イラク日報検索【イラク日報村】

  2004年07月14日の日報 (12ページ目)

8 88 88%。。モスバルイルル)タルアファートイランレイマーMNB(N)パジャ スカシコイル」」」」」

  2004年09月22日の日報 (12ページ目)

0件(昨日62件)タルアファー、モスと、10080イランクァヤーラスレイマニ60キャクテク40シャルトMN

  2005年03月23日の日報 (10ページ目)

لبو عكيد日本に .」1.T法t.EE,.イラン空の設置等価(3)(3月19日報告以降変化なし)|

  2005年03月30日の日報 (9ページ目)

2番目が隠されており爆発物処理隊の処理時に爆発-・イラン南部の学級指評価置30)参(3月29日報告以降変化

  2005年04月03日の日報 (9ページ目)

とは仲は悪い●ハッサー二知事の護衛もBADR組織●イランはハッサー二知事を通じムサンナ県の統制を目論んでい

  2005年04月03日の日報 (10ページ目)

・イスラム革命最高評議会)の軍事部門●1983年にイランで結成●623年のイマーム・フセインの「BADR」

  2005年04月29日の日報 (8ページ目)

知事等批判のビラ| ハッサー一事務所○市民の反応●イランが支援の宗教家サドル派関係者は喜んで受け取って調

  2005年06月26日の日報 (15ページ目)

  2005年07月21日の日報 (9ページ目)

aad GHARAMI)についてアマラ南部に所在。イランと国内シーア派系武装組織との仲介役で、イランの情刀

  2005年08月14日の日報 (12ページ目)

スラム革命最高評議会)の軍事部門として1983年にイランで結成0623年のイマーム・フセインの「BADR」

  2005年08月21日の日報 (11ページ目)

武器の集積を継続しているとみられる。特異な点としてイランからの新たな対装甲武器の流入が報告されている。●具

  2005年09月26日の日報 (8ページ目)

周辺地域も含めたサドル加時に「信が所の動向に注視容イランの 評価()(9月16日の報告以降、2化なし区 分

  2005年10月02日の日報 (14ページ目)

9月に入ってバスラ県で多発している。メイサン県にはイランから即製爆弾の技術や部品が流入して、いるとの情報が

  2005年10月23日の日報 (13ページ目)

背景として主要な要因となっている。●報告によると、イランの資金を使って爆発形成弾の資材を調達していると考え

  2005年10月26日の日報 (10ページ目)

と考えられる。○ 見積どおりに大規模な訓練・補給がイラン特殊部隊から提供されているならば、実行犯であるはね

  2005年10月26日の日報 (15ページ目)

警備態勢」0群長指導事項ー最近政治的な動きで英米とイランの間で非難合戦が行われている。今後12月の総選挙に

  2005年11月02日の日報 (10ページ目)

撃あり。バスラ県 被害なし。1件・留、|参戦に弱;イランの空機情勢評価(10月9日の報告以降変化なし) ・

  2005年11月10日の日報 (10ページ目)

地に対する曲射攻撃を抑えているものと考えられる。Oイラン(及びイランの支援を受けたグループ)から訓練を受け

  2005年11月14日の日報 (15ページ目)

事項ー明日朝、外務省サマーヴ出張所代理の若林さんがイランに帰るので、挨拶をしていただく場を設けよ。ー(気温

  2005年12月01日の日報 (9ページ目)

ルを含む武器訓練を行ったとの情報がある。|○また、イラン情報機関がアマラのサドル派民兵指導者と接触し、多国

  2005年12月02日の日報 (10ページ目)

  2005年12月04日の日報 (14ページ目)

  2005年12月11日の日報 (12ページ目)

以前の職務と権限を戻すことを約束する。また、全てのイラン人をイラクから排除する。」・・

  2005年12月11日の日報 (13ページ目)

rm. Current 代表はハイリ師(注 現在はイランに所在)m - mm ---金曜礼拝(12.開業部

  2006年01月04日の日報 (18ページ目)

した。・ 先日も、EFPという強力なLEDの一種がイランから流入している問題をめぐる米軍の見解について、2

  2006年01月19日の日報 (9ページ目)

よる「バスラ県攻撃あり。* 2件死傷者あり。..,イラン全王の全融情勢評価(19(1月14日の報告以降、変

  2006年01月25日の日報 (9ページ目)

とで、殉教者と一つになった信仰を表現。【特 性】Oイラン、イラク南部から、アシュラ当日にナジャフに集結、じ

  2006年01月28日の日報 (9ページ目)

撃あり。子供1人死亡、子供2人負傷。 ・認市内印習イランとの全出場評価(26「備考(1月14日の報告以降、

  2006年02月19日の日報 (11ページ目)

の「立場が強化されるということはなかった。)O隣国イランでのシーア派革命の際には、これに刺激を受けたシーア

  2006年03月26日の日報 (8ページ目)

ドルから350ドルを受け取っている。(この給与は、イランからの資金提供を受けている疑いがある。)Oハッサー

  2006年03月26日の日報 (9ページ目)

ラム革命最高評議会)の軍事部門として「1983年にイランで結成●623年のイマーム・フセインの「バドル」で

  2006年03月29日の日報 (17ページ目)

Battle Groupの駐屯地。BCBGは、ハイランダーズ(Highlanders)と呼ばれる歩兵連隊

  2006年04月06日の日報 (10ページ目)

PG(おそらく3門)が使用されたと見られる。以前、イランからの武器がムサンナ県内のサドル事務所/サドル派民

  2006年04月09日の日報 (21ページ目)

●イラクに多国籍軍は必要ない●テロリストを支援するイランへの非難【アル・マフデイ・モスク】○説法者:ザーメ

  2006年04月09日の日報 (22ページ目)

ァリを交代させたがっている。●イラク国内のテロは、イランではなく多国籍軍が起こしている。●イラク国民の中に

  2006年04月15日の日報 (10ページ目)

も南部を助ける意思がない証拠だ。●米国は、イラクをイラン攻撃の前進基地に使おうとしている。◆4月15日17

  2006年04月16日の日報 (10ページ目)

も南部を助ける意思がない証拠だ。●米国は、イラクをイラン攻撃の前進基地に使おうとしている。◆4月15日17

  2006年04月18日の日報 (9ページ目)

裁判所で助手として勤務していた模様である。81年、イランへ逃亡し、2003年4月に、ムサンナ県のイラクイス

  2006年05月08日の日報 (18ページ目)

を引いた湖の真ん中に荘厳と建っている。この宮殿は、イラン・イラク戦争における要衝AI Faw正面における会

  2006年05月09日の日報 (9ページ目)

ーク軍及びイタリア軍に対する襲撃を指示する「命令がイランから出ている模様0 この命令の背景には、現状におい

  2006年05月16日の日報 (10ページ目)

所から行われ、30発は迫撃砲0 その他の詳細は不明イランKotals :ab]【関連情報】バグダッド0 バ

  2006年05月22日の日報 (10ページ目)

携帯SAM(MANPADS)を入手したとの情報や、イラン等で訓練を受けたとの情報が以前からあったが、今回の

  2006年06月17日の日報 (19ページ目)

かかわらず、テロリストを掃討して撤収をしないのは、イランやシリアに攻め込むためのステージング・エリアとして

  2006年06月18日の日報 (11ページ目)

かわらず、テロリストを掃討して撤収をし「ないのは、イランやシリアに攻め込むためのステージング・エリアとして

  2006年06月19日の日報 (31ページ目)

かかわらず、テロリストを掃討して撤収をしないのは、イランやシリアに攻め込むためのステージング・エリアとして

  2006年07月08日の日報 (9ページ目)

のトラブルを望まない。●ハシシュ(大麻)を所持したイラン人が大量にイラク国内に流入しているので、政府は対策

  2006年07月09日の日報 (9ページ目)

のトラブルを望まない。●ハシシュ(大麻)を所持したイラン人が大量にイラク国内に流入しているので、政府は対策

  2006年07月17日の日報 (6ページ目)

加し、ハワイ、サンディエゴへの寄港や、ウィッビーアイランド基地やカネオへ海兵隊基地に滞在させてもらった。日