攻撃増加傾向)5/11追加

  2005年06月12日の日報 (15ページ目)

を持つ一部の部族関係者が迫撃砲、又はロケットによる攻撃(脅し)を実施する可能性電力事情の悪化及び小麦粉の

  2005年06月15日の日報 (8ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続(バグダッドにおける攻撃増加傾向)5/11追加

  2005年06月15日の日報 (9ページ目)

持つ一部の部族関係者が迫撃砲、又はロケットに|よる攻撃(脅し)を実施する可能性電力事情の悪化及び小麦粉の

  2005年06月20日の日報 (9ページ目)

・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊「に対する攻撃継続(バグダッドにおける攻撃増加傾向)5/11追加

  2005年06月20日の日報 (10ページ目)

ラ・アマラで多国籍軍・イラク治安部隊への全 | 「攻撃発生(要人暗殺がバスラにおいて増加する可能性)「ナ

  2005年06月22日の日報 (5ページ目)

理ァマラサ系素多国籍軍巡察に対する小火器材 による攻撃あり。による攻撃あり。バスラ員の器1名負傷。艦バス

  2005年06月22日の日報 (6ページ目)

数の武装勢力が、多国籍軍で働く役務通訳を対象とした攻撃を強化しようとする兆候あり(信頼できる情報筋)||

  2005年06月22日の日報 (7ページ目)

  2005年06月22日の日報 (8ページ目)

バスラ・アマラで多国籍軍・イラク治安部隊への全般 攻撃発生(要人暗殺がバスラにおいて増加する可能性)ナシ

  2005年06月22日の日報 (15ページ目)

その他(備考)(1) 先日バグダッドへの配水施設が攻撃を受けたことにより、キャンプヴィクトリー内一部の施

  2005年06月23日の日報 (11ページ目)

帯ではない!●4月~6月23日までの南東部のIED攻撃事案は27件●そのうち、昼間は17件であり、9時台

  2005年06月23日の日報 (12ページ目)

現地情報なにはと【現地情報-1】○多国籍軍に対する攻撃の一環ではないか○経路は、日本以外の多国籍軍も使用

  2005年06月23日の日報 (13ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続(バグダッドにおける攻撃増加傾向)5/11追加

  2005年06月23日の日報 (14ページ目)

を持つ一部の部族関係者が迫撃砲、又はロケットによる攻撃(脅し)を実施する可能性電力事情の悪化及び小麦粉の

  2005年06月24日の日報 (8ページ目)

アマラで多国籍軍・イラク治安部隊への 5/27追加攻撃発生(要人暗殺がバスラにおいて増加する可能性)6/

  2005年06月25日の日報 (9ページ目)

国籍軍及びイラク治安部隊 | 5/11追加に対する攻撃継続(ハグダッドにおける攻撃増加傾向)全般 ●新政

  2005年06月25日の日報 (10ページ目)

部の部族関係者が迫撃砲、又はロケットに部族関連よる攻撃(脅し)を実施する可能性電力事情の悪化及び小麦粉の

  2005年06月26日の日報 (9ページ目)

月26日~30日の間、テロが増加する可能性を警告○攻撃目標は、バグダッド国際空港、アブグレイブ刑務所、グ

  2005年06月26日の日報 (15ページ目)

国籍軍及びイラク治安部隊 | 5/11追加に対する攻撃継続(バグダッドにおける攻撃増加傾向)|| ●新政

  2005年06月26日の日報 (16ページ目)

部の部族関係者が迫撃砲、又はロケットに部族関連よる攻撃(脅し)を実施する可能性電力事情の悪化及び小麦粉の

  2005年06月26日の日報 (21ページ目)

評議会議長が来訪して、今回の事案はサマーワ市民への攻撃と同じだ、と話していた。この様に、じ後の我々の活動

  2005年06月29日の日報 (9ページ目)

多国籍軍及びイラク治安部隊 | 511追加に対する攻撃継続(ハグダッドにおける攻撃増加傾向)全 般 |

  2005年06月29日の日報 (10ページ目)

を持つ一部の部族関係者が迫撃砲、又はロケットによる攻撃(し)を実施する可能性28日のデモで死傷者が発生し

  2005年07月01日の日報 (8ページ目)

多国籍軍及びイラク治安部隊| 5/11追加に対する攻撃継続(ハグダッドにおける攻撃増加傾向)「全般 ●新

  2005年07月01日の日報 (9ページ目)

アマラで多国籍軍・イラク治安部隊への 5/27追加攻撃発生(要人暗殺がバスラにおいて増加する可能性) 6

  2005年07月02日の日報 (8ページ目)

国籍軍及びイラク治安部隊 | 5/11追加に対する攻撃継続(ハグダッドにおける攻撃増加傾向)||●新政権

  2005年07月02日の日報 (9ページ目)

多国籍軍・イラク治安部隊への | 5/27追加||攻撃発生(要人暗殺がバスラにおいて増加する可能性)6/

  2005年07月03日の日報 (10ページ目)

  2005年07月03日の日報 (13ページ目)

国籍軍及びイラク治安部隊 | 5/11追加に対する攻撃継続(バグダッドにおける攻撃増加傾向)全般 ●新政

  2005年07月03日の日報 (14ページ目)

の部族関係者が迫撃砲、又はロケットに部族関連|よる攻撃(脅し)を実施する可能性28日のデモで死傷者が発生

  2005年07月05日の日報 (8ページ目)

[シャトラマーリナシリヤ多国籍軍巡察に対するIED攻撃あり。被害なし。ナジャフAs Aparafイラク治

  2005年07月05日の日報 (9ページ目)

アマラで多国籍軍・イラク治安部隊への 5/27追加攻撃発生(要人暗殺がバスラにおいて増加する可能性)6/

  2005年07月08日の日報 (8ページ目)

0)Al Kui多国籍軍キャンプに対するロケット砲攻撃あり。被害なし。・ディカー県LL 事案等なしナジャ

  2005年07月08日の日報 (9ページ目)

→バスラ・アマラで多国籍軍・イラク治安部隊への全般攻撃発生6/10追加「ナシリヤに即製爆弾の脅威情報あり

  2005年07月09日の日報 (7ページ目)

置全国の事察等の発生状況(昨日)TURKEY(件)攻撃発生状況発生件数 55 |300SYRIA PRI

  2005年07月09日の日報 (8ページ目)

事案等なしイラク警察に対するIEDらしきものによる攻撃あり。1名負傷。定がナジャフアマRS。ルメイサ、多

  2005年07月09日の日報 (9ページ目)

→バスラ・アマラで多国籍軍・イラク治安部隊への全般攻撃発生6/10追加「ナシリヤに即製爆弾の脅威情報あり

  2005年07月10日の日報 (7ページ目)

URKEY発生件数45件(前日55件)(件)300攻撃発生状況250SYRIASYRIAge.@MND(

  2005年07月10日の日報 (8ページ目)

国籍軍及びイラク治安部隊 | 5111追加に対する攻撃継続(バグダッドにおける攻撃増加傾向)全般●新政権

  2005年07月10日の日報 (9ページ目)

→バスラ・アマラで多国籍軍・イラク治安部隊への全般攻撃発生6/10追加ナシリヤに即製爆弾の脅威情報あり6

  2005年07月10日の日報 (14ページ目)

最近、メイサン県のアマラ周辺において、CFに対する攻撃やIED等の事案が続いて発生しているが、業支第2科

  2005年07月13日の日報 (7ページ目)

装置全国の軍察等の発生状況(日)TURKEY(件)攻撃発生状況SYRIME職 est200UTE| LI

  2005年07月13日の日報 (8ページ目)

となにがだらしながAI KL多国籍軍に対する手榴弾攻撃被害なし多国籍軍に対する投石(約100名)により多

  2005年07月13日の日報 (9ページ目)

多国籍軍及びイラク治安部隊 | 511追加に対する攻撃継続(バグダッドにおける攻撃増加傾向)、全般●新政

  2005年07月13日の日報 (10ページ目)

安定→バスラ・アマラで多国籍軍・イラク治安部隊への攻撃発生全般ナシリヤに即製爆弾の脅威情報あり⇒11日ナ

  2005年07月15日の日報 (8ページ目)

ディカー県事案等なしメイサン県事案等な手榴弾による攻撃、被害なしナジャフアマラサ略)ラF会ルメイサナシリ

  2005年07月15日の日報 (9ページ目)

多国籍軍及びイラク治安部隊 | 511追加に対する攻撃継続(ハグダッドにおける攻撃増加傾向)全般●新政権

  2005年07月16日の日報 (8ページ目)

  2005年07月16日の日報 (9ページ目)

多国籍軍及びイラク治安部隊 | 511追加に対する攻撃継続(ハクダッドにおける攻撃増加傾向)「全般」●新

  2005年07月17日の日報 (8ページ目)

ワ市内平穏Ber2部族闘争に対し迫撃砲及びロケット攻撃あり。被害なKUWAT|し。SAUDARABIAた

  2005年07月17日の日報 (9ページ目)

国籍軍及びイラク治安部隊 | 5/11追加に対する攻撃継続(バグダッドにおける攻撃増加傾向)全般○新政権

  2005年07月18日の日報 (8ページ目)

  2005年07月18日の日報 (9ページ目)

。」「テロリストと連携し、県知事、イラク軍・警察を攻撃しよう。」【アル・サマーワモスク:サマーワ市内(サ

  2005年07月18日の日報 (11ページ目)

テロリストという認識)●ワイリ師のグループが監視し攻撃を企図して「いるとの噂*マフディ・アル・ワイリ師果

  2005年07月18日の日報 (12ページ目)

国籍軍及びイラク治安部隊 | 5/11追加に対する攻撃継続(ハグダッドにおける攻撃増加傾向)全般●新政権

  2005年07月20日の日報 (8ページ目)

ワンSAN|ナシリヤRコクルナリル BARロケット攻撃あり被害なしMMスラムサンナ県事案等なし「1600

  2005年07月20日の日報 (9ページ目)

いて多国籍軍及びイラク治安部隊全 般 | に対する攻撃継続(ハグダッドにおける攻撃増加傾向)●新政権発足

  2005年07月20日の日報 (10ページ目)

多国籍軍・イラク治安部隊への 7/17追加全般 |攻撃発生ナシリヤに即製爆弾の脅威情報あり6/19追加ス

  2005年07月21日の日報 (9ページ目)

アマラ 即 調理事業一アマラ訓膿弾事案2○即製爆弾攻撃前の爆発は、準備した即製爆弾攻撃地域に巡察部隊等を

  2005年07月20日の日報 (14ページ目)

よ。」とあった。周知徹底せよ。- TED及び昼間の攻撃に関しての情報収集は、我々の安全確保の観点で極めて

  2005年07月21日の日報 (8ページ目)

  2005年07月21日の日報 (10ページ目)

西部において多国籍軍及びイ| ラク治安部隊に対する攻撃継続(バグダッドにおける攻撃増|| 加傾向)●新政

  2005年07月22日の日報 (9ページ目)

西部において多国籍軍及びイ| ラク治安部隊に対する攻撃継続(バグダッドにおける攻撃増|加傾向)●新政権発

  2005年07月22日の日報 (13ページ目)

新たな手口(爆発で誘致し、駆けつけた部隊をIEDで攻撃)を使用していると考えられる。このような情報分析は

  2005年07月23日の日報 (2ページ目)

哨ポスト交換その他別紙第2「日英豪共同訓練(IED攻撃対処訓練)」別紙第3「超音波診断教育(宿営地内)」

  2005年07月23日の日報 (8ページ目)

)TURKEYLED&& mmmATY霧 , ,/攻撃発生状況300250AMND(NE)発生件数64件

  2005年07月23日の日報 (9ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続(バグダッドにおける攻撃増|| || 加傾向)

  2005年07月24日の日報 (8ページ目)

  2005年07月24日の日報 (9ページ目)

現在のところ不明としているが、予想される自動車爆弾攻撃のTTP(Tactics,Technique an

  2005年07月24日の日報 (12ページ目)

西部において多国籍軍及びイ| ラク治安部隊に対する攻撃継続(バグダッドにおける攻撃増「全般 | 加傾向)

  2005年07月25日の日報 (8ページ目)

害なし。細部不明ナシリヤサマー民間人に対するRPG攻撃あり。軽傷2名クルナ| リルクルナバスラムサンナ県

  2005年07月25日の日報 (9ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続(バグダッドにおける攻撃増加傾向)| ●新政権

  2005年07月25日の日報 (10ページ目)

考比較的安定→アマラで多国籍軍・イラク治安部隊への攻撃発生 7/21追加ナシリアに即製爆弾脅威情報6/1

  2005年08月03日の日報 (8ページ目)

装置15全国の事業等の発生状況(昨日)TURKEY攻撃発生状況の推移300MND(NE)250SYRIM

  2005年08月03日の日報 (9ページ目)

サドclose 15 )「Rサドル派民兵と即製爆弾攻撃の関連です。設定はお【現地情報】07月17日、アマ

  2005年08月03日の日報 (10ページ目)

部において多国籍軍及びイラク治安部隊|全般に対する攻撃継続(バグダッドにおける攻撃増加傾向)●新政権発足

  2005年08月05日の日報 (9ページ目)

11ルメイサEアマラ多国籍軍に対するロケットによる攻撃あり。被害なしサマーワナシクルナ|リルムサンナ県事

  2005年08月05日の日報 (10ページ目)

●比較的安定→アマラ、バスラでMNF-ISF等への攻撃発生 | 8/12追加全 般 | メイサン県等でI

  2005年08月06日の日報 (9ページ目)

マーワRINナシリヤ多国籍軍に対する即製爆弾による攻撃あり。1名重傷2ルトバスラムサンナ県事案等なし16

  2005年08月06日の日報 (10ページ目)

●比較的安定→アマラ、バスラでMNF・ISF等への攻撃発生 | 8/6追加| ●メイサン県等でIED攻撃

  2005年08月07日の日報 (9ページ目)

ー県事案等なしメイサン県2件多国籍軍に対する手榴弾攻撃あり。負傷者なし。ナジャブN Amphルメイサ:p

  2005年08月07日の日報 (11ページ目)

西部において多国籍軍及びイラ| ク治安部隊に対する攻撃継続(バグダッドにおける攻撃増加傾向)●新政権発足

  2005年08月07日の日報 (12ページ目)

バスラで多国籍軍・イラク治安部隊へ | 87追加の攻撃発生全般 ●メイサン県等で即製爆弾攻撃ネットワーク

  2005年08月08日の日報 (9ページ目)

状況):銃撃等が散発的に行なわれ、迫・RPGによる攻撃も確認された。○小銃、手榴弾等で武装したサドル派民

  2005年08月08日の日報 (11ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続(バグダッドにおける攻撃増加傾向)○新政権発足

  2005年08月08日の日報 (16ページ目)

ャンプ・リバティのPX付近に対するロケット弾による攻撃があった。人員等の被害なし。(細部別送)2 特記事

  2005年08月10日の日報 (9ページ目)

かりでなく、在来型の即製爆弾も依然として脅威O直接攻撃の対象となる場合の他、巻き込まれにも注意が必要9.

  2005年08月10日の日報 (10ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続(バグダッドにおける攻撃増加傾向)●新政権発足

  2005年08月12日の日報 (9ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続(バグダッドにおける攻撃増|| 加傾向)●新政

  2005年08月12日の日報 (10ページ目)

安定→アマラ、バスラで多国籍軍・イラク治安部隊への攻撃 | 8/11追加発生●メイサン県等で即製爆弾攻撃

  2005年08月13日の日報 (10ページ目)

イラク南東部の全微情勢評価 (813)谷、m破への攻撃 | 8/13追加*(8月13日の報告にて一部追加

  2005年08月13日の日報 (9ページ目)

7ミアマラRナシリヤ多国籍軍に対する即製爆弾による攻撃あり。軽傷者1名。ル1クルナ翻バスラムサンナ県事案

  2005年08月14日の日報 (9ページ目)

RE81クルナ」リル多国籍軍に対する即製爆弾による攻撃あり。被害なし。15バスラSムサンナ県事案等なし1

  2005年08月14日の日報 (11ページ目)

守る。Oバドル組織はSCIRL(シーア派政党本部が攻撃されても反撃しない。●バドル組織は法律の範囲内で市

  2005年08月14日の日報 (12ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続(バグダットにおける攻撃増||全 般 | 加傾

  2005年08月14日の日報 (13ページ目)

安定→アマラ、バスラで多国籍軍・イラク治安部隊への攻撃 | 8/14追加発生●メイサン県等で即製爆弾攻撃

  2005年08月17日の日報 (11ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続(バグダッドにおける攻撃増加傾向)|| 」●新

  2005年08月19日の日報 (9ページ目)

RAHルメイサEMアマライラク警察署に対し迫撃砲の攻撃があるも、被害サマーワナシリヤなし|リル1クルナS

  2005年08月19日の日報 (10ページ目)

●比較的安定→アマラ、バスラでMNF・ISF等への攻撃発生 | 8/17追加●メイサン県等でIED攻撃

  2005年08月20日の日報 (9ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続(バグダッドにおける攻撃増加傾向)|| 全 般

  2005年08月21日の日報 (11ページ目)

ているとみられる。●公式の意見としては多国籍軍への攻撃を禁止●秘密の指示としてサドル派民兵は多国籍軍に対

  2005年08月21日の日報 (12ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続(バグダッドにおける攻撃増加傾向)|| ●新政

  2005年08月24日の日報 (9ページ目)

ルメイササマーワナサマーワ多国籍軍に対するロケット攻撃あり。被害なし。NMナシリヤリルER2ルナ脳パスラ

  2005年08月24日の日報 (10ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続(バグダッドにおける攻撃増加傾向)|| ||

  2005年08月26日の日報 (8ページ目)

サマーにお■ナシリヤ多国籍軍に対する即製爆弾による攻撃あり。被害者数名あり。「リル理イクルナSailma

  2005年08月26日の日報 (9ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続|全般●新政権発足後も攻撃件数は依然高い水準を

  2005年08月27日の日報 (9ページ目)

心に、中北・西部においてMNF及びISFに「対する攻撃継続全 般 | ●新政権発足後も攻撃件数は依然高い

  2005年08月27日の日報 (14ページ目)

流入によるVBIED、特に各ゲート・警衛所に対する攻撃や宿営地外柵方向からの直接的な攻撃・侵入等に対して

  2005年08月28日の日報 (10ページ目)

ころ、その結果について確認する。)○同基地に対する攻撃が発生すれば、我の兵站等に重大な影響を及ぼすことか

  2005年08月28日の日報 (11ページ目)

弟であり、バース党と多国籍軍のエージェントが今回の攻撃を実施した」金曜礼拝及びサマーワ市のデモ(8.26

  2005年08月28日の日報 (12ページ目)

評議会党首ハキム氏支持の訴え・ザルカウィ氏は我々を攻撃しなかったが、我々の友人は我々を攻撃した。・武装し

  2005年08月28日の日報 (13ページ目)

中心に、中北・西部においてMNF及びISFに対する攻撃継続全 般 | ●新政権発足後も攻撃件数は依然高い

  2005年08月29日の日報 (10ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続|| | O●新政権発足後も攻撃件数は依然高い

  2005年08月29日の日報 (11ページ目)

追加撃発生8/3追加全| ●メイサン県等で即製爆弾攻撃ネットワークが活動している可能性 8/8追加●キャ

  2005年08月31日の日報 (9ページ目)

ィカー県 |事案等なし多国籍軍に対する手榴弾による攻撃RAアマラ61 あり。ルメイサ帳被害なし。|ウサイ

  2005年08月31日の日報 (10ページ目)

復路においてサドル派・サドル派民兵が多国籍軍に対し攻撃的になる例が過去にあり、指導者の説法(反占領か、サ

  2005年08月31日の日報 (11ページ目)

西部において多国籍軍及びイラク治| 安部隊に対する攻撃継続「全 般 | O新政権発足後も攻撃件数は依然高

  2005年08月31日の日報 (17ページ目)

(バグダッド国際空港)に対する82mm迫撃砲らしき攻撃があった。人員等被害なし。(細部別添)(3) 本日

  2005年09月05日の日報 (9ページ目)

AVの作法..サマーウはな、けシリャ。小火器による攻撃あり。被害なし。細部不明。リルムサンナ県事案等なし

  2005年09月05日の日報 (10ページ目)

EGERSEO対するイ時はOバスラ地区には多国籍軍攻撃の理由を探している分子がいる雰囲気があるとみられ、

  2005年09月05日の日報 (11ページ目)

ナジに対する間接射撃が継続●多国籍軍が駐留する限り攻撃は継続スンニ過激派●バスラ・メイサン県で即製爆弾増

  2005年09月05日の日報 (16ページ目)

サマーワに直接影響を及ぼす脅威情報サマーワ宿誉他の攻撃を企図する人物に関するHU情報を入手して報告した。

  2005年09月07日の日報 (9ページ目)

F民間人(家族間)に対するしサマーワ離手榴弾による攻撃あり。被害なし。;!磁燈問い|::-------|

  2005年09月07日の日報 (10ページ目)

※問題制限の中古一部に【パトカーを使用した即製爆弾攻撃の要領(一例)】(8月22日)イラク警察の制服とバ

  2005年09月07日の日報 (11ページ目)

7追加撃発生全般8/3追加●メイサン県等で即製爆弾攻撃ネットワークが活動している可能性 8/8追加●キャ

  2005年09月07日の日報 (17ページ目)

ことでかなりの厳戒態勢をひいていると思う。当地でも攻撃される可能性が、普段よりも高いと考えられるので注意

  2005年09月12日の日報 (9ページ目)

隊にる即製爆弾によ対する射撃あり。多国籍軍に対する攻撃あり。被害なし。る小火器による死傷者数名。バスラ県

  2005年09月12日の日報 (11ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安機関に対する攻撃継続新政権発足後も攻撃件数は依然高い水準を維持1

  2005年09月15日の日報 (9ページ目)

活動が一際時中断。●威信の回復及び注意を他へそらす攻撃の必要性が増大。・9月14日、バグダッドにおける自

  2005年09月15日の日報 (10ページ目)

・バビル)| 県のシーア派居住地区における小規模な攻撃の連続が予想される。C器開始部族地図開発勝業派間の

  2005年09月15日の日報 (11ページ目)

追加撃発生||813追加|●メイサン県等で即製爆弾攻撃ネットワークが活動している可能性 | 8/8追加キ

  2005年09月16日の日報 (9ページ目)

-網タリルでイラク治安部隊に対する既製4爆弾による攻撃「あり。被害なし。ムサンナ県事案等なし「備考フジミ

  2005年09月16日の日報 (10ページ目)

追加撃発生全般83追加| ●メイサン堀等で即製爆弾攻撃ネットワークが活している可能性」8/8追加●キャン

  2005年09月16日の日報 (15ページ目)

情勢報告(イタリア群ミティカ基地等に対するロケト弾攻撃)を受けて)部隊交代直後に狙われるパターンが多い。

  2005年09月17日の日報 (9ページ目)

・西部において多国籍軍及びイラク治「安機関に対する攻撃継続新政権発足後も攻撃件数は依然高い水準を維持政治

  2005年09月17日の日報 (10ページ目)

7追加撃発生8/3追加全般●メイサン界等で即製爆弾攻撃ネットワークが活動している可能性 8/8追加●キャ

  2005年09月18日の日報 (9ページ目)

ャン |サ熱、多国籍軍ヘリに対し、ロケット弾による攻撃あり。被害ないリルEムサンナ県事案等なし「パスラ県

  2005年09月18日の日報 (10ページ目)

817追加撃発生83追加般●メイサン原等で即製爆弾攻撃ネットワークが活動している可能性・ 8/8追加●キ

  2005年09月18日の日報 (14ページ目)

本日のJ任務は中止したが、JAM(サドル派民兵)が攻撃するとすれば、夜間の可能性が高い。よって、夜間の情

  2005年09月19日の日報 (9ページ目)

・*:.:.EY|:.多国籍軍に対する手榴弾による攻撃ディカ一県「メイサン県事案等なし 問買・ 1件「あ

  2005年09月19日の日報 (10ページ目)

ンバーの釈放を要求し、釈放されない場合、多国籍軍を攻撃する「と脅迫。の脅威が高まっているので、本日(18

  2005年09月19日の日報 (12ページ目)

においては初めて○上記の事象及び雰囲気から、臨機の攻撃(oppotune attack)と考えられる。○

  2005年09月19日の日報 (13ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安機関に対する攻撃継続」| ●新政権発足後も攻撃件数は依然高い水準を

  2005年09月21日の日報 (9ページ目)

マーワRRシリャl.多国籍軍に対する「小火器による攻撃負傷者なし :リルウルナ戦場ムサンナ県 。1600

  2005年09月21日の日報 (10ページ目)

継続する可能性9/20追加●多国籍軍が駐留する限り攻撃は継続スンニ過激派●バスラ・メイサン県で即製爆弾増

  2005年09月26日の日報 (6ページ目)

アマラ。「ERP強退Eイラク警察?に対する。手榴弾攻撃・小火器射撃あり。被害なし。| ムサンナ県ムサンナ

  2005年09月26日の日報 (8ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安機関に対する攻撃が継続全般●新政権発足後も攻撃件数は依然高い水準を

  2005年09月26日の日報 (9ページ目)

7追加撃発生全般8/3追加●メイサン県等で即製爆弾攻撃ネットワークが活動している可能性9/20追加●バス

  2005年09月26日の日報 (18ページ目)

の25%が稼働していない状態である。路肩爆弾による攻撃を避けるために兵員輸送にヘリを使う機会が増えるとと

  2005年09月28日の日報 (9ページ目)

* アシヤブサショル多国籍軍に対するロケットによる攻撃あり。人的被害なし。バスラブ小規模損害。小規模損害

  2005年09月28日の日報 (10ページ目)

治安部隊に関する風評(28日)Oイラク警察は県庁舎攻撃の犯人を捕まえようとしていない。ほとんどの市民はサ

  2005年09月28日の日報 (11ページ目)

撃発生●メイサン県に存在すると考えられていたIED攻撃ネットワークがバス | 927追加ラ県に活動を拡大

  2005年09月30日の日報 (9ページ目)

西部において多国籍軍及びイラク治| 安機関に対する攻撃が継続。| | ●新政権発足後も攻撃件数は依然高い

  2005年09月30日の日報 (15ページ目)

に計画するも、日曜日のに発生する事業(デモ、IED攻撃等)の為に何度も兵期となった。何故産期になるのかと

  2005年10月01日の日報 (9ページ目)

サンナ県事案等なし。BS1MNFに対し小火器による攻撃がバスラ県 あるも被害なし| 1件KUW1600現

  2005年10月01日の日報 (10ページ目)

●比較的安定→アマラ、バスラでMNP・ISF等への攻撃発生 | 8/17追加|●メイサン県に存在すると考

  2005年10月02日の日報 (9ページ目)

アマラドラナシリヤ多国籍軍に対する」即製爆弾による攻撃あり。多国籍軍に死傷者!リルクルナけで、あり。図バ

  2005年10月02日の日報 (10ページ目)

BB82%8980%83765485862に対する攻撃**2, TFTF-ー-err : "/" , ド

  2005年10月02日の日報 (12ページ目)

解決状況に不満を持つはねつかえりが多国籍軍に対する攻撃を行う可能性翌DFのは特異な動向とみられ、ドル派の

  2005年10月02日の日報 (13ページ目)

  2005年10月02日の日報 (14ページ目)

くいったニニニニニートになって中国に<評価>○曲射攻撃(迫・ロケット)及び即製爆弾攻撃はメイサン県で連続

  2005年10月02日の日報 (15ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安機関に対する攻撃が継続全般 ●新政権発足後も攻撃件数は依然高い水準

  2005年10月05日の日報 (10ページ目)

西部において多国籍軍及びイラク治| 安機関に対する攻撃が継続全 般 | ●新政権発足後も攻撃件数は依然高

  2005年10月05日の日報 (11ページ目)

級●メイサン県に存在すると考えられていた即製爆弾攻撃ネットワークが | 9/27追加パスラ県に活動を拡

  2005年10月07日の日報 (8ページ目)

グダッド地域を中心とする中「部一帯及び西部で活発、攻撃対象はMNFが主中南部、南東部での活動は低調0 時

  2005年10月07日の日報 (9ページ目)

カー県| 事案等なし多国籍軍に対する即製爆弾による攻撃あり。被害なしが..- がA|「ナジャン」。アマラ

  2005年10月07日の日報 (10ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安機関に対する攻撃が継続●新政権発足後も攻撃件数は依然高い水準を維持

  2005年10月07日の日報 (11ページ目)

全般●メイサン県に存在すると考えられていた即製爆弾攻撃ネットワーク | 9/27追加がバスラ県に活動を拡

  2005年10月07日の日報 (18ページ目)

達や連絡・報告等)が重要であると感じた。3 昨日が攻撃された事案について、恐らく は 対弾施設があるの*

  2005年10月08日の日報 (9ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安機関に対する攻撃が継続「全般 ●新政権発足後も攻撃件数は依然高い水

  2005年10月08日の日報 (10ページ目)

| ●メイサン県に存在すると考えられていた即製爆弾攻撃ネットワーク | 927追加「がバスラ県に活動を拡

  2005年10月08日の日報 (20ページ目)

llcopter Force) 地域に対する機関銃攻撃に関する警報1632: Force Protect

  2005年10月09日の日報 (9ページ目)

県事案等なしナジャフ多国籍軍基地に対しIDFによる攻撃あり。被害なし。リルクルナムサンナ県事案等なし16

  2005年10月09日の日報 (10ページ目)

籍軍・イラク治安部隊等 | 8/17追加 |{への攻撃発生9/27追加|| 全 般 |●メイサン県に存在

  2005年10月10日の日報 (9ページ目)

クルけ国はリルカルナ車両爆弾による民間人に|対する攻撃あり。死亡・負傷数名まずは「F1ムサンナ県事率等な

  2005年10月10日の日報 (11ページ目)

派民兵のはねっがえりが多国籍軍、イラク警察に対する攻撃を行う可能性は否定できないため、パスラ、ルメイサ等

  2005年10月10日の日報 (12ページ目)

、今後「は「ねっかえり」などによるイラク警察等への攻撃、偶発的な衝突等の可能性もある。-○金曜礼拝中、ケ

  2005年10月10日の日報 (14ページ目)

ストだ。・米国はファルージャにおいてサドル派民兵を攻撃した。09日●参加者:ルメイサ全域のサドル派民兵約

  2005年10月10日の日報 (15ページ目)

心に、中北・西部においてMNF及びISFに対する「攻撃が継続●新政権発足後も攻撃件数は依然高い水準を維持

  2005年10月10日の日報 (16ページ目)

で多国籍軍・イラク治安部隊等 | 8/17追加への攻撃発生19127追加全般 ●メイサン県に存在すると考

  2005年10月10日の日報 (23ページ目)

問があったところ、医務室からは「当該隊員は、IED攻撃を受けた後、コンバットストレスのため、髪が抜ける等

  2005年10月12日の日報 (9ページ目)

西平穏多国籍軍に対する|進路だ... 小火器による攻撃バスラ県川あり。1件 「被害し。による攻撃 |・・

  2005年10月12日の日報 (10ページ目)

西部において多国籍軍及びイラク治| 安部隊に対する攻撃が継続全 般 | ●新政権発足後も攻撃件数は依然高

  2005年10月12日の日報 (11ページ目)

えりが多国籍軍、イラク警察 10/9追加等に対する攻撃を行う可能性は否定できない。部族関連宿営地警備等の

  2005年10月14日の日報 (9ページ目)

弾に民間コンボイ(兵站部隊契約に対し即製爆弾による攻撃あり。1名死亡ムサンナ県事案等なし。・1600現在

  2005年10月14日の日報 (10ページ目)

で多国籍軍・イラク治安部隊等 | 8/17追加への攻撃発生9/27追加全般 ●メイサン県に存在すると考え

  2005年10月15日の日報 (8ページ目)

. …..。割けシリゃに投票所に対し小火器による攻撃あり。被害なしリルクルナバスラ闇スバイルムサンナ県

  2005年10月15日の日報 (9ページ目)

中心に、中北・西部においてMNF及びISFに対する攻撃が継続|全 般|●新政権発足後も攻撃件数は依然高い

  2005年10月15日の日報 (10ページ目)

っかえりがMNF、IP等に対する | 10/9追加攻撃を行う可能性は否定できない。宿営地警備等の雇用の増

  2005年10月16日の日報 (8ページ目)

1ナジャフ)Appres:**投票所に対する小火器攻撃あり被害なし・:*:;系サマーワ意「Asymmen

  2005年10月16日の日報 (10ページ目)

ク陸軍はムサンナ県で女性による自爆テロ及び車両爆弾攻撃を計画しているグループに関する情報をPJOC(県統

  2005年10月16日の日報 (11ページ目)

AEーーーーー【サドル派民兵、狙撃銃による英軍兵士攻撃を命令(サマーワ)】○概 要* 14日、サドル派民

  2005年10月16日の日報 (12ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃が継続●新政権発足後も攻撃件数は依然高い水準を維持

  2005年10月16日の日報 (13ページ目)

が多国籍軍、イラク警察 | 10/9追加等に対する攻撃を行う可能性は否定できない。部族関連宿営地警備等の

  2005年10月19日の日報 (9ページ目)

県事率等なし多国籍軍に対する感アマラTS、(小火器攻撃あり。被害なし。!!!ド|ii11|||||ナシリ

  2005年10月19日の日報 (10ページ目)

している者がおり多国籍師団(南東部)地域内における攻撃実施の企図及び能力は低下していないとみられる。OE

  2005年10月19日の日報 (11ページ目)

ICA450L網i-立製爆弾が最近の傾高○即製爆弾攻撃において、運転者を狙う攻撃要領が新たに採用されたも

  2005年10月19日の日報 (12ページ目)

において多国籍軍及びイラク治. | 安部隊に対する攻撃が継続| ●新政権発足後も攻撃件数は依然高い水準を

  2005年10月19日の日報 (13ページ目)

りが多国籍軍、イラク警察 |10/9追加等に対する攻撃を行う可能性は否定できない。部族関連宿営地警備等の

  2005年10月21日の日報 (6ページ目)

..ディカー県事業等なし |他国籍軍基地に対する攻撃あり。被害なし。:ナジャフ「.||PHT ・ルメイ

  2005年10月21日の日報 (7ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃が継続|| 全●新政権発足後も攻撃件数は依然高い水

  2005年10月21日の日報 (8ページ目)

が多国籍軍、イラク警察 | 10/9追加等に対する攻撃を行う可能性は否定できない。宿営地警備等の雇用の増

  2005年10月22日の日報 (9ページ目)

・西部において多国籍軍及びイラク治「安部隊に対する攻撃が継続●新政権発足後も攻撃件数は依然高い水準を維持

  2005年10月22日の日報 (10ページ目)

ラで多国籍軍・イラク治安部隊 | 8/17追加への攻撃発生1927追加全般 ●メイサン県に存在すると考え

  2005年10月23日の日報 (10ページ目)

り、裁判に伴う緊張は、裁判終了まで高いであろう。○攻撃が広範囲に拡大する兆候は少ないが、本裁判に関連した

  2005年10月23日の日報 (11ページ目)

為を止めないなら、自ら爆弾ベルトを身につけて陸自を攻撃する。・ビラ配布ガラウィ師●(21日、共同)・「友

  2005年10月23日の日報 (12ページ目)

が厳しく対処しないから、テロリストが国民に「自由に攻撃、殺人等を行う。●憲法の中にとても悪い箇所がある。

  2005年10月23日の日報 (13ページ目)

。○ガラウイ師の「自ら爆弾ベルトを身につけて陸自を攻撃する」との発言については、どこまで「本気であるか不

  2005年10月23日の日報 (14ページ目)

、他方、地域の環境を反多国籍軍にするため、非公式に攻撃を奨励するという二重の方針を依然として追求している

  2005年10月23日の日報 (15ページ目)

で多国籍軍・イラク治安部隊等 | 8/17追加への攻撃発生9/27追加全般 ●メイサン県に存在すると考え

  2005年10月26日の日報 (9ページ目)

.ナジャフ..*W式.多国籍軍部隊に対する即製爆弾攻撃あり。被害あり。(民間車両)バスラthris*AM

  2005年10月26日の日報 (10ページ目)

の期間(注:10月20日~24日)における即製爆弾攻撃は1件のみであり、減少傾向。IO 爆発物は高度なも

  2005年10月26日の日報 (11ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃が継続| ●新政権発足後も攻撃件数は依然高い水準を

  2005年10月26日の日報 (15ページ目)

てもらいたい。ーMSRタンパ上でイタリア軍がIED攻撃を受けているので十分注意せよ。ー今日のご近所PJは

  2005年10月28日の日報 (9ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃が継続m | ●新政権発足後も攻撃件数は依然高い水

  2005年10月28日の日報 (10ページ目)

で多国籍軍・イラク治安部隊等 | 8/17追加への攻撃発生9/27追加全般 ●メイサン県に存在すると考え

  2005年10月29日の日報 (10ページ目)

中心に、中北・西部においてMNF及びISFに対する攻撃が継続報|●新政権発足後も攻撃件数は依然高い水準を

  2005年10月30日の日報 (11ページ目)

拠点とみられるナフラワン地区に向かった際、待ち伏せ攻撃を受けたという。民兵23名と警官2名の計25名が死

  2005年10月30日の日報 (10ページ目)

罪、密輸、脅迫、恐喝、容疑者殺害、敵対民兵に対する攻撃のほか多賀籍軍に対する即製爆弾攻撃にまで関与。○シ

  2005年10月30日の日報 (12ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃が継続 .| g |●新政権発足後も攻撃件数は依然

  2005年10月30日の日報 (13ページ目)

で多国籍軍・イラク治安部隊等 8/17追加| への攻撃発生927追加全般 ●メイサン県に存在すると考えら

  2005年11月02日の日報 (10ページ目)

メイサン2件イラク治安部隊*.1に対する印製「爆弾攻撃あり。被害なし。* * **・.・* -.ディカー

  2005年11月02日の日報 (11ページ目)

で多国籍軍・イラク治安部隊等 | 817追加|への攻撃発生9/27追加全 般 | ●メイサン県に存在する

  2005年11月03日の日報 (9ページ目)

サマーヴR&たに関し多国籍軍基地に。リル対する間接攻撃あり。市内で爆発事案車両に被害あり。 ムサンナ県「

  2005年11月03日の日報 (11ページ目)

ment 5た。Atereugeす。12日:RPG攻撃でもどF.,Beatsunancerarい関ナシリ

  2005年11月03日の日報 (12ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃が継続全 報|●新政権発足後も攻撃件数は依然高い水

  2005年11月03日の日報 (13ページ目)

で多国籍軍・イラク治安部隊等 | 8/17追加への攻撃発生9/27追加・般 |●メイサン県に存在すると考

  2005年11月03日の日報 (21ページ目)

知りたがる日本人の隣に座っているばかりに、常に質問攻撃に晒されていた。しかし、人柄がよく、いつも気持ちよ

  2005年11月04日の日報 (10ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃が継続●新政権発足後も攻撃件数は依然高い水準を維持

  2005年11月05日の日報 (9ページ目)

RAN :アマラ多国籍軍基地に対し、ロケットによる攻撃あり。被害なし。 .・・・ナジャフF:::::ルメ

  2005年11月05日の日報 (10ページ目)

・西部において多国籍軍及びイラク治、安部隊に対する攻撃が継続・「全般●新政権発足後も攻撃件数は依然高い水

  2005年11月06日の日報 (15ページ目)

心に、中北・西部においてMNF及びISFに対する」攻撃が継続u | ●新政権発足後も攻撃件数は依然高い水

  2005年11月08日の日報 (11ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃が継続●新政権発足後も攻撃件数は依然高い水準を維持

  2005年11月08日の日報 (12ページ目)

で多国籍軍・イラク治安部隊等 | 8/17追加への攻撃発生9/27追加|| 全 般 |●メイサン県に存在

  2005年11月08日の日報 (20ページ目)

hreal Level2 特記事項 ・昨晩のIDF攻撃及びTFムサンナの対応等に関して情報収集した。細部

  2005年11月09日の日報 (9ページ目)

!ディカー県事案等なしイラク警察に対する|即製鋼弾攻撃あり。| 死亡×2ナジャフ |s-んだ。小火器によ

  2005年11月09日の日報 (10ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃が継続||全・w | ●新政権発足後も攻撃件数は依

  2005年11月09日の日報 (11ページ目)

スラで多国籍軍・イラク治安部隊 | 817追加への攻撃発生9127追加全般 ●メイサン県に存在すると考え

  2005年11月09日の日報 (16ページ目)

に進むように配慮せよ。ー(一昨晩(7日夜)のIDF攻撃に関して)メディアを介して多くの情報が飛び交ってい

  2005年11月09日の日報 (17ページ目)

上から、バグダッド市内を観ていたときのこと、イラク攻撃時、多国籍軍が知撃したビルがそのま革残されているの

  2005年11月10日の日報 (10ページ目)

、最近、パッシブ赤外線・「爆発成形飛しょう弾による攻撃が発生していない最大の要因になっていると考えられる

  2005年11月10日の日報 (11ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃が継続||全般|●新政権発足後も攻撃件数は依然高い

  2005年11月10日の日報 (12ページ目)

派●サドル派民兵のはねっかえりが宿営地に対する曲射攻撃な「11/8追加どの反多国籍軍行動をとる可能性部族

  2005年11月10日の日報 (20ページ目)

特記事項なし。本日の業務(1) 情報要求対応等DF攻撃関連、サマーワ市内及び近郊の治安情報の収集、英軍L

  2005年11月10日の日報 (22ページ目)

ED)使用大吉《增加10月末1週間、全士569件の攻撃中40%がEDSEDの技術が最近センサーを使う等と

  2005年11月11日の日報 (9ページ目)

…。.・Nルメイサ熱A目操不明の娘 |・・弾による攻撃あり。負傷者1名。:*・Jれ、サマーワIREBS:

  2005年11月11日の日報 (10ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃が継続●新政権発足後も攻撃件数は依然高い水準を維持

  2005年11月11日の日報 (11ページ目)

派●サドル派民兵のはねっかえりが宿営地に対する曲射攻撃な|11/8追加どの反多国籍軍行動をとる可能性宿営

  2005年11月11日の日報 (18ページ目)

転移。3 本日の業務(1) 情報要求対応等「IDF攻撃関連、サマーワ市内及び近郊の治安情報の収集、英軍ヘ

  2005年11月12日の日報 (9ページ目)

国籍軍への.. . .:| 手榴弾によるメイサン界攻撃があり、2件22名軽傷AmwtN「RAW, *ディ

  2005年11月12日の日報 (10ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃が継続●新政権発足後も攻撃件数は依然高い水準を維持

  2005年11月12日の日報 (11ページ目)

派●サドル派民兵のはねっかえりが宿営地に対する曲射攻撃な|1118追加どの反多国籍軍行動をとる可能性宿営

  2005年11月12日の日報 (16ページ目)

してもらう予定である。ーアマラで昼間に発生した曲射攻撃に関して、よく分析せよ。リルでは9月頃、昼間に曲射

  2005年11月13日の日報 (9ページ目)

なしーーーー+・・・・多国籍軍基地に対するロケット攻撃あり。被害し。ナシリーサマー切RES細をバス「ズハ

  2005年11月13日の日報 (12ページ目)

て、ドル派民兵による2度目のイスラミフィケーション攻撃が行われ、手榴弾が売春宿とみられる住宅に総「投げ込

  2005年11月13日の日報 (13ページ目)

ラで多国籍軍・イラク治安部隊等 | BM7追加への攻撃発生9/27追加●メイサン県に存在すると考えられて

  2005年11月14日の日報 (10ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃が継続全般|●新政権発足後も攻撃件数は依然高い水準

  2005年11月14日の日報 (11ページ目)

派●サドル派民兵のはねっかえりが宿営地に対する曲射攻撃な「11/8追加どの反多国籍軍行動をとる可能性部族

  2005年12月01日の日報 (9ページ目)

1件「多国籍軍パトロール| に対する知製塩弾による攻撃あり。負傷者あり。ディカー界1 事案等なし。「ナジ

  2005年12月01日の日報 (10ページ目)

西部において多国籍軍及びイラク治安部隊| に対する攻撃が継続全扱新政権発足後も攻撃件数は依然高い水準を維

  2005年12月01日の日報 (11ページ目)

で多国籍軍・イラク治安部隊等 (617追加| への攻撃発生9/27追加|| 全 般 - | ●メイサン県

  2005年12月02日の日報 (9ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃が継続全、 最 ●新政権発足後も攻撃件数は依然高い

  2005年12月02日の日報 (10ページ目)

ラで多国籍軍・イラク治安部隊等 | 817追加への攻撃発生9/27追加|| 全般 ●メイサン県に存在する

  2005年12月03日の日報 (9ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃が継続| ●新政権発足後も攻撃件数は依然高い水準を

  2005年12月03日の日報 (10ページ目)

ラで多国籍軍・イラク治安部隊等 | 817追加への攻撃発生19/27追加|| 全般●メイサン県に存在する

  2005年12月04日の日報 (10ページ目)

多国籍軍の推進派の差でも楽に資産※定医園は多国軍を攻撃するとの情報もあることから、確率額業の始荷ががちら

  2005年12月04日の日報 (11ページ目)

月は増加し以前のレベル→南東部・ムサンナ界において攻撃件数が増加(特にメイサン県:11件→26件)。国民

  2005年12月04日の日報 (12ページ目)

サマーワ宿営地・キャンプ・スミッティに対する曲射攻撃・ 8日・。「マ 西 35km・ 部族間抗争アソー

  2005年12月04日の日報 (13ページ目)

延する可能性あり)○11月の治安上の焦点●即製爆弾攻撃・→バスラ等の状況、サドル派の動向、脅威情報等●曲

  2005年12月04日の日報 (14ページ目)

ラク治安部隊に対する攻葬が継続全般●新政権発足後も攻撃件数は依然高い水準を維持●政治プロセスに関連し、テ

  2005年12月04日の日報 (15ページ目)

性●サドル派民兵のはねっかえりが宿営地に対する曲射攻撃な | 118追加サドル派どの反多国籍軍行動をとる

  2005年12月05日の日報 (9ページ目)

フ抗議行動あり。車両損傷。多国籍軍基地に対し小火器攻撃あり。パスラ盤被害し。スペイルムサンナ県1件9.バ

  2005年12月05日の日報 (10ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃が継続全般 [●新政権発足後も攻撃件数は依然高い水

  2005年12月05日の日報 (11ページ目)

で多国籍軍・イラク治安部隊等 | 8/17追加への攻撃発生9127追加全 般 |●メイサン界に存在すると

  2005年12月07日の日報 (9ページ目)

EEEEEE【選挙期間中、サドル派民兵の計画された攻撃なし)●サドル派事務所は、サドル派の選挙のチャンス

  2005年12月07日の日報 (10ページ目)

兵の一部は指導部の要求に従わない可能性がある。その攻撃要領については |徒歩パトロール等のソフトターゲッ

  2005年12月07日の日報 (11ページ目)

で多国籍軍・イラク治安部隊等 | 817追加|への攻撃発生9/27追加全般 |●メイサン県に存在すると考

  2005年12月08日の日報 (10ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生する

  2005年12月08日の日報 (11ページ目)

で多国籍軍・イラク治安部隊等 | 8/17追加への攻撃発生9/27追加| 全 般 | ●メイサン県に存在

  2005年12月08日の日報 (18ページ目)

及びルメイサ市内等の治安情報の収集、昨晩のロケット攻撃率来、サマーワにおげる燃料不足問題、警察官雇用の採

  2005年12月09日の日報 (9ページ目)

アマプラ多国籍軍基地に対するRPG及び小火器による攻撃があるも被害なし」EXバイル多国籍軍基地にムサンナ

  2005年12月09日の日報 (10ページ目)

●比較的安定→アマラ、バスラでMNF・ISF等への攻撃発生 | 8/17追加●メイサン県に存在すると考え

  2005年12月10日の日報 (9ページ目)

西部において多園精算及びイラク治安部隊全般に対する攻撃継続●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生する

  2005年12月10日の日報 (10ページ目)

能性、●ドル派民兵のねっかえりが宿営地に対する曲射攻撃などの反多 | 11/8追加サドル派国籍軍行動をと

  2005年12月10日の日報 (17ページ目)

上で公表。での悩は続くと確信。緊落原因:親の地対空攻撃を受け右翼端が、損売・書眼O『ブッシュ大統傾演説「

  2005年12月11日の日報 (11ページ目)

は実行犯は不明である。○サマーワ宿営地に対する曲射攻撃(11月7日)以降、戦術支援部隊チェックポイント×

  2005年12月11日の日報 (14ページ目)

月毎に描画している。○英・豪の国旗を描画しないのは攻撃の口実を与えないため。8月11日の状況12月9日の

  2005年12月11日の日報 (15ページ目)

ールに対する小火器射撃及び多国籍軍基地に対する曲射攻撃の可能性がある。●バレード・ジャムホーリモスクから

  2005年12月11日の日報 (16ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続 .政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生す

  2005年12月11日の日報 (17ページ目)

可能性●ドル派民兵のねっかえりが宿営地に対する曲射攻撃などの反多 | 11/8追加サドル派|国籍軍行動を

  2005年12月12日の日報 (9ページ目)

種の主張は、実際にサドル派民兵が多国籍軍に対し曲射攻撃を実施した際の偽装にも使用され「自己の関与を否定し

  2005年12月12日の日報 (10ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生する

  2005年12月12日の日報 (11ページ目)

能性●サドル派民兵のねっかえりが宿営地に対する曲射攻撃などの反多 |11/8追加サドル派国籍軍行動をとる

  2005年12月13日の日報 (9ページ目)

・発見した事項なし。05年7月4日のサマーワ宿営地攻撃に「使用されたと見られる波状の板

  2005年12月13日の日報 (10ページ目)

能性があり、巧みに発射の時期・場所を変えている。●攻撃は臨時検問所が夜間の配備を完了する直前に行なわれた

  2005年12月13日の日報 (11ページ目)

JAMはねっかえりによるとみられる多国籍軍に対する攻撃・サマーウ宿営地・に対する曲射攻撃(11月7日)兵

  2005年12月13日の日報 (12ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続般●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生す

  2005年12月13日の日報 (13ページ目)

で多国籍軍・イラク治安部隊等 | 8/17追加への攻撃発生9/27追加全般 ●メイサン県に存在すると考え

  2005年12月14日の日報 (10ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生する

  2005年12月14日の日報 (11ページ目)

ラで多国籍軍・イラク治安部隊等 | 817追加への攻撃発生9/27追加11 全般 ●メイサン県に存在する

  2005年12月15日の日報 (9ページ目)

。被害なし。た 、多国籍軍基地に他するロケッによる攻撃あり。被害なし。サマーREDナシリャタリルA 多国

  2005年12月15日の日報 (12ページ目)

で多国籍軍・イラク治安部隊等 | 8/17追加への攻撃発生9/27追加||| 全 般 ●メイサン県に存在

  2005年12月15日の日報 (16ページ目)

後に、Zの米国大使館の近傍にIDF(高接照準火器)攻撃が発生し、数名が負傷するという事案が発生した。その

  2005年12月16日の日報 (9ページ目)

AOLA「ナジャンプ政治家に対するRPG・重機関銃攻撃あり。RPG・重機関銃攻撃あり、被害不明。.被害不

  2005年12月16日の日報 (10ページ目)

で多国籍軍・イラク治安部隊等 | 8/17追加への攻撃発生9/27追加●メイサン県に存在すると考えられて

  2005年12月17日の日報 (10ページ目)

全般●メイサン県に存在すると考えられていた即製爆弾攻撃ネット | 920追加ワークがバスラ県に活動を拡大

  2005年12月18日の日報 (10ページ目)

本隊及び日本隊に協力するイラク人に対し強い否定的・攻撃的な意図を持っている可能性がある。また、同師は「市

  2005年12月18日の日報 (11ページ目)

民等の風評)○市 民●サドル派民兵が日本隊の車両を攻撃してから、日本隊がルメイサに来なくなった。●日本隊

  2005年12月18日の日報 (12ページ目)

・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊|に対する攻撃継続「全般| ●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等

  2005年12月18日の日報 (13ページ目)

能性●サドル派民兵のねっかえりが宿営地に対する曲射攻撃などの反多 | 12/13一部サドル派 国籍軍行動

  2005年12月19日の日報 (7ページ目)

に認めていない他のシーア派若しくは多国籍軍に対して攻撃を行われた場合、元メンバーによる攻撃であるとしてサ

  2005年12月19日の日報 (8ページ目)

で多国籍軍・イラク治安部隊等 | 817追加|への攻撃発生9/27追加|●メイサン県に存在すると考えられ

  2005年12月20日の日報 (9ページ目)

...?」ルナNイラク陸軍に対する即製爆弾に|よる攻撃あり。車両軽損。「..「ムサンナ県事案なし1500

  2005年12月20日の日報 (10ページ目)

・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊、に対する攻撃継続●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生する

  2005年12月20日の日報 (11ページ目)

で多国籍軍・イラク治安部隊等 | 8/17追加への攻撃発生9/27追加●メイサン県に存在すると考えられて

  2005年12月21日の日報 (9ページ目)

案なしメイサン県2件主多国籍軍基地に対するロケット攻撃ナジャフ*ALE。彼きなし。リナシリヤ--ーワER

  2005年12月21日の日報 (10ページ目)

前にいる。01510頃、英軍司令官がムサンナTVで攻撃してきたのはサドル派民兵(JAM)であり、我々は応

  2005年12月21日の日報 (11ページ目)

で多国籍軍・イラク治安部隊等 | 8/17追加への攻撃発生9/27追加全般 ●メイサン県に存在すると考え

  2005年12月21日の日報 (16ページ目)

マーウ市内サドル派事務所前で英軍車両に対する手榴弾攻撃が行われたことに関して)引き続き、サドル派の動きを

  2005年12月21日の日報 (19ページ目)

安情報の収集(デモ情報)、英軍パトロールへの手榴弾攻撃、TFMの投石被害関連、日本人ジャーナリストの行動

  2005年12月22日の日報 (8ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生する

  2005年12月22日の日報 (9ページ目)

で多国籍軍・イラク治安部隊等 | 8/17追加への攻撃発生9/27追加「全般 ●メイサン県に存在すると考

  2005年12月22日の日報 (16ページ目)

安情報の収集(デモ情報)、英軍パトロールへの手榴弾攻撃、県評議会ミーティングに関して参加)、明日以降のT

  2005年12月23日の日報 (8ページ目)

グダッド地域を中心とする中「部一帯及び西部で活発、攻撃対象はMNFが主中南部、南東部での活動は低調」0

  2005年12月23日の日報 (9ページ目)

.22日夜、事案なし車列に小火器に| RANよる攻撃あり。, 53*:・...車両に軽微な損傷(タリル

  2005年12月23日の日報 (10ページ目)

で多国籍軍・イラク治安部隊 | 8/17追加}への攻撃発生9/27追加般 ●メイサン県に存在すると考えら

  2005年12月24日の日報 (9ページ目)

23日昼パトロールの多国籍軍に対し、即製爆弾による攻撃あり。被害なし。(バスラ市街)調リルクルナ超お当ス

  2005年12月24日の日報 (10ページ目)

●比較的安定→アマラ、バスラでMNF・ISF等への攻撃発生 | 8/17追加●メイサン県に存在すると考え

  2005年12月25日の日報 (9ページ目)

○英・豪軍の状況●多国籍軍がザルガニ師に対し手榴弾攻撃を仕掛けたという噂を否定するため、英・豪軍指揮官は

  2005年12月25日の日報 (10ページ目)

  2005年12月25日の日報 (11ページ目)

  2005年12月25日の日報 (13ページ目)

じる。もし、英軍がマフデイ・モスクに近づいて来たら攻撃する。●選挙結果について、スンニ派等がクレームをつ

  2005年12月25日の日報 (14ページ目)

昭際第6部#HEGの会次礼拝は、英薬に対する手榴弾攻撃事案後初の金曜礼拝であったところ、サドル派はいずれ

  2005年12月25日の日報 (15ページ目)

で多国籍軍・イラク治安部隊等 | 8/17追加への攻撃発生9/27追加全般 ●メイサン県に存在すると考え

  2005年12月25日の日報 (20ページ目)

迎える初めての年末年始である。特に未だテロや、自爆攻撃等が継続する状況下において、「米軍等キリスト教徒が

  2005年12月26日の日報 (9ページ目)

renada)の使用がある。●この手榴弾を使用した攻撃は、民間人又は多国籍軍に対する警告として使用される

  2005年12月26日の日報 (10ページ目)

装属風:::''.::.:. : 1・:・:「英軍攻撃に使用された手榴弾について)、の多国籍軍部隊指揮官

  2005年12月26日の日報 (11ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続●政治プロセスに関速し、テロ、衝突等が発生する

  2005年12月26日の日報 (12ページ目)

性●サドル派民兵のはねっかえりが宿営地に対する曲射攻撃などの反12/13一部多国籍軍行動をとる可能性(1

  2005年12月26日の日報 (17ページ目)

0910,キャンプ・ビクトリーに対するロケット弾攻撃があった。人員の被害なし。(細部別紙参照:英文のみ

  2005年12月27日の日報 (9ページ目)

事務所指導部からサドル派民兵に対し、多国籍軍へ「の攻撃の弱動をやめるよう圧力がかけられ、サドル派メンバー

  2005年12月27日の日報 (10ページ目)

  2005年12月27日の日報 (11ページ目)

西部において多国籍軍及びイラク治安部隊| に対する攻撃継続●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生する

  2005年12月27日の日報 (12ページ目)

性●サドル派民兵のはねっかえりが宿営地に対する曲射攻撃などの反| 12/13一部多国籍軍行動をとる可能性

  2005年12月28日の日報 (9ページ目)

いて多国籍軍及と同等定及びイラク治安部隊」に対する攻撃機続●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生する

  2005年12月28日の日報 (10ページ目)

ラで多国籍軍・イラク治安部隊等 | 817追加への攻撃発生、9127追加全般 | ●メイサン県に存在する

  2005年12月29日の日報 (9ページ目)

ック ・話弱者認沢中央や部族長等から多国籍なのか軍攻撃を抑えるように圧力がかけ軍攻撃を抑えるように圧力が

  2005年12月29日の日報 (10ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続「全般 ●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が

  2005年12月29日の日報 (11ページ目)

性●サドル派民兵のはねっかえりが宿営地に対する曲射攻撃などの反12/13一部追加多国籍軍行動をとる可能性

  2005年12月30日の日報 (9ページ目)

事案後が分に派民兵の【サマーワのサドル派民兵、臨機攻撃の可能性】○概 要●サマーワのサドル派民兵指導部は

  2005年12月30日の日報 (10ページ目)

よれば、サドル師はザルガニ師に対し、多国籍軍基地を攻撃するなとだけ指示している模様。0分 析●ザルガニ師

  2005年12月30日の日報 (11ページ目)

で多国籍軍・イラク治安部隊等 | 8/17追加への攻撃発生9/27追加全般 ●メイサン県に存在すると考え

  2005年12月31日の日報 (10ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続全般●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生

  2005年12月31日の日報 (11ページ目)

多国籍軍・イラク治安部隊等 | 8/17追加|への攻撃発生9/27追加全 般 |●メイサン県に存在すると

  2006年01月01日の日報 (9ページ目)

後、事業なし 多国籍軍に対する認に迫・小火器による攻撃あり。被害なし。ナジャフ*;:;: ..ますナシリ

  2006年01月01日の日報 (10ページ目)

ら出て行く事を望む。●英軍は、何故サドル派事務所を攻撃したのか。英軍は真実を話すべきである。●サドル派民

  2006年01月01日の日報 (11ページ目)

北・西部において多国籍寧及びイラク治安部隊に対する攻撃継続| ●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生

  2006年01月01日の日報 (12ページ目)

性●サドル派民兵のはねっかえりが宿営地に対する曲射攻撃などの反12/13一部多国籍軍行動をとる可能性(1

  2006年01月02日の日報 (8ページ目)

設隣国」民間人(電力会社「検査官)に対する即製爆弾攻撃あり。クルナが被害なし。調リルRESE"ARバイル

  2006年01月02日の日報 (9ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続般 | ●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が

  2006年01月02日の日報 (10ページ目)

性●サドル派民兵のはねっかえりが宿営地に対する曲射攻撃などの反12/13一部多国籍軍行動をとる可能性(1

  2006年01月03日の日報 (11ページ目)

  2006年01月03日の日報 (12ページ目)

定器得る第理 薬効容等や消)価)○全土では選挙前に攻撃件数が増加し、その後も高い水準を維持しているが、南

  2006年01月03日の日報 (13ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生する

  2006年01月03日の日報 (14ページ目)

性●サドル沢民兵のはねっかえりが宿営地に対する曲射攻撃などの反12/13一部・多国籍軍行動をとる可能性(

  2006年01月04日の日報 (8ページ目)

ー設だけどLumpリル多国籍軍基地に対するロケット攻撃あり。「被害なし。:ムサンナ県事案なし1500現在

  2006年01月04日の日報 (10ページ目)

は簡月【評価】●11月に比し、全般に増加。即製爆弾攻撃等、小火器射撃、警告射撃等は、引き続きバスラ市街周

  2006年01月04日の日報 (11ページ目)

ラで多国籍軍・イラク治安部隊等 | 817追加への攻撃発生9/27追加全般 ●メイサン県に存在すると考え

  2006年01月05日の日報 (6ページ目)

S装園ムサンナ県多国籍軍パトロールに対する即製爆弾攻撃あり。 ・民間人負傷者あ多国籍軍基地、に対する間接

  2006年01月05日の日報 (7ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃巻●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生する可

  2006年01月05日の日報 (8ページ目)

ラで多国籍軍・イラク治安部隊等 | 817追加への攻撃発生927追加全 般 |●メイサン界に存在すると考

  2006年01月06日の日報 (8ページ目)

回::i:Fen多国籍軍に対する爆風型手榴弾による攻撃あり。被害なし。:・-|多国籍軍に対する小火器によ

  2006年01月06日の日報 (9ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続全 般|●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が

  2006年01月06日の日報 (10ページ目)

せる可能性●JAMはねっかえりが宿営地に対する曲射攻撃などの反MNF行動を | 12/13修正とる可能性

  2006年01月07日の日報 (9ページ目)

ヤドクルナ: rem多国籍軍基地「Dに対するIDF攻撃あり。被害なし。プスハイルムサンナ県事案等なし15

  2006年01月07日の日報 (10ページ目)

で多国籍軍・イラク治安部隊等 | 8/17追加への攻撃発生9/27追加般 |●メイサン県に存在すると考え

  2006年01月08日の日報 (9ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生する

  2006年01月08日の日報 (10ページ目)

で多国籍軍・イラク治安部隊等 | 8/17追加への攻撃発生9/27追加|| 般 ●メイサン県に存在すると

  2006年01月09日の日報 (12ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生する

  2006年01月09日の日報 (13ページ目)

せる可能性●JAMはねっかえりが宿営地に対する曲射攻撃などの反MNF行動を | 12/13修正とる可能性

  2006年01月10日の日報 (7ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続」●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生す

  2006年01月10日の日報 (8ページ目)

754)直後)、サマーワ宿営サドル派地に対する曲射攻撃が発生)●サマーワ市街において昼間に英軍巡察に対す

  2006年01月11日の日報 (9ページ目)

「いるようである。○サドル派民兵過激分子による漫乱攻撃は続くと考えられるが、師団管内のサドル派民兵の「大

  2006年01月11日の日報 (10ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生する

  2006年01月11日の日報 (11ページ目)

で多国籍軍・イラク治安部隊等 | 8/17追加への攻撃発生9/27追加●メイサン県に存在すると考えられて

  2006年01月12日の日報 (9ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続般 ●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生

  2006年01月12日の日報 (10ページ目)

で多国籍軍・イラク治安部隊等 | 8/17追加への攻撃発生9/27追加●メイサン県に存在すると考えられて

  2006年01月13日の日報 (10ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生する

  2006年01月13日の日報 (11ページ目)

能性●サドル派民兵のねっかえりが宿営地に対する曲射攻撃などの反多計する地最改製などの反多 | 12/13

  2006年01月14日の日報 (9ページ目)

。引アマラナジャフ|-..多国籍軍に対する即製爆弾攻撃車両1両が軽い損傷・.軽い損傷車両1両が編ズバイル

  2006年01月14日の日報 (10ページ目)

定→アマラ、バスラで多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃発生 | 8/17追加●メイサン県に存在すると考え

  2006年01月15日の日報 (9ページ目)

ディカー県事実等なし:..*多国籍軍に対する手榴弾攻撃あり。被害なし。” 」多国籍軍に対するロケット攻撃

  2006年01月15日の日報 (11ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続全 般|●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が

  2006年01月15日の日報 (12ページ目)

可能性●サマーワ市街において昼間に英軍巡察に対する攻撃発生12/21追加(11月21日:小火器射撃、12

  2006年01月16日の日報 (9ページ目)

サマーフ筋西平穏留学多国籍軍に対する即製爆弾による攻撃あり。負傷者あり。にM調サフル Bバスラ県1件..

  2006年01月16日の日報 (10ページ目)

付近での徒歩パトロールに対し、小銃射撃。○犯人は、攻撃、警戒、ドライバーの3人組。射撃後、青いオペルで逃

  2006年01月16日の日報 (11ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生する

  2006年01月17日の日報 (9ページ目)

・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊|に対する攻撃継続●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生する

  2006年01月17日の日報 (10ページ目)

定→アマラ、バスラで多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃発生 | 817追加●メイサン県に存在すると考えら

  2006年01月18日の日報 (9ページ目)

ラム軍」を名乗るグループは17日、サマーワで陸自を攻撃「したとの声明をウェブサイトで公表。陸自部隊は声明

  2006年01月18日の日報 (10ページ目)

  2006年01月18日の日報 (11ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生する

  2006年01月18日の日報 (12ページ目)

性)●サドル派民兵はねっかえりが宿営地に対する曲射攻撃などの反多国籍軍行動 | 1/14修正は攻撃などの

  2006年01月18日の日報 (13ページ目)

ープがウェブサイト上で「サマワで活動中の陸自車両を攻撃、隊員4人を殺害した」と公表した事案について)この

  2006年01月19日の日報 (9ページ目)

り。被害なし。ラ・:-民間人に対する即製爆弾による攻撃あり。被害し。クルナバ2月1ムサンナ県事案等なし|

  2006年01月19日の日報 (10ページ目)

→アマラ, バスラで多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃発生 | /17追加●メイサン界に存在すると考えら

  2006年01月20日の日報 (9ページ目)

対する爆風メイサン県 II 型手榴弾による| 2件攻撃あり。被害なし。RAGデカー県等なしに対する小火器

  2006年01月20日の日報 (10ページ目)

定→アマラ、バスラで多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃発生 | BIH7追加●メイサン界に存在すると考え

  2006年01月21日の日報 (9ページ目)

・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊|に対する攻撃継続政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生する可

  2006年01月21日の日報 (10ページ目)

定→アマラ、バスラで多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃発生 | | 817追加全●メイサン県に存在すると

  2006年01月21日の日報 (16ページ目)

・「全くノーチェックで彼らと共存するのは、やは自殺攻撃」の恐怖感がつきまとう。「イラク人」と言うだけで、

  2006年01月22日の日報 (10ページ目)

られる。だだ間即時業ンク書察による小次器射察窓BG攻撃が発生でお部総額に調深なツ語発態で動能性もありを要

  2006年01月22日の日報 (11ページ目)

設定。英軍がそれを守らなかったために事件が発生。●攻撃を受けた時、英軍は単独パトロールを実施中だった。以

  2006年01月22日の日報 (12ページ目)

事案は、サドル派民兵多国籍軍の反応を確認するために攻撃したもの。彼らはPJoc(県統合作戦センター)を敵

  2006年01月22日の日報 (13ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続| ●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生

  2006年01月22日の日報 (14ページ目)

性)●サドル派民兵はねっかえりが宿営地に対する曲射攻撃などの瓦多国籍軍行動 | TV14DEをとる可能性

  2006年01月23日の日報 (10ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続全般 ●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発

  2006年01月23日の日報 (11ページ目)

定→アマラ、パスラで多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃発生 | 8/17追加●メイサン県に存在すると考え

  2006年01月24日の日報 (9ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生する

  2006年01月24日の日報 (10ページ目)

定→アマラ、バスラで多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃発生 | 817追加●メイサン県に存在すると考えら

  2006年01月25日の日報 (9ページ目)

サンナ県事案等なし |小学校において即製爆弾による攻撃あり。児童等死傷者あり。なに。1件MENTE器図:

  2006年07月16日の日報 (5ページ目)

タリル空港までの経路上、後送コンボイに対するIED攻撃の可能性があり、業者に警戒を促す必要がある。N/C

  2006年01月25日の日報 (11ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生する

  2006年01月25日の日報 (12ページ目)

定→アマラ、パスラで多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃発生 BM7追加●メイサン県に存在すると考えられて

  2006年01月25日の日報 (22ページ目)

ベニア・アタック申し送り等からお土産(スーベニア)攻撃が効果的であると聞いていたので、さっそくNETダウ

  2006年01月26日の日報 (10ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続| ●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生

  2006年01月26日の日報 (11ページ目)

性)●サドル派民兵はねっかえりが宿営地に対する曲射攻撃などの反多国籍軍行動 | 114修正をとる可能性●

  2006年01月27日の日報 (9ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続| ●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生

  2006年01月27日の日報 (10ページ目)

で多国籍軍・イラク治安部隊等 | 8/17追加への攻撃発生9127追加般 |●メイサン県に存在すると考え

  2006年01月28日の日報 (9ページ目)

事案等なしバスラ県1件民間人に対し、即席爆弾による攻撃あり。子供1人死亡、子供2人負傷。 ・認市内印習イ

  2006年01月28日の日報 (10ページ目)

→アマラ, バスラで多国寿軍・イラク治安部隊等への攻撃発生 || 8H7追加全般●メイサン県に存在すると

  2006年01月29日の日報 (10ページ目)

)○説法内容:●英軍によるサマーワサドル事務所への攻撃に対して怒りを感じる。同様の攻撃がバスラとアマラで

  2006年01月29日の日報 (11ページ目)

ラについての説法、支援者への感謝 ・●スンニ派への攻撃的発言×陸王習踏ら)【ムルタダモスク(ヒドル、サド

  2006年01月29日の日報 (12ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生する

  2006年01月29日の日報 (13ページ目)

ル探●サドル派民兵はわっかえりが宿営地に対する曲射攻撃などの反多国籍軍行動 | 1/14%正「をとる可能

  2006年01月29日の日報 (18ページ目)

明になりました。」と言い、その他にも任務中の部下が攻撃を受け、意識不明の重体です。」「私の16ヶ月になる

  2006年01月31日の日報 (9ページ目)

Gイラク警察署に対するディカー県 | 自爆車両爆弾攻撃あり。2件 死傷者あり。多国籍軍に対する小火器射撃

  2006年01月31日の日報 (10ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続|全 般 | ●政治プロセスに関連し、テロ、衝

  2006年01月31日の日報 (11ページ目)

性)●サドル派民兵はねっかえりが宿営地に対する曲射攻撃などの反多国籍軍行動を1/14修正とる可能性●英軍

  2006年02月01日の日報 (9ページ目)

ヤサマーワganCM15A多国籍軍に対する即製爆弾攻撃あり。死傷者あり。クルナ船しタリルAMS同書内バス

  2006年02月01日の日報 (10ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続全般 ●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発

  2006年02月01日の日報 (11ページ目)

性)●サドル派民兵はねつかえりが宿営地に対する曲射攻撃などの反多国籍軍行動を| 1/14修正とる可能性●

  2006年02月02日の日報 (9ページ目)

メイサ#R7ナシリヤ多国籍軍基地に対するロケット弾攻撃有り。被害なしサマーワNiiyaクルリル「YAHO

  2006年02月02日の日報 (10ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続| ●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生

  2006年02月02日の日報 (11ページ目)

性)●サドル派民兵はねっかえりが宿営地に対する曲射攻撃などの反多国籍軍行動を| 1/14修正とる可能性●

  2006年02月03日の日報 (9ページ目)

クルナリルハスラムサンナ県事案等なし警察署に対する攻撃あり。警官1人死亡警官1人負傷0700現在サマーワ

  2006年02月04日の日報 (9ページ目)

ダッド中心に北・西部においてMNF・ISFに対する攻撃継続●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生する

  2006年02月04日の日報 (10ページ目)

●比較的安定→アマラ、バスラでMNF-ISF等への攻撃発生 | | 8/17追加| ●メイサン県に存在す

  2006年02月05日の日報 (9ページ目)

県1件「NUAT参ALIDARA5話。イラク全土の攻撃件数の推移(1月) |2004年2005年年一月|

  2006年02月05日の日報 (10ページ目)

  2006年02月05日の日報 (12ページ目)

れた。O多国籍軍への批判も一部なされているが、特に攻撃的なものではなかった。しかし、上記のデンマーク批判

  2006年02月05日の日報 (13ページ目)

●比較的安定→アマラ、バスラでMNF-ISF等への攻撃発生 | 8/17追加●メイサン県に存在すると考え

  2006年02月06日の日報 (10ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続般 | ●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が

  2006年02月06日の日報 (11ページ目)

性)●サドル派民兵はねっかえりが宿営地に対する曲射攻撃などの反多国籍軍行動を1/14修正とる可能性●英軍

  2006年02月07日の日報 (9ページ目)

軍に対 間接射撃による「メイサン県する間接射撃し 攻撃あり。1件あり。目標不明。被害なし。 被害なし。多

  2006年02月07日の日報 (10ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生する

  2006年02月07日の日報 (11ページ目)

性)●サドル派民兵はねっかえりが宿営地に対する曲射攻撃などの反多国籍軍行動を | 1/14等止とる可能性

  2006年02月08日の日報 (9ページ目)

ARABIAバスラ県1件イラク警察に対する即製爆弾攻撃あり。負傷者あり。KIWATたW中からキがおさらば

  2006年02月08日の日報 (10ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続全般| ●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が

  2006年02月08日の日報 (11ページ目)

定→アマラ、バスラで多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃発生 | 8/17追加●メイサン県に存在すると考え

  2006年02月09日の日報 (9ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続全般●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生

  2006年02月09日の日報 (10ページ目)

定→アマラ、バスラで多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃発生●メイサン県に存在すると考えられていた即製爆弾

  2006年02月10日の日報 (9ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続全 般 | ●政治プロセスに関連し、テロ、衝突

  2006年02月10日の日報 (10ページ目)

定→アマラ、バスラで多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃発生●メイサン県に存在すると考えられていた即製爆弾

  2006年02月11日の日報 (9ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続| ●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生

  2006年02月11日の日報 (10ページ目)

定→アマラ、バスラで多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃発生 8/17追加●メイサン県に存在すると考えられ

  2006年02月12日の日報 (9ページ目)

治安部隊 多国籍軍に対に対する小火器員する間接照準攻撃あり。 闘射撃。被害なし。被害なし。Z マフナジャ

  2006年02月12日の日報 (13ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続般 | ●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が

  2006年02月12日の日報 (14ページ目)

性)●サドル派民兵はねっかえりが宿営地に対する曲射攻撃などの反多国籍軍行動を | 1/14修正とる可能性

  2006年02月13日の日報 (10ページ目)

西部において多国籍軍及びイラク治安部隊| に対する攻撃継続戦 | | O政治プロセスに関連し、テロ、衝突

  2006年02月13日の日報 (11ページ目)

般 ●メイサン県に存在すると考えられていた即製爆弾攻撃ネットワーク | 9/20追加がバスラ県に活動を拡

  2006年02月14日の日報 (10ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続| 全 般 | ●政治プロセスに関連し、テロ、

  2006年02月14日の日報 (11ページ目)

ル派●サドル派民兵はねっかえりが宿営地に対する曲射攻撃などの反多国1/14修正籍軍行動をとる可能性●英軍

  2006年02月15日の日報 (9ページ目)

基地にIRAQ対する間接射撃ディカー県(?)による攻撃| 2件 あり(音のみ)。被害なし。ルメイサルメイ

  2006年02月15日の日報 (10ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生する

  2006年02月15日の日報 (11ページ目)

| ●メイサン県に存在すると考えられていた即製爆弾攻撃ネットワーク」 9/20追加がバスラ県に活動を拡大

  2006年02月16日の日報 (10ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続般 | ●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が

  2006年02月16日の日報 (11ページ目)

性)●サドル派民兵はねっかえりが宿営地に対する曲射攻撃などの反多国1/14修正籍軍行動をとる可能性●英軍

  2006年02月17日の日報 (9ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続般 | 政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発

  2006年02月17日の日報 (10ページ目)

般 のメイサン県に存在すると考えられていた即製爆弾攻撃ネットワーク | 9/20追加がバスラ県に活動を拡

  2006年02月18日の日報 (9ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生する

  2006年02月18日の日報 (10ページ目)

般 ●メイサン県に存在すると考えられていた即製爆弾攻撃ネットワーク | 9/20追加がバスラ県に活動を拡

  2006年02月19日の日報 (9ページ目)

ンマドの絵入りシャツを着ていたことに対する非難し、攻撃すると発言(※実際は、カルデロリ伊制度改革相が風刺

  2006年02月19日の日報 (10ページ目)

ンマドの絵入りシャツを着ていたことに対する非難し、攻撃すると発言●イラク新政府を早く確立せよ。【ファータ

  2006年02月19日の日報 (12ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続般 | 政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発

  2006年02月19日の日報 (13ページ目)

ル派●サドル派民兵はねっかえりが宿営地に対する曲射攻撃などの反多国 | I/14修正籍軍行動をとる可能性

  2006年02月20日の日報 (9ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生する

  2006年02月20日の日報 (10ページ目)

| ●メイサン県に存在すると考えられていた即製爆弾攻撃ネットワーク | 9/20追加がバスラ県に活動を拡

  2006年02月21日の日報 (10ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続全般 ●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発

  2006年02月21日の日報 (11ページ目)

ル派●サドル派民兵はねっかえりが宿営地に対する曲射攻撃などの反多国籍軍行動をとる可能性●英軍、サドル派民

  2006年02月21日の日報 (16ページ目)

時に班長にイタリア軍のワッペンを手渡す。プレゼント攻撃に班長の機嫌は上々だ。めでたしめでたし。追記。イタ

  2006年02月21日の日報 (18ページ目)

第である。2 バスラ ABに対する、先日のロケット攻撃事案の調査結果が出た。既にサマワには報告済みである

  2006年02月24日の日報 (9ページ目)

人に対闘アマラに対する間接する小火器ナジャフ 射撃攻撃あり。目 射撃あり。被害なし。 被害なし。ルメイサ

  2006年02月24日の日報 (10ページ目)

較的安定だが、アマラ、バスラでMNF・ISF等への攻撃発生 8/17追加●メイサン県に存在すると考えられ

  2006年02月24日の日報 (15ページ目)

別紙第2参照)(2)昨晩、迫撃砲又はロケットによる攻撃が発生したが、バグダッド連絡班は全員対弾コンテナに

  2006年02月24日の日報 (20ページ目)

安情勢(特にキャンプサマーワ・スミッティへのIDF攻撃等)、デモの状況、英豪軍の情勢判断等(2) 各種業

  2006年02月24日の日報 (21ページ目)

ート人イスラム教シーア派、イラク・ゴールデンモスク攻撃を非難するデモ(記事の概要)クエート在住のシーア派

  2006年02月25日の日報 (9ページ目)

ダッド中心に北・西部においてMNF・ISFに対する攻撃継続全般●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生

  2006年02月25日の日報 (10ページ目)

較的安定だが、アマラ、バスラでMNF・ISF等への攻撃発生 8/17追加●メイサン県に存在すると考えられ

  2006年02月26日の日報 (9ページ目)

のだ。「O我々は同じイスラム教徒であり、スンニ派を攻撃するな。●弔意を示すためにバグダッドに行くことは、

  2006年02月26日の日報 (10ページ目)

は、ある会だけが関係している。●スンニ派のモスクを攻撃するな。●テロを防ぐために治安機関の増強が必要だ。

  2006年02月26日の日報 (11ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生する

  2006年02月26日の日報 (12ページ目)

注意が必要スンニ過激派 | 多国籍軍が駐留する限り攻撃は継続国際テロリスト|●バスラ・メイサン県で即製爆

  2006年02月27日の日報 (9ページ目)

ーアよっモス7改等0術囲の民間人に対する爆発による攻撃あり。民間人2軽傷。gau Days canKUW

  2006年02月27日の日報 (10ページ目)

めろ。日本隊との友好関係を忘れろ。・我々が占領軍を攻撃したとしても、我々の道徳的な行為であり、我々をテロ

  2006年02月27日の日報 (11ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続全般●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生

  2006年02月27日の日報 (12ページ目)

ル派●サドル派民兵はねっかえりが宿営地に対する曲射攻撃などの反多| 1/14修正国籍軍行動をとる可能性●

  2006年02月28日の日報 (9ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続全般●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生

  2006年02月28日の日報 (10ページ目)

で多国籍軍・イラク治安部隊等への | 8/17追加攻撃発生9/27追加●メイサン県に存在すると考えられて

  2006年02月28日の日報 (18ページ目)

。2 2月22日(水) バスラ基地に対するロケット攻撃の分析結果についてが、MND(SE)管内でIED等

  2006年03月02日の日報 (9ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生する

  2006年03月02日の日報 (10ページ目)

で多国籍軍・イラク治安部隊等への | 8/17追加攻撃発生9/27追加●メイサン県に存在すると考えられて

  2006年03月03日の日報 (9ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生する

  2006年03月03日の日報 (10ページ目)

化する可能性スンニ過激派 ●多国籍軍が駐留する限り攻撃は継続国際テロリスト |●バスラ・メイサン県で即製

  2006年03月04日の日報 (9ページ目)

ンナ県3件事案等なし多国籍軍に対する即製爆弾による攻撃あ多国籍軍に対するRPGによる射撃あり。被害なし。

  2006年03月04日の日報 (10ページ目)

化する可能性スンニ過激派 ●多国籍軍が駐留する限り攻撃は継続国際テロリスト●パスラ・メイサン県で即製爆弾

  2006年03月05日の日報 (9ページ目)

ムサンナ県事案等なし多国籍軍に対する即製爆弾による攻撃あり。被害なし。SAUDLARABA*すめといた。

  2006年03月05日の日報 (10ページ目)

よ。●シーア派とスンニ派の融和●多国籍軍がモスクを攻撃●サダム・フセインはすぐに処刑されるべきだ。◆サド

  2006年03月05日の日報 (13ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生する

  2006年03月05日の日報 (14ページ目)

ル派●サドル派民兵はねっかえりが宿営地に対する曲射攻撃などの反多|1/14修正国籍軍行動をとる可能性●英

  2006年03月05日の日報 (21ページ目)

楽しむことができた。ただし、バーベキュー中も迫撃砲攻撃に注意して退避位置を確認しながら楽しんだのは言うま

  2006年03月06日の日報 (9ページ目)

帰隊途中の多国籍軍車両梯隊×3、4×2)が即製爆弾攻撃を受け、 兵士2名が死亡、1名が軽傷を負ったもの。

  2006年03月06日の日報 (12ページ目)

事案-6 |Dく評 > 価G の車両梯隊が即製爆弾攻撃を受けた場所は、見通しが良く、かつ著名な目印のある

  2006年03月06日の日報 (13ページ目)

化する可能性スンニ過激派 ●多国籍軍が駐留する限り攻撃は継続国際テロリスト●バスラ・メイサン県で即製爆弾

  2006年03月08日の日報 (8ページ目)

バグダッド地域を中心とする中部一帯及び西部で活発、攻撃対象はMNEが主、中南部、南東部での活動は低調0

  2006年03月08日の日報 (10ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生する

  2006年03月08日の日報 (11ページ目)

修正●サドル派民兵はねっかえりが宿営地に対する曲射攻撃などの反多国籍軍行動をとる可能性1/23追加●英軍

  2006年03月08日の日報 (19ページ目)

インターナショナル・ゾーンに対する迫撃砲・ミサイル攻撃を防ぐため24時間監視している。ここキャンプ・ヴィ

  2006年03月09日の日報 (9ページ目)

ナ」リルバスラ県2件バスラ民間人に対する手りゅう弾攻撃あり。被害なし。ムサンナ県1件石油会社事務所に対す

  2006年03月09日の日報 (10ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生する

  2006年03月09日の日報 (11ページ目)

性)●サドル派民兵はねっかえりが宿営地に対する曲射攻撃などの反多| 1/14修正国籍軍行動をとる可能性●

  2006年03月09日の日報 (16ページ目)

ヘリが飛ばなくなった。近傍でのIED及びSAF複合攻撃による影響でフライトできたのが2300になってしま

  2006年03月09日の日報 (18ページ目)

、新たに電灯をつけるらしい。2月だけで5回のIDF攻撃を受けており、目標を特定されないようにするためには

  2006年03月11日の日報 (9ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生する

  2006年03月11日の日報 (10ページ目)

スラで多国籍軍・イラク治安部隊等へ 8/17追加の攻撃発生9/27追加●メイサン県に存在すると考えられて

  2006年03月12日の日報 (11ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生する

  2006年03月12日の日報 (12ページ目)

ル派●サドル派民兵はねっかえりが宿営地に対する曲射攻撃などの反多1/14修正国籍軍行動をとる可能性●英軍

  2006年03月13日の日報 (12ページ目)

にかかわる齟齬があった場合、日本隊も含めて、非難・攻撃の対象となるおそれがあり、注意する必要がある。

  2006年03月13日の日報 (13ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生する

  2006年03月13日の日報 (14ページ目)

能性)サドル派民兵はねっかえりが宿営地に対する曲射攻撃などの反MNF |サドル派up | 1/14修正行

  2006年03月14日の日報 (9ページ目)

対 多国籍軍に対するする即製爆弾」 車両による危険攻撃あり。行為あり。被害なし。被害なし。SAUDARA

  2006年03月14日の日報 (15ページ目)

ットとハードタッチテロリスト等反多国籍軍勢力からの攻撃を受けないため、如何に「自分たちが精鋭部隊であるか

  2006年03月14日の日報 (10ページ目)

バスラで多国籍軍・イラク治安部隊等へ8/17追加の攻撃発生9/27追加●メイサン県に存在すると考えられて

  2006年03月14日の日報 (17ページ目)

、今年に入ってからのバスラ基地に対するロケット等の攻撃に関する分析レポートが発簡された。それによると、2

  2006年03月15日の日報 (11ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生する可

  2006年03月15日の日報 (12ページ目)

派 ●サドル派民兵はねっかえりが宿営地に対する曲射攻撃などの反MNFMNF | 1/14修正行動をとる可

  2006年03月15日の日報 (18ページ目)

もなかったようにしている。(バグダッド空港に対する攻撃情報にも載っていなかった。)出発ロビーで5人の空港

  2006年03月16日の日報 (9ページ目)

ドムサンナ県3件事案等なし多国籍軍に対する即製爆弾攻撃あり。負傷者あり。多国籍軍に対する投石あり。負傷者

  2006年03月16日の日報 (10ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加m | 政治プロセスに関連し、テロ

  2006年03月16日の日報 (11ページ目)

性)●サドル派民兵はねっかえりが宿営地に対する曲射攻撃などの反MNF | 1714時以サドル派などの反M

  2006年03月17日の日報 (9ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加●政治プロセスに関連し、テロ、衝突

  2006年03月17日の日報 (10ページ目)

スラで多国籍軍・イラク治安部隊等へ 8/17追加の攻撃発生9/27追加●メイサン県に存在すると考えられて

  2006年03月18日の日報 (9ページ目)

ダッド中心に北・西部においてMNF・ISFに対する攻撃継続○政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生する

  2006年03月18日の日報 (10ページ目)

較的安定だが、アマラ、バスラでMNF-ISF等への攻撃発生 8/17追加●メイサン県に存在すると考えられ

  2006年03月18日の日報 (15ページ目)

、■に「こちらに移動するため離陸した途端、RPGの攻撃を受けました。これを避けるためにヘリが相当揺れまし

  2006年03月19日の日報 (9ページ目)

警告射撃あり。負傷者あり。多国籍軍に対する即製爆弾攻撃あり。被害なし。KUWAぼた* SAUDIARAS

  2006年03月19日の日報 (11ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加●政治プロセスに関連し、テロ、衝突

  2006年03月19日の日報 (12ページ目)

性)●サドル派民兵はねっかえりが宿営地に対する曲射攻撃などの反多国籍軍行動を | Vとる可能性●多国籍軍

  2006年03月20日の日報 (9ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加●政治プロセスに関連し、テロ、衝突

  2006年03月20日の日報 (10ページ目)

が、アマラ、バスラで多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃発生。 8/17追加●メイサン県に存在すると考えら

  2006年03月21日の日報 (9ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加| O政治プロセスに関連し、テロ、

  2006年03月21日の日報 (10ページ目)

追加●メイサン県に存在すると考えられていた即製爆弾攻撃ネットワークがバ9/20追加全般 スラ県に活動を拡

  2006年03月22日の日報 (10ページ目)

追加●メイサン県に存在すると考えられていた即製爆弾攻撃ネットワークがバ」 9/20追加全般 スラ県に活動

  2006年03月23日の日報 (9ページ目)

追加●メイサン県に存在すると考えられていた即製爆弾攻撃ネットワークがバ 9/20追加| スラ県に活動を拡

  2006年03月24日の日報 (9ページ目)

マランルメイサイサス多国籍軍に対する即製爆弾による攻撃あり。タリル兵士1名重傷、クルナクル)兵士1名軽傷

  2006年03月24日の日報 (10ページ目)

追加●メイサン県に存在すると考えられていた即製爆弾攻撃ネットワークがバ|9/20追加全般 | スラ県に活

  2006年03月24日の日報 (17ページ目)

安情勢(特にキャンプサマーウ・スミッティへのIDF攻撃関連)に関して重点的に情報収集中・| (1) 情報

  2006年03月25日の日報 (10ページ目)

加「●メイサン界に存在すると考えられていた即製爆弾攻撃ネットワークがバ|g/20追加全般スラ県に活動を拡

  2006年03月25日の日報 (11ページ目)

ル派●サドル派民兵はねっかえりが宿営地に対する曲射攻撃などの反多国籍軍 1/14修正行動をとる可能性」●

  2006年03月30日の日報 (17ページ目)

キャンプサマーウ及びキャンプスミッティへのIDF攻撃事案に関して重点的に情報収集を実施(2) 群長とシ

  2006年03月25日の日報 (19ページ目)

安情勢(特にキャンプサマーウ・スミッティへのIDF攻撃関連)に関して重点的に情報収集中。3 本日の業務(

  2006年03月26日の日報 (9ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続| 8/26追加●政治プロセスに関連し、テロ、

  2006年03月26日の日報 (10ページ目)

追加●メイサン県に存在すると考えられていた即製爆弾攻撃ネットワークが 9/20追加全・ | *バスラ県に

  2006年03月26日の日報 (17ページ目)

安情勢(特にキャンプサマーワ・スミッティへのIDF攻撃)に関して重点的に情報収集中(1) 情報要求対応等

  2006年03月27日の日報 (5ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加●政治プロセスに関連し、テロ、衝突

  2006年03月27日の日報 (6ページ目)

で多国籍軍・イラク治安部隊等への | 8/17追加攻撃発生9/27追加・●メイサン県に存在すると考えられ

  2006年03月28日の日報 (9ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加●政治プロセスに関連し、テロ、衝突

  2006年03月28日の日報 (10ページ目)

追加●メイサン県に存在すると考えられていた即製爆弾攻撃ネットワークが。 9/20追加全般 バスラ県に活動

  2006年03月29日の日報 (8ページ目)

ィカー県多国籍軍に対SN 事案等なし。する即製爆弾攻撃あり。負傷者なし。」サマーラの本にはシリア多国籍軍

  2006年03月29日の日報 (9ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加●政治プロセスに関連し、テロ、衝突

  2006年03月29日の日報 (10ページ目)

性)●サドル派民兵はねっかえりが宿営地に対する曲射攻撃などの反多国籍軍 | 1/14修正サドル派 行動を

  2006年03月29日の日報 (17ページ目)

日まで3日連続(3月25、26、27日)でロケット攻撃を受けている。(バスラLO一同)

  2006年03月30日の日報 (10ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加の政治プロセスに関連し、テロ、衝突

  2006年03月30日の日報 (11ページ目)

性)●サドル派民兵はねっかえりが宿営地に対する曲射攻撃などの反多国籍軍 | 1/14修正サドル派 行動を

  2006年04月02日の日報 (11ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加●政治プロセスに関連し、テロ、衝突

  2006年04月02日の日報 (12ページ目)

追加●メイサン県に存在すると考えられていた即製爆弾攻撃ネットワークがバ | 9/20追加全般 スラ県に活

  2006年04月02日の日報 (21ページ目)

にキャンプサマーワ及びキャンプスミッティへのIDF攻撃関連情報)、デモ関連情報、英豪軍の情勢判断等(2)

  2006年04月03日の日報 (9ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加●政治プロセスに関連し、テロ、衝突

  2006年04月03日の日報 (10ページ目)

能性)●バグダッドサドルシティーのムスタファモスク攻撃に対する非難の高まり 4/1追加サドル派 |●サド

  2006年04月03日の日報 (17ページ目)

にキャンプサマーワ及びキャンプスミッティへのIDF攻撃関連情報)、デモ関連情報、英豪軍の情勢判断等(2)

  2006年04月04日の日報 (9ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加●政治プロセスに関連し、テロ、衝突

  2006年04月04日の日報 (10ページ目)

が、アマラ、バスラで多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃発 - 8/17追加9/27追加●メイサン県に存在

  2006年04月04日の日報 (19ページ目)

にキャンプサマーワ及びキャンプスミッティへのIDF攻撃関連情報)、デモ関連情報、英森軍の情勢判断等(2)

  2006年04月05日の日報 (9ページ目)

ティ及びキャンプサマワに対する間接射撃後、連続する攻撃を抑制する意味も込めて、サマーワ市内でパトロール訓

  2006年04月05日の日報 (10ページ目)

30mmロケット弾をラジコンカーに積載した即製爆弾攻撃が起きている。

  2006年04月05日の日報 (11ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加●政治プロセスに関連し、テロ、衝突

  2006年04月05日の日報 (12ページ目)

能性)●バグダッドサドルシティーのムスタファモスク攻撃に対する非難の高まり 4/1追加サドル派 ●サドル

  2006年04月05日の日報 (19ページ目)

時、警報が鳴り現実に引き戻された。ロケット弾1発、攻撃9回、20発目。警報が解除され、報告を終えて宿舎に

  2006年04月05日の日報 (20ページ目)

にキャンプサマーワ及びキャンプスミッティへのIDF攻撃関連情報)、デモ関連情報、ルメイサにおけるRPG発

  2006年04月06日の日報 (9ページ目)

BAoii☆SETUPイラク治安部隊に対するRPG攻撃あり。被害なし。Masaori36-ムサンナ県1件

  2006年04月06日の日報 (10ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加○政治プロセスに関連し、テロ、衝突

  2006年04月06日の日報 (11ページ目)

が、アマラ、バスラで多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃発 | 8/17追加9/27追加Dメイサン県に存在

  2006年04月06日の日報 (17ページ目)

約15分後にあっさりと警報が解除された。このところ攻撃回数は増えているが、弾着位置は、当初のころに比べ遠

  2006年04月07日の日報 (15ページ目)

求対応等サマーワ市内の治安情勢(特にIDF・RPG攻撃関連情報)、デモ関連情報、英豪軍の情勢判断等(2)

  2006年04月08日の日報 (18ページ目)

可能性●バグダッドサドルシティーのムスタファモスク攻撃に対する非難の高まり|4/1追加トレンド ●宗教行

  2006年04月08日の日報 (19ページ目)

が、アマラ、バスラで多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃発 | 8/17追加生9/27追加●メイサン県に存

  2006年04月08日の日報 (20ページ目)

能性)●バグダッドサドルシティーのムスタファモスク攻撃に対する非難の高まり 4/1追加サドル派 サドル派

  2006年04月08日の日報 (33ページ目)

ャットアルアラブホテル(Dに対しロケット×4による攻撃があったと掲示された。攻撃時間は、0526であり私

  2006年04月08日の日報 (34ページ目)

特記事項サマーワ市内の治安情勢(特にIDF・RPG攻撃)に関して重点的に情報収集中(1)3 本日の業務情

  2006年04月09日の日報 (20ページ目)

(4.9)-2|【評価】○ バサラ・モスクに対する攻撃は、スンニ派及びシーア派間の対立を煽る目的で実施さ

  2006年04月09日の日報 (25ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加●政治プロセスに関連し、テロ、衝突

  2006年04月09日の日報 (26ページ目)

が、アマラ、バスラで多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃発 | 8/17追加9/27追加●メイサン県に存在

  2006年04月09日の日報 (27ページ目)

能性)●バグダッドサドルシティーのムスタファモスク攻撃に対する非難の高まり 4/1追加サドル派 ●サドル

  2006年04月09日の日報 (42ページ目)

求対応等サマーワ市内の治安情勢(特にIDF・RPG攻撃関連情報)、デモ関連情報、英豪軍の情勢判断等(2)

  2006年04月10日の日報 (9ページ目)

なし。メイサン県事案等なし多国籍軍に対する即製爆弾攻撃あり。負傷者あり。ナジャフナシリヤSamsushO

  2006年04月10日の日報 (10ページ目)

が、アマラ、バスラで多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃発 8/17追加9/27追加●メイサン県に存在する

  2006年04月11日の日報 (9ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生する

  2006年04月11日の日報 (10ページ目)

が、アマラ、バスラで多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃発 | 8/17追加9/27追加●メイサン県に存在

  2006年04月12日の日報 (9ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加●政治プロセスに関連し、テロ、衝突

  2006年04月12日の日報 (10ページ目)

が、アマラ、バスラで多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃発 8/17追加9/27追加●メイサン県に存在する

  2006年04月13日の日報 (9ページ目)

RAQ対する小火射撃あり。器射撃/手被害なし。榴弾攻撃あり。被害なし。『R-7メイサン県ナシリヤ 2件多

  2006年04月13日の日報 (10ページ目)

が、アマラ、バスラで多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃 | 8/17追加発生●メイサン県に存在すると考え

  2006年04月14日の日報 (9ページ目)

日0700)AKAQアマラ多国籍軍に対する簡易爆弾攻撃あり。負傷者あり。「ナジャフ ドAl Amaran

  2006年04月14日の日報 (10ページ目)

が、アマラ、バスラで多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃 | 8/17追加発生●メイサン県に存在すると考え

  2006年04月14日の日報 (16ページ目)

の状況バスラ日誌 (4月14日)1 一昨日のIDF攻撃に使用されたロケット弾の残骸が司令部J3の部屋に運

  2006年04月15日の日報 (9ページ目)

0700)00)]ディカー県民間人に対する簡易爆弾攻撃あり。負傷者なし。アマラ1件IRANメイサン県事案

  2006年04月15日の日報 (10ページ目)

を助ける意思がない証拠だ。●米国は、イラクをイラン攻撃の前進基地に使おうとしている。◆4月15日1700

  2006年04月15日の日報 (12ページ目)

座をめぐる動き等とリンクした場合、多国籍軍や日本隊攻撃の理由にされる可能性があり、注意を要する。イラク全

  2006年04月15日の日報 (13ページ目)

が、アマラ、バスラで多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃 | 8/17追加発生●メイサン県に存在すると考え

  2006年04月16日の日報 (9ページ目)

ルメイサ,RO) R-7,多国籍軍に対する簡易爆弾攻撃あり。負傷者あり。stureナシリヤAN Smiw

  2006年04月16日の日報 (10ページ目)

を助ける意思がない証拠だ。●米国は、イラクをイラン攻撃の前進基地に使おうとしている。◆4月15日1700

  2006年04月16日の日報 (11ページ目)

座をめぐる動き等とリンクした場合、多国籍軍や日本隊攻撃の理由にされる可能性があり、注意を要する。

  2006年04月16日の日報 (12ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加●政治プロセスに関連し、テロ、衝突

  2006年04月16日の日報 (13ページ目)

加リサマラでのモスク爆破以降のシーア派モスク等への攻撃の責任を多国 | 4113修正籍軍に転嫁する動きが

  2006年04月17日の日報 (10ページ目)

兵の一部がPJOC周辺に有効な監視網を構成し、適宜攻撃機会を捕捉して射撃している可能性がある。本未明は、

  2006年04月17日の日報 (11ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加●政治プロセスに関連し、テロ、衝突

  2006年04月17日の日報 (12ページ目)

加●サマラでのモスク爆破以降のシーア派モスク等への攻撃の責任を多国 4/13修正籍軍に転嫁する動きが継続

  2006年04月17日の日報 (17ページ目)

シュ(バグダッド市内と国際空港を結ぶ道路)でIED攻撃があり、ものすごい爆発音が日本隊コンテナからも聞く

  2006年04月17日の日報 (18ページ目)

特に多くなってきているが、ここパスラでもロケット弾攻撃を受け、そのような環境にいることを強く意識せずとも

  2006年04月18日の日報 (9ページ目)

おり、これは、ハラブジャ(HALABJ(A)でガス攻撃を受けたことに起因している。【関連情報】Oハラブジ

  2006年04月18日の日報 (10ページ目)

るとともに、シーア | 4/13修正派モスク等への攻撃の責任を多国籍軍に転嫁する動きが継続●当面は現在の

  2006年04月18日の日報 (11ページ目)

加●サマラでのモスク爆破以降のシーア派モスク等への攻撃の責任を多国4/13修正籍軍に転嫁する動きが継続ス

  2006年04月19日の日報 (9ページ目)

た模様(細部時期不明)このロケット弾は、リル基地の攻撃を目標としたものであり、搬入後24~48時間以内に

  2006年04月19日の日報 (10ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加8/8追加●政治プロセスに関連し、

  2006年04月19日の日報 (11ページ目)

)(4月13日一部修正)区 分内備 考2部隊等への攻撃 | 8/17追加●比較的安定だが、アマラ、バスラ

  2006年04月20日の日報 (9ページ目)

あり。負傷者なし。イラク治安部隊に対する自動車爆弾攻撃あり。負傷者あり。SAUDIARASIA**1.*

  2006年04月20日の日報 (10ページ目)

が、アマラ、バスラで多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃 | 8/17追加発生●メイサン県に存在すると考え

  2006年04月21日の日報 (9ページ目)

火器射撃あり。負傷者あり。多国籍軍に対する簡易爆弾攻撃あり。被害なし。サマーワGABAL CONDBEC

  2006年04月21日の日報 (10ページ目)

追加●メイサン県に存在すると考えられていた即製爆弾攻撃ネットワークがバ9/20追加全 般 スラ県に活動を

  2006年04月22日の日報 (9ページ目)

多国籍軍に多国籍軍に対するロケット| 対する簡易弾攻撃あり。 | AT 爆弾攻撃あり。被害なし。被害なし

  2006年04月22日の日報 (12ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生する

  2006年04月22日の日報 (13ページ目)

追加●メイサン県に存在すると考えられていた即製爆弾攻撃ネットワークがバ|9/20追加全般) スラ県に活動

  2006年04月23日の日報 (9ページ目)

1件IRAQディカー県1件多国籍軍に対する簡易爆弾攻撃あり。被害あり。ナジャフAl Amarahi多国籍

  2006年04月23日の日報 (13ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加●政治プロセスに関連し、テロ、衝突

  2006年04月23日の日報 (14ページ目)

加●サマラでのモスク爆破以降のシーア派モスク等への攻撃の責任をイラ 4/13修正ク治安部隊に転嫁する動き

  2006年04月24日の日報 (9ページ目)

インメイサン県1件(2)多国籍軍に対する即製当爆弾攻撃あり。被害なし。ナジャブ「A Aharaルメイサ)

  2006年04月24日の日報 (10ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加●政治プロセスに関連し、テロ、衝突

  2006年04月24日の日報 (11ページ目)

7追加メイサン県に存在すると考えられていた即製爆弾攻撃ネットワークがバ 9/20追加スラ県に活動を拡大し

  2006年04月25日の日報 (9ページ目)

RAQディカー県事案等なし多国籍軍に対する簡易爆弾攻撃及び小火器射撃あり。被害なし。|アマラナジャフA

  2006年04月25日の日報 (10ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加●政治プロセスに関連し、テロ、衝突

  2006年04月25日の日報 (11ページ目)

追加●メイサン県に存在すると考えられていた即製爆弾攻撃ネットワークがバ 9/20追加全般 「スラ県に活動

  2006年04月26日の日報 (9ページ目)

ーワ「ナシリヤリルのおyah多国籍軍に対するRPG攻撃あり。被害なし。CADA5基ECHDFバスラ県2件

  2006年04月26日の日報 (10ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加g | 政治プロセスに関連し、テロ

  2006年04月26日の日報 (11ページ目)

追加●メイサン県に存在すると考えられていた即製爆弾攻撃ネットワークがバ|9/20追加全般 「スラ県に活動

  2006年04月30日の日報 (10ページ目)

地の概要ナシリヤ市街」AL FARJAH|即製爆弾攻撃を受けた場所PJOC車列の進行方向ルート ジャクソ

  2006年04月27日の日報 (10ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加政治プロセスに関連し、テロ、衝突等

  2006年04月27日の日報 (11ページ目)

追加●メイサン県に存在すると考えられていた即製爆弾攻撃ネットワークがバ) 9/20追加全般 スラ県に活動

  2006年04月27日の日報 (18ページ目)

に出ると基本基礎はやはり大事なのだと思った。「ED攻撃を不幸にも受けてしまったという事例は、基本基礎の欠

  2006年05月01日の日報 (11ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加全般| | 政治プロセスに関連し、

  2006年04月30日の日報 (9ページ目)

県ムサンナ県3件事案等なし多国籍軍に対する即製爆弾攻撃あり。負傷者あり。JALOI DOCEGMEED呼

  2006年04月30日の日報 (11ページ目)

センター(PJOC)ヘLOを輸送する途中に即製爆弾攻撃を受けたが、これは軍が決まった経路を使用していたこ

  2006年04月30日の日報 (14ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続全般●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生

  2006年04月30日の日報 (15ページ目)

加●サマラでのモスク爆破以降のシーア派モスク等への攻撃の責任をイラ | 4/13修正ク治安部隊に転嫁する

  2006年05月01日の日報 (12ページ目)

| ●メイサン県に存在すると考えられていた即製爆弾攻撃ネットワークがバ|9/20追加全般 スラ県に活動を

  2006年05月02日の日報 (9ページ目)

スラ59 MECH DOE不明対象に対する即製爆弾攻撃。被害なし。KUWASAID12ARABIA。その

  2006年05月02日の日報 (12ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加8/8追加●政治プロセスに関連し、

  2006年05月02日の日報 (13ページ目)

加●サマラでのモスク爆破以降のシーア派モスク等への攻撃の責任をイラ | 4/13修正ク治安部隊に転嫁する

  2006年05月03日の日報 (9ページ目)

あり。被害なし。| イラク治安部隊に対する 目爆弾攻撃あり。被害なし。サマーワ院多国籍軍に対する間接射撃

  2006年05月03日の日報 (11ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加●政治プロセスに関連し、テロ、衝突

  2006年05月03日の日報 (12ページ目)

追加●メイサン県に存在すると考えられていた即製爆弾攻撃ネットワークがバ 9/20追加スラ県に活動を拡大し

  2006年05月04日の日報 (9ページ目)

カー県1件RAQCIVに対する メイサン県簡易爆弾攻撃院』事案等なしあり。ナジャフ被害:ルメイサ民間人1

  2006年05月04日の日報 (10ページ目)

追加●メイサン県に存在すると考えられていた即製爆弾攻撃ネットワークがバ 9/20追加全般 | スラ県に活

  2006年05月05日の日報 (9ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加●政治プロセスに関連し、テロ、衝突

  2006年05月05日の日報 (10ページ目)

●バスラ県、メイサン県、ディカー県でIEDによる攻撃が発生5/5追加●バスラの不安定な治安情勢は継続す

  2006年05月05日の日報 (20ページ目)

  2006年05月06日の日報 (8ページ目)

バグダッド地域を中心とする中部一帯及び西部で活発、攻撃対象はMNEが主、中南部、南東部での活動は低調○

  2006年05月06日の日報 (12ページ目)

ダッド中心に北・西部においてMNF・ISFに対する攻撃継続●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生する

  2006年05月06日の日報 (13ページ目)

加●サマラでのモスク爆破以降のシーア派モスク等への攻撃の責任をMN4/13修正Fに転嫁する動きが継続スン

  2006年05月07日の日報 (9ページ目)

ラMECHIDE多国籍軍ヘリに対する不明火器による攻撃あり。兵士5死亡KUMA「SADEARABIA。独

  2006年05月07日の日報 (10ページ目)

般●バスラ県、メイサン県、ディカー県でIEDによる攻撃が発生5/5追加●バスラの不安定な治安情勢は継続す

  2006年05月07日の日報 (11ページ目)

ンターに輸送していた軍の4両からなる車列が、IED攻撃を受けた。車列の2番目を進んでいた車両の乗員5名の

  2006年05月07日の日報 (12ページ目)

IED事案-2「A FARIAHナシリヤ市街IED攻撃を受けた場所(PV17116 34116)県統合作

  2006年05月08日の日報 (10ページ目)

広範囲に破片が散乱O墜落原因は不明だが、地上からの攻撃を受けた可能性有り○ 乗員5名が死亡し、4名の遺体

  2006年05月08日の日報 (11ページ目)

考●比較的安定だが、多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃が発生 5/5修正●バスラ県、メイサン県に所在した

  2006年05月09日の日報 (9ページ目)

e meetsudenイラク南東部における多国籍軍攻撃情報(5.9)【概 要】○ バスラにおける情報によ

  2006年05月09日の日報 (10ページ目)

北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する「攻撃継続8/26追加●政治プロセスに関連し、テロ、衝突

  2006年05月09日の日報 (11ページ目)

。●サマラでのモスク爆破以降のシーア派モスク等への攻撃の責任を多国籍軍に転嫁する動きが継続スンニ過激派

  2006年05月09日の日報 (19ページ目)

影響している)。ゲームは11人で構成されるチームが攻撃側と守備側に分かれて対戦する。守備側はボールを投げ

  2006年05月10日の日報 (9ページ目)

0700)|ディカー県「1件多国籍軍に対する小火器攻撃あり。被害なし。「メイサン県||多国籍軍に対する間

  2006年05月10日の日報 (11ページ目)

派間対立が継続するとともに、シーア「派モスク等への攻撃の責任を多国籍軍に転嫁する動きが継続●当面は現在の

  2006年05月10日の日報 (12ページ目)

●サマラでのモスク爆破以降のシーア派モスク等への攻撃の責任を多国| 4/13修正籍軍に転嫁する動きが継

  2006年05月10日の日報 (21ページ目)

ました。第10軍の任務は、油田をコーカサスを越えて攻撃してくるドイツ軍から防護することと治安維持でした。

  2006年05月11日の日報 (9ページ目)

ルメイササマーワ「R。ナリヤ多国籍軍に対する小火器攻撃あり。被害なし。多国籍軍に対する小火器・RPG攻撃

  2006年05月11日の日報 (10ページ目)

07 500)1350頃 役務輸送コンボイがIED攻撃を受ける。MSR等におけるED事案の発生状況(1月

  2006年05月11日の日報 (11ページ目)

撃は、昨年(2005年)6月23日に日本隊の車両が攻撃を受けたものである。今回の事案が、実際にIEDによ

  2006年05月11日の日報 (12ページ目)

考●比較的安定だが、多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃が発生 5/5修正●バスラ県、メイサン県に所在した

  2006年05月13日の日報 (9ページ目)

わるな。かかわるとバスラの英軍ヘリ墜落事件のように攻撃する。○ザルガニ師は、礼拝には参加したものの説法は

  2006年05月13日の日報 (11ページ目)

が取り込み、多国籍軍や県統合作戦センター等に対する攻撃の理由とする可能性があるため、電力及び燃料事情につ

  2006年05月13日の日報 (12ページ目)

考●比較的安定だが、多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃が発生 5/5修正)●バスラ県、メイサン県に所在し

  2006年05月14日の日報 (13ページ目)

るな。かかわるとバスラの英軍ヘリ墜落。事件のように攻撃する。Oザルガニ師は、礼拝には参加したものの説法は

  2006年05月14日の日報 (9ページ目)

ィカー県事案等なし|アマラ多国籍軍に対する簡易爆弾攻撃あり。兵士2死亡兵士1中傷兵士5軽傷サマーワだリヤ

  2006年05月14日の日報 (10ページ目)

7102014加TTESRPGによるイラク警察車両攻撃院0700気イラク陸軍が集結していた人員を解散03

  2006年05月14日の日報 (14ページ目)

が取り込み、多国籍軍や県統合作戦センタ関等に対する攻撃の理由とする可能性があるため、電力及び燃料事情につ

  2006年05月14日の日報 (15ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加●政治プロセスに関連し、テロ、衝突

  2006年05月14日の日報 (16ページ目)

|●サマラでのモスク爆破以降のシーア派モスク等への攻撃の責任を多国4/13修正籍軍に転嫁する動きが継続●

  2006年05月15日の日報 (9ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加●政治プロセスに関連し、テロ、衝突

  2006年05月15日の日報 (10ページ目)

考●比較的安定だが、多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃が発生 5/5修正●バスラ県、メイサン県に所在した

  2006年05月15日の日報 (19ページ目)

ラシティの橋梁付近をパトロール中の英軍車両がIED攻撃を受け、2名の方が亡くなられた。1週間の内に7名の

  2006年05月16日の日報 (9ページ目)

Zone に無断進入したので、県統合作戦センターを攻撃するとのことであった。O 最近、発生した類似の C

  2006年05月16日の日報 (10ページ目)

派民兵のために武器を密輸入、キャンプ・アブナジへの攻撃を計画との脅威情報0 サドル派民兵は、バスラ及びア

  2006年05月16日の日報 (11ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加●政治プロセスに関連し、テロ、衝突

  2006年05月16日の日報 (12ページ目)

加●サマラでのモスク爆破以降のシーア派モスク等への攻撃の責任を多国 | 413修正籍軍に転嫁する動きが継

  2006年05月17日の日報 (9ページ目)

ル市の南で日本隊の契約する民間コンボイに対するED攻撃があり、EFPタイプが使用された可能性がある。これ

  2006年05月17日の日報 (10ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加●政治プロセスに関連し、テロ、衝突

  2006年05月17日の日報 (11ページ目)

考●比較的安定だが、多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃が発生 5/5修正●バスラ県、メイサン県に所在した

  2006年05月18日の日報 (9ページ目)

-雄割事業等なし)-多国籍軍に対するロケットW弾攻撃あり。被害なし。なお,SAUDARAHA:が成され

  2006年05月18日の日報 (11ページ目)

スラにおけるCWIED事案 50使用するの国がED攻撃を受買た場所は関業経路でお調特に橋架EDを仕掛けた

  2006年05月18日の日報 (12ページ目)

宗派間対立が継続するとともに、シーア派モスク等への攻撃の責任を多国籍軍に転嫁する動きが継続●当面は現在の

  2006年05月18日の日報 (13ページ目)

●サマラでのモスク爆破以降のシーア派モスク等への攻撃の責任を多国4413修正籍軍に転嫁する動きが継続.

  2006年05月18日の日報 (22ページ目)

と思う。 ヘリ移動だし、シャイバはBASよりIDF攻撃を受けているのでちょっと雑な感じだが、3 本日所後

  2006年05月19日の日報 (9ページ目)

meahおesナシリヤ1イラク警察に対する簡易爆弾攻撃あり。被害なし。バスラ県|3件3件※4のバス・ムサ

  2006年05月19日の日報 (10ページ目)

●比較的安定だが、多国籍軍及びイラク治安部隊等への攻撃が発生 | 55修正●バスラ県、メイサン県に所在し

  2006年05月19日の日報 (18ページ目)

教えていただけなかった。 IED対処に対するIED攻撃は、まさにイタチゴッコであり、その技術は日進月歩な

  2006年05月20日の日報 (2ページ目)

スラ基地において、1発のロケット弾によると思われる攻撃事案が発生(細都報告済み。)供与RO浄水機により給

  2006年05月20日の日報 (10ページ目)

(約100名)O説法内容等●県公安、イラク査察等の攻撃については、サドル派民兵の仕業ではない。●サマーワ

  2006年05月20日の日報 (12ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加●政治プロセスに関渡し、テロ、衝突

  2006年05月20日の日報 (13ページ目)

|●サマラでのモスク爆破以降のシーア派モスク等への攻撃の責任を多国籍軍に転嫁する動きが継続●簡易爆弾技能

  2006年05月20日の日報 (18ページ目)

に伴う素線傍受支援||4明白の予定情報収集及び落格攻撃5、その他(備考)

  2006年05月20日の日報 (23ページ目)

報、英素軍の情勢判断、列ルABにおいて発生したDF攻撃事業(5/19)関連情報等(2) 各種業務調整等明

  2006年05月21日の日報 (9ページ目)

ーワディカー県事案等なし多国籍軍に|対する簡易爆弾攻撃あり。負傷者4名タリル -バスラ県バスラムサンナ県

  2006年05月21日の日報 (13ページ目)

(約100名)○説法内容等●県公舎、イラク警察等の攻撃については、サドル派民兵の仕業ではない。●サマーワ

  2006年05月21日の日報 (14ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加政治プロセスに関連し、テロ、衝突等

  2006年05月21日の日報 (15ページ目)

●比較的安定だが、多国籍軍及びイラク治安部隊等への攻撃が発生 5/5修正| ●バスラ県、メイサン県に所在

  2006年05月21日の日報 (23ページ目)

の挙は『鉄の拳』だそうだ。2 今月のバスラに対する攻撃は、昼間に2回あっただけで、静かな夜が続いている。

  2006年05月22日の日報 (9ページ目)

AITSAUD)ARABIA多国籍軍に対するRPG攻撃あり。被害なし。wasemen 中野会#Nだバスラ

  2006年05月22日の日報 (10ページ目)

北・西部において多国籍軍及びイラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加| ●政治プロセスに関連し、テロ、

  2006年05月22日の日報 (11ページ目)

●比較的安定だが、多国籍軍及びイラク治安部隊等への攻撃が発生 5/5修正●バスラ県、メイサン県に所在した

  2006年05月23日の日報 (9ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加●政治プロセスに関連し、テロ、衝突

  2006年05月23日の日報 (10ページ目)

考●比較的安定だが、多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃が発生 5/5修正●バスラ県、メイサン県に所在した

  2006年05月23日の日報 (18ページ目)

も必要最小限に止めるべきであろう。2 先日のIED攻撃による英軍殉職者2名のご遺体を本国に送還する儀式が

  2006年05月24日の日報 (9ページ目)

日0700)多国籍軍に対する小火器・RPG・迫撃砲攻撃あり。被害なし。多国籍軍に対する投石あり。被害なし

  2006年05月24日の日報 (10ページ目)

考●比較的安定だが、多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃が発生 | 5/5修正●バスラ県、メイサン県に所在

  2006年05月25日の日報 (9ページ目)

ルバスラムサンナ県事案等なし多国籍軍に対するRPG攻撃あり。被害なし。KUWASAUDARABIAご理解

  2006年05月25日の日報 (10ページ目)

考●比較的安定だが、多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃が発生 5/5修正●バスラ県、メイサン県に所在した

  2006年05月25日の日報 (20ページ目)

つも任務終了まで気を抜けないが、昨今の武装勢力対空攻撃能力向上の情報も併せて、心配していた。無事タリルに

  2006年05月26日の日報 (11ページ目)

●サマラでのモスク爆破以降のシーア派モスク等への攻撃の責任をMN 4/13修正Fに転嫁する動きが継続D

  2006年05月26日の日報 (10ページ目)

ダッド中心に北・西部においてMNF・ISFに対する攻撃継続●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生する

  2006年05月26日の日報 (20ページ目)

5月21日の日誌に「このところバスラに対する夜間の攻撃はなく静かな夜が続いている。」と「書いた。するとと

  2006年05月27日の日報 (10ページ目)

発見サマーワ市 | PJOCに対する小火器・RPG攻撃ASR JACKSON | 民間コンボイに対するI

  2006年05月27日の日報 (12ページ目)

給電事情を改善せよ。●新政府は、IAにテロリストを攻撃させよ。●スンニ派によって拘束されたテコンドーチー

  2006年05月27日の日報 (13ページ目)

ダッド中心に北・西部においてMNF・ISFに対する攻撃継続●政治プロセスに関連し、テロ、衝突等が発生する

  2006年05月27日の日報 (14ページ目)

|容備 考●比較的安定だが、MNF-ISF等への攻撃が発生5/5修正●バスラ県、メイサン県に所在したI

  2006年05月28日の日報 (11ページ目)

情を改善せよ。●新政府は、イラク陸軍にテロリストを攻撃させよ。●スンニ派によって拘束されたテコンドーチー

  2006年05月28日の日報 (12ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加●政治プロセスに関連し、テロ、衝突

  2006年05月28日の日報 (13ページ目)

考●比較的安定だが、多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃が発生 5/5修正●バスラ県、メイサン県に所在した

  2006年05月29日の日報 (17ページ目)

me anayRTやHOH多国籍軍に対する簡易爆弾攻撃あり。被害なし。多国籍軍に対する簡易爆弾攻撃あり。

  2006年05月29日の日報 (18ページ目)

ける恒常的パトロールを実施していた」がIEDによる攻撃を受け、2名死亡、2名が軽傷を負った。○ 死亡した

  2006年05月29日の日報 (19ページ目)

宗派間対立が継続するとともに、シーア派モスク等への攻撃の責任を多国籍軍に転嫁する動きが継続●当面は現在の

  2006年05月29日の日報 (20ページ目)

考●比較的安定だが、多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃が発生 5/5修正●バスラ県、メイサン県に所在した

  2006年05月29日の日報 (21ページ目)

●サマラでのモスク爆破以降のシーア派モスク等への攻撃の責任を多国 4/13修正籍軍に転嫁する動きが継続

  2006年05月29日の日報 (37ページ目)

在するキャンプ・ビクトリー北に隣接)に迫撃砲による攻撃があり、キャンプ上空を米軍攻撃ヘリコプターが警戒し

  2006年05月30日の日報 (9ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加●政治プロセスに関連し、テロ、衝突

  2006年05月30日の日報 (10ページ目)

考●比較的安定だが、多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃が発生 5/5修正●バスラ県、メイサン県に所在した

  2006年05月31日の日報 (10ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加●政治プロセスに関連し、テロ、衝突

  2006年05月31日の日報 (11ページ目)

考●比較的安定だが、多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃が発生 5/5修正●バスラ県、メイサン県に所在した

  2006年06月01日の日報 (9ページ目)

籍軍に対 - | する簡易爆弾する簡易爆弾 II 攻撃あり。攻撃あり。被害なし。負傷者なし。ASLAVI

  2006年06月01日の日報 (10ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加●政治プロセスに関連し、テロ、衝突

  2006年06月01日の日報 (11ページ目)

|●サマラでのモスク爆破以降のシーア派モスク等への攻撃の責任を多国」 4/13修正)籍軍に転嫁する動きが

  2006年06月01日の日報 (15ページ目)

る爆発事案の数日後に、宿営地に対して曲射火器による攻撃事案が発生しているを十分に実施せよ。資金調の0 治

  2006年06月02日の日報 (9ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加●政治プロセスに関連し、テロ、衝突

  2006年06月02日の日報 (10ページ目)

|・比較的安定だが、多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃が発生 5/5修正)●バスラ県、メイサン県に所在し

  2006年06月02日の日報 (19ページ目)

moming, how are you ? の 続攻撃に対しても、Not bad, *yourself?

  2006年06月03日の日報 (18ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加●政治プロセスに関連し、テロ、衝突

  2006年06月03日の日報 (19ページ目)

考●比較的安定だが、多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃が発生 5/5修正●バスラ県、メイサン県に所在した

  2006年06月03日の日報 (20ページ目)

●サマラでのモスク爆破以降のシーア派モスク等への攻撃の責任を多国 | 4/13修正籍軍に転嫁する動きが

  2006年06月04日の日報 (9ページ目)

フ.アマラ. 。 .・民間人に対する小火器車両爆弾攻撃あり。民間人21人死亡64人負傷。サマーワでも変開

  2006年06月04日の日報 (13ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加政治プロセスに関連し、テロ、衝突等

  2006年06月04日の日報 (14ページ目)

|●サマラでのモスク爆破以降のシーア派モスク等への攻撃の責任を多国 | 4/13修正籍軍に転嫁する動きが

  2006年06月05日の日報 (11ページ目)

に北・西部において多国籍章・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加●政治プロセスに関連し、テロ、衝突

  2006年06月05日の日報 (12ページ目)

考●比較的安定だが、多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃が発生 5/5修正バスラ県、メイサン県に所在した簡

  2006年06月05日の日報 (13ページ目)

能性●サドル派民兵はねっかえりが宿営地に対する曲射攻撃などの反多国籍 | 1/14修正「軍行動をとる可能

  2006年06月06日の日報 (9ページ目)

2 多国籍軍に多国籍軍に!: 1対する簡易|.規弾攻撃ありナジャー。多国籍軍に対する高編集弾故事あり。ス

  2006年06月06日の日報 (10ページ目)

●比較的安定だが、多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃が発生 | 5/5修正●バスラ県、メイサン県に所在

  2006年06月06日の日報 (11ページ目)

能性●サドル派民兵はおっかえりが宿営地に対する曲村攻撃などの反多国籍 | 1/14修正「軍行動をとる可能

  2006年06月07日の日報 (9ページ目)

ー県| 事案等なしSg"多国籍軍に対する簡易・爆弾攻撃あり。「被害なし。バスラ県THER題剛:.ムサンナ

  2006年06月07日の日報 (11ページ目)

間対立が継続するとともに、シーア. 派モスク等への攻撃の責任を多国籍軍に転嫁する動きが継続●当面は現在の

  2006年06月07日の日報 (12ページ目)

般●サマラでのモスク爆破以降のシーア派モスク等への攻撃の責任を多国 | | 4/13修正籍軍に転嫁する動

  2006年06月07日の日報 (20ページ目)

司令部の喫煙所も、厳しい暑さと、コーヒーの飲み残し攻撃に晒される過酷な場所であった。『ウソだろ?』我が目

  2006年06月08日の日報 (9ページ目)

事案等なしイーーーーーーー不明目標に対する簡易爆弾攻撃あり。橋に軽度の損傷。KUWASAUD) -"AR

  2006年06月08日の日報 (10ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続。8/26追加全 般 | ●政治プロセスに関連

  2006年06月08日の日報 (11ページ目)

●比較的安定だが、多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃が発生 5/5修正●バスラ県、メイサン県に所在した

  2006年06月08日の日報 (12ページ目)

派民兵はわっかえりが宿営地に対する間接射撃等による攻撃を | 6/8修正行う可能性サドル派| ● PJO

  2006年06月08日の日報 (16ページ目)

ド国際空港(日本コンテナ西南西約4km)に曲射火器攻撃があった。ア 57mmロケット弾1発、人員・装備異

  2006年06月08日の日報 (18ページ目)

を率いて、イラクの各地において大規模な無差別テロや攻撃を繰り返してきたとされるヨルダン人、アブムサブ・ザ

  2006年06月08日の日報 (20ページ目)

の維持ということも困難な課題なのだろう。3 米軍の攻撃でザルカウィ容疑者が死亡したというニュース速報が流

  2006年06月09日の日報 (9ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加| || 全般 政治プロセスに関し

  2006年06月09日の日報 (10ページ目)

考●比較的安定だが、多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃が発生 5/5修正●パスラ県、メイサン県に所在した

  2006年06月09日の日報 (11ページ目)

派民兵はねっかえりが宿営地に対する間接射撃等による攻撃を | 6/8修正「行う可能性ドル派●県統合オペレ

  2006年06月10日の日報 (9ページ目)

は死亡したが、まだ多くのテロリストがおり、引き続き攻撃する必要がある。 ..治安関係閣僚が決定されたが、

  2006年06月10日の日報 (10ページ目)

サディー(約300名)O説法内容●ザルウイは米軍の攻撃により死亡したが、まだ多くのテロリストがおり、引き

  2006年06月10日の日報 (11ページ目)

ザルウイは死亡したが、多国籍軍はさらにテロリストを攻撃してもらいたい。●治安関係閣僚が決定されたが、イラ

  2006年06月10日の日報 (12ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続・ ・ ・ ・a/26追加●政治プロセスに関連

  2006年06月10日の日報 (13ページ目)

考●比較的安定だが、多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃が発生5/5修正●パスラ界、メイサン県に所在した簡

  2006年06月10日の日報 (14ページ目)

派民兵はねっかえりが宿営地に対する間接射撃等による攻撃を6/8修正| 6/8修正行可能性●県統合オペレー

  2006年06月10日の日報 (23ページ目)

数日バスラ県は比較的平種である。バスラ基地に対する攻撃も18日間なく、静かな日々を送っている。(こういう

  2006年06月11日の日報 (9ページ目)

多国籍軍に1件対する小火器愛射撃及び6器3 RPG攻撃あり。犯人8名死亡。多国籍軍兵士闘1名重傷」ナジャ

  2006年06月11日の日報 (10ページ目)

ィー師(約300名)○説法内容●ザルカウイは米軍の攻撃により死亡したが、まだ多くのテロリストがおり、引き

  2006年06月11日の日報 (11ページ目)

ルカウイは死亡したが、多卸準軍はさらにテロリストを攻撃してもらいたい。●治安関係閣僚が決定されたが、イラ

  2006年06月11日の日報 (13ページ目)

考比較的安定だが、多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃が発生5/5修正●パスラ県、メイサン県に所在した簡

  2006年06月11日の日報 (14ページ目)

派民兵はねっかえりが宿営地に対する間接射撃等による攻撃を6/8修正行与可能性6/8修正●県統合オベレーシ

  2006年06月12日の日報 (11ページ目)

員が配置される固定車両検問所は、民兵にとって格好の攻撃目標となる危険があり、30日間継続できるかどうか懸

  2006年06月12日の日報 (12ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加「全 般」 | ●政治プロセスに関

  2006年06月12日の日報 (13ページ目)

形爆弾等の 5/12追加高性能な簡易爆弾を使用した攻撃が行われる可能性スンニ過激派 | ●スンニ派テロリ

  2006年06月12日の日報 (22ページ目)

かなければならないのだと思う。3 10日に18日間攻撃無しと書いた。11日夜早速IDF。至近200m、屋

  2006年06月13日の日報 (9ページ目)

大規模な部隊の派遣国である以外の派遣国を対象とする攻撃を行い、これらの派遣国に撤収の圧力をかけようとする

  2006年06月13日の日報 (10ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加全般 | ●政治プロセスに関連し、

  2006年06月13日の日報 (11ページ目)

弾等の高 | 5/12追加性能な簡易爆弾を使用した攻撃が行われる可能性スンニ過激派 | ●スンニ派テロリ

  2006年06月13日の日報 (19ページ目)

断続的に小火器射撃を受け、0403以降RPGを含む攻撃に対して応戦した。0655重傷者を出したが、065

  2006年06月14日の日報 (9ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/28追加政治プロセスに関連し、テロ、衝突等

  2006年06月14日の日報 (10ページ目)

考●比較的安定だが、多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃が発生. 5/5修正バスラ県、メイサン県に所在した

  2006年06月14日の日報 (11ページ目)

派民兵はねっかえりが宿営地に対する間接射撃等による攻撃を6/8修正「行う可能性●県統合オペレーション・セ

  2006年06月15日の日報 (11ページ目)

・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する・「攻撃継続8/26追加|| 全 報 | ●政治プロセスに

  2006年06月15日の日報 (12ページ目)

考●比較的安定だが、多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃が発生5/5形正●パスラ県、メイサン県に所在した箇

  2006年06月15日の日報 (13ページ目)

派民兵はねっかえりが宿営地に対する間接射撃等による攻撃を6/8修正行う可能性6/8修正●県統合オペレーシ

  2006年06月16日の日報 (19ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加「全 般 | 政治プロセスに関連し

  2006年06月16日の日報 (20ページ目)

考●比較的安定だが、多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃が発生 5/5修正バスラ県、メイサン県に所在した簡

  2006年06月16日の日報 (21ページ目)

FP等の高性能なIEDを | 5/12追加使用した攻撃が行われる可能性スンニ過激派 ●スンニ派テロリスト

  2006年06月16日の日報 (22ページ目)

派民兵はねっかえりが宿営地に対する間接射撃等による攻撃を|02| 6/8修正6/8修正行う可能性●県統合

  2006年06月16日の日報 (38ページ目)

・1 こちらに来た当初、「日本隊の撤収はいつだ?」攻撃に晒され、『I'm Sorry. We don't

  2006年06月17日の日報 (20ページ目)

いが、県知事がデモ参加者をテロリスト扱いし、IAに攻撃させようとしている。●ヨルダンでは、多くの人間を殺

  2006年06月17日の日報 (23ページ目)

考●比較的安定だが、多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃が発生 5/5修正●バスラ県、メイサン県に所在した

  2006年06月17日の日報 (24ページ目)

FP等の高性能なIEDを | 5/12追加使用した攻撃が行われる可能性スンニ過激派 ●スンニ派テロリスト

  2006年06月17日の日報 (25ページ目)

派民兵はねっかえりが宿営地に対する間接射撃等による攻撃を| 6/8修正行う可能性6/8修正●県統合オペレ

  2006年06月18日の日報 (11ページ目)

知事がデモ参加者をテロリ「スト扱いし、イラク陸軍に攻撃させようとしている。●ヨルダンでは、多くの人間を殺

  2006年06月18日の日報 (12ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加「 般 ●政治プロセスに関連し、テ

  2006年06月18日の日報 (13ページ目)

考●比較的安定だが、多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃が発生5/5修正●バスラ県、メイサン県に所在した簡

  2006年06月18日の日報 (14ページ目)

派民兵はねっかえりが宿営地に対する間接射撃等による攻撃を| 6/8修正・行う可能性| 6/8修正県統合オ

  2006年06月18日の日報 (17ページ目)

事項ー(18日のキャンプスミッティーに対するIDF攻撃事案に関して)指揮転移後、初めてサマーワにおいてI

  2006年06月18日の日報 (23ページ目)

1頃)に発生したキャンプ スミッティに対するIDF攻撃と考えられる事案に関して意点的に情報収集を実施3

  2006年06月19日の日報 (10ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加「全 般●政治プロセスに関連し、テ

  2006年06月19日の日報 (11ページ目)

、EFP等の高性能なIEDを 5/12追加使用した攻撃が行われる可能性スンニ過激派 | ●スンニ派テロリ

  2006年06月19日の日報 (43ページ目)

341頃に発生したキャンプスミッティに対するIDF攻撃と考えられる事案に関して重点的に .|情報収集を実

  2006年06月19日の日報 (31ページ目)

県知事がデモ参加者をテロリスト扱いし、イラク陸軍に攻撃させようとしている。●ヨルダンでは、多くの人間を殺

  2006年06月19日の日報 (32ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加「全 般 | ●政治プロセスに関連

  2006年06月19日の日報 (33ページ目)

|●比較的安定だが、多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃が発生 5/5修正●バスラ県、メイサン県に所在した

  2006年06月19日の日報 (34ページ目)

派民兵はねっかえりが宿営地に対する間接射撃等による攻撃を| 6/8修正「行う可能性6/8修正県統合オペレ

  2006年06月19日の日報 (37ページ目)

事項ー(18日のキャンプスミッティーに対するIDド攻撃事案に関して)指揮転移後、初めてサマーワにおいてI

  2006年06月19日の日報 (54ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加「全 般|●政治プロセスに関連し、

  2006年06月19日の日報 (55ページ目)

、EFP等の高性能なEDを| 5/12追加使用した攻撃が行われる可能性スンニ過激派 | ●スンニ派テロリ

  2006年06月20日の日報 (9ページ目)

軍に闘多国籍軍に対する間接対するRPG射撃あり。 攻撃あり。被害なし。 被害なし。SAND.ARABIA

  2006年06月20日の日報 (10ページ目)

考●比較的安定だが、多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃が発生 5/5修正●バスラ県、メイサン県に所在した

  2006年06月20日の日報 (11ページ目)

派民兵はねっかえりが宿営地に対する間接射撃等による攻撃を | 978SE行う可能性県統合オペレーション・

  2006年06月20日の日報 (20ページ目)

発生事業関連情報、キャンプスミッティに対するIDF攻撃事案関連情報、サマーワ市内等の治安情勢、デモ情報、

  2006年06月21日の日報 (9ページ目)

ャン* ..サマーヴAnot民間人に対する簡易爆弾攻撃あり。| 負傷者あり。バスラ県3件バスラ]. .

  2006年06月21日の日報 (12ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続)8/26追加●政治プロセスに関連し、テロ、衝

  2006年06月21日の日報 (13ページ目)

考●比較的安定だが、多国籍軍・イラク治安部隊等への攻撃が発生5/5修正||●バスラ県、メイサン県に所在し

  2006年06月21日の日報 (14ページ目)

派民兵はねっかえりが宿営地に対する間接射撃等による攻撃を6/8修正行う可能性県統合オペレーション・センタ

  2006年06月21日の日報 (24ページ目)

いの不審物関速情報、キャンプスミッティに対するDF攻撃事業関連情報、サマーワ市内等の治安情勢デモ情報、英

  2006年06月22日の日報 (9ページ目)

ナ県「事案等なし 度なイラク警察に対する小火 |器攻撃あり。被害なし。「.. Saub」ARABIA.

  2006年06月22日の日報 (12ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続8/26追加●政治プロセスに関し、テロ、衝突等

  2006年06月22日の日報 (13ページ目)

形弾等の高性 | 5/12追加能な簡易爆弾を使した攻撃が行われる可能性スンニ過激派 ●スンニ派テロリスト

  2006年06月23日の日報 (14ページ目)

ラを除き比較的安定しているが、MNF-ISF等への攻撃が発生 6/23修正2 ステ県、イサン県に所在した

  2006年06月23日の日報 (15ページ目)

爆発成形弾等の高度な技術を使用した簡易爆弾による攻撃が行われ | 6/23修正る可能性スンニ過激派 |

  2006年06月23日の日報 (16ページ目)

兵過激派は、勢力の盛り返しを企図し、多国籍軍等への攻撃やデモの組織化等を実施する可能性6/23修正3 サ

  2006年06月24日の日報 (11ページ目)

ng19 NECR30日民間人に対する車載簡易爆弾攻撃あり。死傷者あり。SAUDIARABA。Talso

  2006年06月24日の日報 (27ページ目)

ラを除き比較的安定しているが、MNF-ISF等への攻撃が発生 6/23修正2 ステ県、イサン県に所在した

  2006年06月24日の日報 (28ページ目)

爆発成形弾等の高度な技術を使用した簡易爆弾による攻撃が行われ | 6/23修正る可能性スンニ過激派 |

  2006年06月24日の日報 (29ページ目)

兵過激派は、勢力の盛り返しを企図し、多国籍軍等への攻撃やデモの組織化等を実施する可能性6/23修正3 サ

  2006年06月24日の日報 (48ページ目)

において多国籍軍・イラク治安部隊に対する全般 | 攻撃継続6/23修正|2 政治プロセス、宗派間対立に起

  2006年06月24日の日報 (49ページ目)

るが、多国籍軍、イラク治安部隊等へ 6/23修正の攻撃が発生6/23修正2 ムサンナ県を含む南東部各県に

  2006年06月24日の日報 (50ページ目)

爆発形成弾等の高度な技術を使用した簡易爆弾による攻撃が行われ | 6/23修正る可能性スンニ過激派 |

  2006年06月24日の日報 (51ページ目)

兵過激派は、勢力の盛り返しを企図し、多国籍軍等への攻撃やデモの組織化等を実施する可能性6/23修正3 サ

  2006年06月24日の日報 (65ページ目)

ことになっている。実現するかどうかはわからないが、攻撃ヘリによる援護についても調整すると言ってくれている

  2006年06月25日の日報 (9ページ目)

t...* 多均を19・,注意_6月25日、LDF攻撃事案の概要バニラ - Inーーーーー

  2006年06月25日の日報 (12ページ目)

部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する般 | 攻撃継続6/23修正2 政治プロセス、宗派間対立に起因

  2006年06月25日の日報 (13ページ目)

爆発形成弾等の高度な技術を使用した簡易爆弾による攻撃が行われ | 6/23修正る可能性スンニ過激派 |

  2006年06月25日の日報 (21ページ目)

れてきた。本日そこに(司令部南側150m) IDF攻撃2発。攻撃20回目。36発目。蝶が心配。本日快晴、

  2006年06月26日の日報 (7ページ目)

において多国籍軍・イラク治安部隊に対する全般 | 攻撃継続6/23修正2 政治プロセス、宗派間対立に起因

  2006年06月26日の日報 (8ページ目)

籍軍、イラク治安部隊等へ | 6/23修正|- の攻撃が発生6/23修正2 ムサンナ県を含む南東部各県に

  2006年06月26日の日報 (9ページ目)

兵過激派は、勢力の盛り返しを企図し、多国籍軍等への攻撃やデモの組織化等を実施する可能性6/23修正3 サ

  2006年06月26日の日報 (16ページ目)

|||=====2 昨日のバスラ基地に対する!DF攻撃に関する情報は訂正された。弾種不明3発。弾着地点修

  2006年06月27日の日報 (7ページ目)

件「ツルるゴム弾射撃)| 1件多国籍軍に絵調 爆弾攻撃あり。「多国籍軍に鑑爆弾攻撃あり。多国籍軍に被害な

  2006年06月27日の日報 (8ページ目)

使用を裏付ける証拠物が確認されないことから推定0 攻撃を受けた際、を作動させていなかったことから、結線に

  2006年06月27日の日報 (9ページ目)

通過することは、サドル派民兵等にも周知されており、攻撃のあった当日(6月26日)も県知事を訪問した群長が

  2006年06月27日の日報 (10ページ目)

において多国籍軍・イラク治安部隊に対する全般 | 攻撃継続6/23修正12 政治プロセス、宗派間対立に起

  2006年06月27日の日報 (11ページ目)

に向けてグリーンの評価を得ている。14 EDをいた攻撃が比較的軽易に行われる可能性| 6/27修正この際

  2006年06月28日の日報 (7ページ目)

西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する」| 攻撃継続6/23修正2 政治プロセス、宗派間対立に起因

  2006年06月28日の日報 (8ページ目)

ーンの評価を得ている。|| *14 IEDを用いた攻撃が比較的軽易に行われる可能性| 6/27修正・この

  2006年06月29日の日報 (7ページ目)

おいて多国籍軍・イラク治安部隊に対する。全般 | 攻撃継続6/23修正2 政治プロセス、宗派間対立に起因

  2006年06月29日の日報 (8ページ目)

、多国籍軍、イラク治安部隊等へ | 6/23修正の攻撃が発生6/23修正・2 ムサンナ県を含む南東部各県

  2006年06月29日の日報 (9ページ目)

兵過激派は、勢力の盛り返しを企図し、多国籍軍等への攻撃やデモの組織化等を実施する可能性6/23修正3 サ

  2006年06月29日の日報 (17ページ目)

が必要である。3 本日1550、パスラ基地にIDF攻撃1発。司令部南東1.5Km。攻撃21回目。38発目

  2006年06月30日の日報 (7ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続6/23修正全 般|2 政治的な対立、宗派間対

  2006年06月30日の日報 (8ページ目)

るが、多国籍軍、イラク治安部隊等へ 6/23修正の攻撃が発生6/23修正2 ムサンナ県を含む南東部各県に

  2006年06月30日の日報 (9ページ目)

兵過激派は、勢力の盛り返しを企図し、多国籍軍等への攻撃やデモの組織化等を実施する可能性6/23修正3 サ

  2006年06月30日の日報 (17ページ目)

明日からいよいよ7月である。昨日今月7回目のIDF攻撃があり、我々がここに来てからだけでも21回目、38

  2006年07月01日の日報 (7ページ目)

・れん〜3 REEN BOE民間人に対する簡易爆弾攻撃あり。負傷者あり。「RUNWAIT.*- pies

  2006年07月01日の日報 (8ページ目)

式典後の撤収期間離は英豪軍及び日本隊の双方にとって攻撃を受ける可能性が通常よのも大きくなるであろう。・M

  2006年07月01日の日報 (9ページ目)

、多国籍軍、イラク治安部隊等へ | 6/23修正の攻撃が発生6/23修正2 ムサンナ県を含む南東部各県に

  2006年07月01日の日報 (10ページ目)

激派は、勢力の盛り返しを企図し、多国籍軍等 |への攻撃やデモの組織化等を実施する可能性6/23修正3 サ

  2006年07月02日の日報 (8ページ目)

・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する| 攻撃継続6/23修正全 般 | 2 政治的な対立、宗派

  2006年07月02日の日報 (9ページ目)

、多国籍軍、イラク治安部隊等へ [6/23修正「の攻撃が発生6/23修正2 ムサンナ県を含む南東部各県に

  2006年07月02日の日報 (10ページ目)

兵過激派は、勢力の盛り返しを企図し、多国籍軍等への攻撃やデモの組織化等を実施する可能性6/23修正3 サ

  2006年07月02日の日報 (11ページ目)

にタリル空港及びナシリア周辺で後送コンボイに対する攻撃の可能性があり、業者に注意促す必要がある。(2)

  2006年07月03日の日報 (6ページ目)

ナジャフト::A Amジ多国籍軍に、対する簡易爆弾攻撃あり。被害なし。hよ:**:::-*.-*:1.:

  2006年07月03日の日報 (7ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続| 6/23修正般|2 政治的な対立、宗派間対

  2006年07月03日の日報 (8ページ目)

ーンの評価を得ている。全 般 4 簡易爆弾を用いた攻撃が比較的軽易に行われる可能性・6/27修正「この際

  2006年07月03日の日報 (9ページ目)

経路上、後送コンボイに対 |7/3修正「するIED攻撃の可能性があり、業者に警戒を促す必要がある。(2)

  2006年07月03日の日報 (19ページ目)

(7/2 2144頃)発生したを実施。に対するDF攻撃事案に関して重点的に情報収集2 特記事項||3 本

  2006年07月04日の日報 (13ページ目)

マーワディカー県事案等なし多国籍軍に対する簡易爆弾攻撃あり。被害なし。As SamawahAn Nasi

  2006年07月04日の日報 (15ページ目)

るが、多国籍軍、イラク治安部隊等へ 6/23修正の攻撃が発生6/23修正2 ムサンナ県を含む南東部各県に

  2006年07月04日の日報 (16ページ目)

リーンの評価を得ている。全般 4 簡易爆弾を用いた攻撃が比較的軽易に行われる可能性6/27修正この際、E

  2006年07月04日の日報 (17ページ目)

兵過激派は、勢力の盛り返しを企図し、多国籍軍等への攻撃やデモの組織化等を実施する可能性6/23修正3 サ

  2006年07月04日の日報 (19ページ目)

タリル空港までの経路上、後送コンボイに対するIED攻撃の可能性があり、業者に警戒を促す必要がある。7/3

  2006年07月04日の日報 (33ページ目)

Level(1) キャンプスミッティに対するIDF攻撃事案(7/2)に関して重点的に情報収集を実施(2)

  2006年07月05日の日報 (7ページ目)

・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する・「攻撃継続| 6/23修正全 般 2 政治的な対立、宗派

  2006年07月05日の日報 (8ページ目)

るが、多国籍軍、イラク治安部隊等へ 6/23修正の攻撃が発生6/23修正2 ムサンナ県を含む南東部各県に

  2006年07月05日の日報 (9ページ目)

兵過激派は、勢力の盛り返しを企図し、多国籍軍等への攻撃やデモの組織化等を実施する可能性6/22修正3.サ

  2006年07月05日の日報 (10ページ目)

タリル空港までの経路上、後送コンボイに対するIED攻撃の可能性があり、業者に警戒を促す必要がある。N/C

  2006年07月06日の日報 (7ページ目)

に北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する攻撃継続| 6/23修正|全 般 | 2 政治的な対立

  2006年07月06日の日報 (8ページ目)

が、多国籍軍、イラク治安部隊等へ・ 6/23修正の攻撃が発生6/23修正2 ムサンナ県を含む南東部各県に

  2006年07月06日の日報 (9ページ目)

ドル派 は、勢力の盛り返しを企図し、多国籍軍等への攻撃やデモの組織化等を実施する可能性/23修正3 ドル

  2006年07月06日の日報 (10ページ目)

タリル空港までの経路上、後送コンボイに対するIED攻撃の可能性があり、業者に警戒を促す必要がある。(2)

  2006年07月07日の日報 (8ページ目)

北・西部において多国籍軍・イラク治安部隊に対する「攻撃継続6/23修正全 般|2・政治的な対立、宗派間対

  2006年07月07日の日報 (9ページ目)

ーンの評価を得ている。 ・全般14 簡易爆弾を肌た攻撃が比較的軽易に行われる可能性.・ 6/27修正「こ

  2006年07月08日の日報 (8ページ目)

トの模様であり、従来の「107mmロケットと異なる攻撃手段がサマーワ周辺に入ってきていることを示している

  2006年07月08日の日報 (10ページ目)

(約200名)○説法内容●アルジャシールモスクへの攻撃は、テロリストと米国が、シーア派とスンニ派間で紛争

  2006年07月08日の日報 (11ページ目)

較的安定しているが、多国籍軍、イラク治安部隊等への攻撃が発 | 6/23修正6/23修正| . ・ 2.

  2006年07月08日の日報 (12ページ目)

ドル派 は、勢力の盛り返しを企図し、多国籍軍等への攻撃やデモの組織化等を実施する可能性 . .6/23修

  2006年07月08日の日報 (16ページ目)

指導事項一昨日、キャンプスミッティーにIDFによる攻撃があった。サマーワ宿営地に対するIDF攻撃の可能性

  2006年07月08日の日報 (20ページ目)

特記事項昨日発生したキャンプスミッティに対するDF攻撃に関して重点的に情報収集を実施3 本日の業務(1)

  2006年07月09日の日報 (8ページ目)

  2006年07月09日の日報 (10ページ目)

200名) ・○説法内容●アルジャシールモスクへの攻撃は、テロリストと米国が、シーア派とスンニ派間で紛争

  2006年07月09日の日報 (11ページ目)

較的安定しているが、多国籍軍、イラク治安部隊等への攻撃が発 | 9/23修正| 生6/23修正2 ムサン

  2006年07月09日の日報 (12ページ目)

ドル派 は、勢力の盛り返しを企図し、多国籍軍等への攻撃やデモの組織化等を実施する可能性6/23修正3 サ

  2006年07月09日の日報 (13ページ目)

らリル空港までの経路上、後送コンボイに対するIED攻撃の可能性があり、業者に警戒を促す必要がある。Nン(

  2006年07月10日の日報 (7ページ目)

した失職警察官によるデモ、県評議会メンバーに対する攻撃等の治安悪化の責任と健康上の理由から、辞職したとさ

  2006年07月10日の日報 (8ページ目)

からリル空港までの経路上、後送コンボイに対するED攻撃の可能性があり、業者に警戒を促す必要がある。N/0

  2006年07月11日の日報 (7ページ目)

リア及びバスラにおいて本日以降、車載簡易爆弾による攻撃が実施される可能性0 昨日の時点でナシリアにおいて

  2006年07月11日の日報 (8ページ目)

タリル空港までの経路上、後送コンボイに対するIED攻撃の可能性があり、業者に警戒を促す必要がある。N/C

  2006年07月11日の日報 (12ページ目)

発する。今夜は月夜であるが、最近では月夜でも「DF攻撃が起こっている。ヘリポートに行く人員は、連絡・調整

  2006年07月11日の日報 (14ページ目)

名前」「見たこともない国旗」「癖のある英語」の波状攻撃に大変であろうと想像に難くない。MNF-I司令官M

  2006年07月12日の日報 (7ページ目)

軍(南東部)管内>パスラで多国籍軍に対する簡易爆弾攻撃あり。損害なし。くリル空軍基地及び周辺>.く多国籍

  2006年07月12日の日報 (8ページ目)

ダリル空港までの経路上、後送コンボイに対するIED攻撃の可能性があり、業者に警戒を促す必要がある。N/C

  2006年07月13日の日報 (7ページ目)

ル空港までの経路上、後送コンボイに対・ するIED攻撃の可能性があり、業者に警戒を促す必要がある。N/C

  2006年07月17日の日報 (4ページ目)

らリル空港までの経路上、後送コンボイに対するIED攻撃の可能性があり、業者に警戒を促す必要がある。N/C