イラク日報検索【イラク日報村】

  2005年04月17日の日報 (18ページ目)

れたりした場合は、明るく元気に答えてもらいたい。こうしてMNF/C-1の高官に市営地を訪問してもらうこと

  2005年04月23日の日報 (16ページ目)

らとの黄つなぎをしておくことはとても大切である。そうした活動が、民衆への影響となって必ず表れてくるはずで

  2005年05月27日の日報 (16ページ目)

がら活動できるのだということに感謝するとともに、そうした意識を決して忘れることなく持ち続けていかなければ

  2005年08月10日の日報 (9ページ目)

両爆弾と疑い、警戒して接近○武装勢力は多国籍軍のこうした対応に対し、多国籍軍、イラク治安部隊等が容易に接

  2005年08月17日の日報 (17ページ目)

ける開発・経済復興に関する最初の会議であり、今後こうした会議が各分野毎開催される予定バスラLO日々業務報

  2005年08月24日の日報 (9ページ目)

成果により自己の立場を優位にしたものとみられるがこうしたデモへの関与の際にサドル派民兵を活用している模様

  2005年10月02日の日報 (23ページ目)

…残っているのは私を含め外国人スタッフばかり。「どうしたの?」「うん?今日はバレーボールの日だよ。」先週

  2005年10月23日の日報 (14ページ目)

イラクの選挙プロセスに参加することが必要であり、そうしなければ政治プロセスから引き離される危険があると認

  2005年10月30日の日報 (10ページ目)

まりの影響から、今週は訓練コー「スは実施されず、こうした状況は2~3日中に解決されると考えられる。○メイ

  2005年11月10日の日報 (10ページ目)

要メンバーは隠れている。●バスラの情報が伝わり、こうした不安は作戦地域外のバグダッドのJAM(サドル派民

  2005年11月10日の日報 (18ページ目)

しい部署のメールアドレスをチャッカリ掌握した。・こうした行事に参加すると、普段忙しくてなかなか会えない人

  2005年11月11日の日報 (18ページ目)

された。単なる通報の連れなのか、それとも基地的にそうしたのか不明である。2 本日、第7世甲旅団長、マリオ

  2005年11月14日の日報 (17ページ目)

る」と言われた。バズラは今日もギラギラ太陽である。うしのう..・

  2005年12月01日の日報 (9ページ目)

ル派民兵のリーダーに交代させた。--!!!!!○こうした好戦性に対する上級組織による厳重な統制にもかかわ

  2005年12月01日の日報 (16ページ目)

いた。案の定、引っ越し当日、怒 って帰ってきた。どうしたのか聞いてみると、やはり数名のLy(少佐~中射)

  2005年12月02日の日報 (15ページ目)

けど、日本人は何でもありだ。例えば、クリスマスを祝うし、元日には神社にお参りするし、* 先祖のお書は仏式

  2005年12月04日の日報 (19ページ目)

らイラク国内各地へのヘリの運用も制限されている。こうした中、12月5日にコアリッション事務所長(伊空軍准

  2005年12月05日の日報 (18ページ目)

く驚いたとして、業のない私に対して、「その髪型はどうしたの?何かあったの?」と聞いてきた||*(スキンヘ

  2005年12月14日の日報 (16ページ目)

事してるよ。下手すると銃を持ち出すやつまでいる。そうしないと仕事が進まないからだ。」「日本では銃を出すこ

  2005年12月16日の日報 (16ページ目)

迎えに行く。いいか?」何やら怪しい雰囲気がして「どうしたの?何かあったの?」と聞いても、「それは後から言

  2005年12月17日の日報 (15ページ目)

答えにくいけど、俺は無宗教だ。でも、神林はいると思うし、先祖は仏式で起っている。日本には神道と言「うのが

  2005年12月20日の日報 (17ページ目)

った時、少し恥ずかしそうに近づいてきた。|: 「どうしたの」と聞くと、トルコ国内では、天然の場合を除き、

  2005年12月22日の日報 (14ページ目)

いしたもんだとほめてやればいいよ。」基LO2:「どうしよう……俺、国際免許証しかない…」これ以上はかまわ

  2005年12月23日の日報 (15ページ目)

)と思いつつ自衛官らしい返答をした。「整理整頓、どうしましょうか?」するとA中佐は「点検じゃないんだ。普

  2005年12月29日の日報 (15ページ目)

みると「知らない。」 謎は深まっていった。・そうこうしている内に1125になった。B軍曹は席を立とうとし

  2005年12月30日の日報 (16ページ目)

ールで送る。半日、1日がすぎても返事がこない。「どうしたのかな?やっぱりメールだと不安だな?もう一度会い

  2006年01月07日の日報 (16ページ目)

官、陸幕長をはじめ大勢の方々がイラクを訪問され、こうした調整も場数を踏むことができた。最初の頃は、部署も

  2006年01月22日の日報 (20ページ目)

砂みになった。ただ、どんなにおもしろい話でも、ど「うしても「字」にすることを憚られることも多々あった。こ

  2006年01月26日の日報 (17ページ目)

」とやや困惑している。日本人は時間に厳密なため、どうしても時間前には、オフィスに着き、次に申し送るまでオ

  2006年01月28日の日報 (17ページ目)

難しく、今回は代理参加となった。我が国としては、どうしても色々な面で何重に発肯せざるを得ないため、会議等

  2006年01月29日の日報 (10ページ目)

関係にあったのに、英車は「信頼できない。英軍は、どうしてサマーワ市内をパトロールしているのか。※自衛隊関

  2006年04月16日の日報 (19ページ目)

んもバグダッド日誌を読んでいれば大体見当はつくと思うし、本人も自覚しているだろうから、匿名にしておこうと

  2006年02月19日の日報 (17ページ目)

心情把握はもちろん、隊員家族に対しても心配しないようしっかり説明してもらいたティング(2191535)○

  2006年02月21日の日報 (15ページ目)

るので、事前に情報を収集して、ぶれ幅を少なくなるようしてもらいたい。また、豪軍の判断で支援が中止となった

  2006年02月27日の日報 (16ページ目)

で、しっかり準備をしてもらいたい。ー状況の変化はどうしても起こるので、状況の変化が起きた時の対応の余裕を

  2006年03月03日の日報 (15ページ目)

止めようとしない。周りは圧倒されっ放しであった。こうして、白熱した意見交換は3時間余り行われ、終了後直ち

  2006年03月03日の日報 (17ページ目)

認しておいたので、不肖私が、勇躍屋上に赴いたが、どうしても衛星通信システム (Secure Link)の

  2006年03月04日の日報 (14ページ目)

事項を早めに業務に取り込んで、最善の態勢がとれるようしっかり検討してもらいたい。テリーミーティング(3.

  2006年03月06日の日報 (21ページ目)

ればならないので不便であるが、口頭だけの通報ではどうしても限界があり、データを 上からメールで送付する必

  2006年03月11日の日報 (16ページ目)

、いかにも辛そうに上目遣いでこちらを見ていた。「どうしたんだ?」と聞くと、「ヘリパッドまで送ってくれない

  2006年03月16日の日報 (14ページ目)

振り返ってみる。」といった事から始まる。みんながそうした「初心を忘れない。」という意識を持つ必要がある。

  2006年04月14日の日報 (16ページ目)

1回25発になった。宝くじに当たるようなもので、どうしようもないが、我々も、可能な限り気をつけたいと思う

  2006年04月23日の日報 (22ページ目)

概ね「網羅されており、非常に参考になる。もちろんそうした文書は、サマワに送っている。私は、自衛隊で情報関

  2006年04月29日の日報 (13ページ目)

喜ぶと同時に、久しぶりに全員揃ったことを喜んだ。こうしてバグダッド連絡田に活気溢れる中、昨日は群長からお

  2006年05月01日の日報 (19ページ目)

心遣いをしてくれる方であった。嘘だろうと思うが、もうしばらくしたら工兵部長として、またバスラに来るらしい

  2006年05月05日の日報 (19ページ目)

きた方々は少しの間子供達の顔もみることができたと思うし、子供さんもお父さん、お母さんの顔を見て安心したこ

  2006年05月13日の日報 (22ページ目)

小銃を携行しているのに、自分だけ拳銃で恥ずかしく思うし、小銃装備者を義スミッティLO日々業務報告(5月1

  2006年05月14日の日報 (27ページ目)

にしてみれば、なぜ指揮下にないのかから始まって、どうして広報用の写真が提供できないのかという細かいところ

  2006年05月18日の日報 (22ページ目)

であるが、その時は真剣だった。ヘリ移動にも危険が伴うし、師団長表彰などは先任者が同行した方が良いだろうと

  2006年05月20日の日報 (21ページ目)

うと感じるのだが。 この間、米軍幕僚の担当部署はどうしているかというと、「もうすでに報告しているから」と

  2006年05月31日の日報 (20ページ目)

わけではなく、 の方には『頑張ってください。』というしかない。ヘリの調整は最大限努力したいと考えている。

  2006年06月01日の日報 (18ページ目)

掻いて神妙な顔をしている。 異様な雰囲気に私が「どうしたんだ」と聞くと、「侵入されました。」と一貫。何1

  2006年06月06日の日報 (19ページ目)

長以下の方々には、C130の飛行予定に合わせ、てどうしても基山町のヘリを予約せざるを得ず、今日の移動は無

  2006年06月06日の日報 (17ページ目)

に良い人に括ってもらい事なきを得た。「い最中で、どうしても注進力が散漫になりがちであるが、今一度気を引き

  2006年06月13日の日報 (19ページ目)

の後も、色々な方から、「残念だったね。」「最後はどうしてしまったんだ。」などと声をかけて頂き、傷口に塩を

  2006年06月16日の日報 (38ページ目)

を使って後輩に書かせるなんて。まあ、1人で大変だろうし、毎日書くためには協力も必要だろうから、仕方がない

  2006年06月22日の日報 (21ページ目)

なかなかの難題も抱えている。先走ってはいけないだろうし、かといって、時期を失すればできることもできなくな

  2006年06月23日の日報 (29ページ目)

行っていく」と伝えると、とても喜んでくれていた。こうして、モスキートたちは再び自分達の街へと帰っていった

  2006年06月23日の日報 (32ページ目)

ができなかった。「まだ、決まってないんだよ。」『どうして?』「政府が撤退を考えているから」『撤退するまで

  2006年06月24日の日報 (42ページ目)

行っていく」と伝えると、とても喜んでくれていた。こうして、モスキートたちは再び自分達の街へと帰っていった

  2006年06月24日の日報 (45ページ目)

ができなかった。「まだ、決まってないんだよ。」『どうして?』「政府が撤退を考えているから」『撤退するまで

  2006年07月03日の日報 (17ページ目)

って犠牲を覚悟しながら唯一の超大国としての責任を全うしている。その中「でも石油等の権益をきっちり押さえて

  2006年07月17日の日報 (6ページ目)

行われるようになったことを目の当たりにした。今、こうしてバグダッドに立っていると、このときに経験が、今に