イラク日報検索【イラク日報村】

  2005年04月02日の日報 (15ページ目)

人の場合は、MND(SE)やMNF-Iが何を考えているかということや、治安状況といったものにより関心がある

  2005年12月12日の日報 (16ページ目)

ろうがなかろうが、日本のLOは常に所要の準備をしているから、いつも通り勤務していればいいのだが、もし、私が

  2005年05月14日の日報 (12ページ目)

、送っているとのことであるが、第6次群長まで届いているか、もう一度よく確認せよ。イニング・ミーティンク(1

  2005年05月18日の日報 (12ページ目)

感情等の変化に十分に注意する必要がある。「日本隊がいるから、 がやって来る」等の障が出ることも予想されるの

  2005年06月26日の日報 (11ページ目)

。今イラクで発生しているテロなど全てのことは米国がいるから起こっている。ともかく、米国はイラクから去るべき

  2005年07月17日の日報 (15ページ目)

けではない。警衛・望楼勤務等の色々な勤務につく者がいるから会食等を開催できる。特になかなか目に触れない給食

  2005年08月28日の日報 (11ページ目)

していないのは、両者が状況のエスカレートを懸念しているからであると考えられる。しかし、両者に「はねっかえり

  2005年10月02日の日報 (23ページ目)

回復に伴い、朝夕の会議に参加。声が小さく何を買っているか良く聞こえず、1 の苦労を身にしみて実感。3日の2

  2005年12月09日の日報 (15ページ目)

型が気に入ってます。」等々。外では当然精子を被っているから、何で知ってるの)と思いつつ、とりあえずお礼を言

  2005年10月12日の日報 (18ページ目)

先任道移官のから「日本は海兵隊から兵站支援を受けているか?」と質問があり、「何だ?」と思って聞いてみると、

  2005年10月19日の日報 (20ページ目)

連合の成果だけではなく, 合目的的に組敗を運営しているからこそ統合が成り立っているのだなと感じさせられます

  2005年11月10日の日報 (16ページ目)

も陸幕作戦会議・PJ等においてどのような話がされているか関心を持つことが必要である。現地で実際に行われてい

  2005年12月22日の日報 (14ページ目)

識別できるわけがない。日本のはまだ英語が併記されているから、読むことはできるだろうが、その真を確認すること

  2005年12月29日の日報 (16ページ目)

なくイギリスの大佐がやってきた。遠巻きに何を話しているか聞いてみると「おまえはカトリックか?教会はどこにい

  2006年01月13日の日報 (16ページ目)

り・・)と思いつつ、「海空のことは海空のスタッフがいるから大丈夫」と苦しい言訳をしつつ、「俺はこの子がかわ

  2006年01月14日の日報 (16ページ目)

、仕事や環境に不安を持っていることを彼らも理解しているから、「何か手伝うことはないか」、「分からないことが

  2006年01月15日の日報 (17ページ目)

りと説明している様子であった。(もちろん何を話しているかは聞こえな」いが)スライド1枚1枚自ら解説されてい

  2006年01月18日の日報 (10ページ目)

となっているが、イラク・イスラム軍が実際に運営しているかどうかは不明。●誰もが書き込み可能なサイトではない

  2006年01月24日の日報 (16ページ目)

施することができた。「から日本は電子製品が発達しているから、連絡もスムーズだとのお褒めの言葉を頂いた。しか

  2006年02月02日の日報 (18ページ目)

えた。この時、 「は、情報部分析チーフが何を言っているか聞き取れず、「つい」言ってしまったそうである。「か

  2006年02月03日の日報 (14ページ目)

?」と言われてしまった。前回は、チーフが何を言っているか聞き取れずチームリーダーを引き受けてしまったが、今

  2006年02月07日の日報 (18ページ目)

の際、ほぼ同時に日本隊の食材の調達はどのようにしているかとの問い合わせがあった。その他にも何か事象が起こる

  2006年02月12日の日報 (22ページ目)

食事をしていたチャペランの中佐がキリスト教を知っているかどうか聞いてきた。私は、イエス・キリスト(ジーザス

  2006年02月15日の日報 (17ページ目)

けて、更に検問等にいる兵士が銃をどのように保持しているか、弾倉は装着しているか等研究に余念がない。散髪も得

  2006年02月19日の日報 (20ページ目)

5今日は先入観について話したい。皆さんがどう思っているかは分からないが、ここに来るまではイギリス人はなんと

  2006年02月19日の日報 (17ページ目)

である。全員が現地で活動している隊員が何を実施しているかをつかむ。そしてその活動に影響がある状況があるなら

  2006年02月19日の日報 (18ページ目)

で日本人と分かる私を見つけた米陸軍大佐が「を知っているか?」と話しかけてきた。私が警備幹部としてお仕えした

  2006年02月26日の日報 (10ページ目)

る。なぜならば、イラク政府が占領軍に駐留を依頼しているからだ。現政府はイラク政府ではない。イラクにおける完

  2006年02月26日の日報 (20ページ目)

師団として今後どのように態勢移行を進めようと考えているかの概要について報告あるいは説明がなされた。日本隊か

  2006年02月27日の日報 (20ページ目)

いのか?(逆に、知らない人に挨拶しないよう躾られているか?)3本日、快晴。とても暑いが、バスラ4名、極めて

  2006年03月03日の日報 (15ページ目)

層の人々何人かを一同に集め「いま、街で何が噂されているか」を収集している。男女もほぼ均等に参加していた。識

  2006年03月03日の日報 (17ページ目)

でもない、こうでもないと頑張った。ヒューズが飛んでいるかもしれないという通信専門家の意見に従って、ヒューズ

  2006年03月17日の日報 (17ページ目)

ともに、担当であるG-3のスタッフにどの様になっているかを確認した。」というもので、詳しい話は(正確性に欠

  2006年03月21日の日報 (16ページ目)

本の紹介を実施した。日本がどのような活動を実施しているか理解してもらう上で大変効果があったようで、私がパレ

  2006年03月27日の日報 (12ページ目)

いが)知っておく必要がある。また、相互に何をやっているかを知ることによって、LO間のいわゆる「有機的な幕僚

  2006年03月28日の日報 (17ページ目)

LO業務を実施するなかで、いかにして情報を共有しているかを紹介しようと思う。まず第1に、認識統一のためのミ

  2006年04月02日の日報 (20ページ目)

のやり取りなどから想像するしかない。しかし、離れているからこそ気付くこともあるような気がする。なかなか意思

  2006年04月05日の日報 (9ページ目)

今回の事案をもって、ルメイサの情勢が特に悪化をしているか判断するだけの材料は現時点ではなく、今後の関連する

  2006年04月06日の日報 (10ページ目)

ルメイサでの事案がサマーワでどの様に受け止められているかについても、情報収集する必要がある。○今回の射撃の

  2006年04月09日の日報 (41ページ目)

になりそうか。」、「英・豪軍とは緊密な連携がとれているか。」 等、答えやすい質問からなかなか答えにくい質問

  2006年04月12日の日報 (17ページ目)

れた建造物は、そこに執着のある無数の魂を呼び寄せているかのようだ。 の見た人魂は、何処に行きたかったのだろ

  2006年04月17日の日報 (16ページ目)

てきた。今我々の活動がイラクの人々の目にどう映っているか等、考えてもらいたい。今後我々は活動のゴールに向っ

  2006年04月17日の日報 (17ページ目)

イースター休暇(3連休)でイラク担当も休みをとっているから楽だよ。」といいながら「俺たちはイラクにいるか

  2006年04月30日の日報 (24ページ目)

ようにしか見えない。強いてうならば、野球に少し似ているかなあとも思う。少し離れたところから思いっきり走って

  2006年05月01日の日報 (16ページ目)

なければならない。この際、縦・横のバランスがとれているか、漏れがないか等を考慮し、無理なく着実にできるよう

  2006年05月13日の日報 (22ページ目)

銃を携行するのは、いざという時のことを真剣に考えているからだと思う。当然、小銃の取扱いにも習熟されているこ

  2006年05月19日の日報 (15ページ目)

ことである。各部隊は、活動する部隊が任務を理解しているか、行動を承知して準備ができているかを良く確認せよ。

  2006年05月20日の日報 (10ページ目)

●イラク国内の治安が悪いのは、多国籍軍とダーワ党がいるからだ。●新政府の早期発足●イラク国内のテロリスト排

  2006年05月20日の日報 (21ページ目)

じるのだが。 この間、米軍幕僚の担当部署はどうしているかというと、「もうすでに報告しているから」と言わんば

  2006年05月21日の日報 (12ページ目)

●イラク国内の治安が悪いのは、多国籍軍とダーワ党がいるからだ。●新政府の早期発足●イラク国内のテロリスト排

  2006年05月25日の日報 (20ページ目)

国要員は、日本隊撤収の情報でも入ったかと勘違いしているかもしれない???…もちろん空輸調整担当の方にはすぐ

  2006年06月01日の日報 (16ページ目)

そして結果的には自分の都合のいいように調整してきているから頼もしい。 ・その 突然、「イラクのカラスは白い

  2006年06月04日の日報 (21ページ目)

うに見えるが、それぞれが定期的に家族と連絡をとっているかを確認しようと思う。・・バスラLO日々業務報告(6

  2006年06月14日の日報 (16ページ目)

を構築するのには、同じ目揮に向かい大変な努力をしているからこそ、信頼関係ができているのだろうと感じました。

  2006年06月23日の日報 (32ページ目)

てないんだよ。」『どうして?』「政府が撤退を考えているから」『撤退するまでいるの?』「長くなれば、交代要員

  2006年06月24日の日報 (45ページ目)

てないんだよ。」『どうして?』「政府が撤退を考えているから」『撤退するまでいるの?』「長くなれば、交代要員

  2006年06月25日の日報 (21ページ目)

たり、司令部内の掲示物だけで、今ここで何が行われているかを知ることができる。しかし、私が特に興味を持ったの

  2006年06月26日の日報 (16ページ目)

かについて、さらには師団の雰囲気、師団が何を求めているかを伝えることもLOの責任と考えている。ここに書くこ

  2006年06月30日の日報 (16ページ目)

達の間では、私のことを逆に「ピーマン親爺」と呼んでいるかも知れないと、想像しながら苦笑いしている。因みにピ

  2006年07月03日の日報 (18ページ目)

移動が目前に迫ってきた。これまで、師団がどう考えているか、司令部の雰囲気は、あるいは我々の近況は、さらには

  2006年07月15日の日報 (8ページ目)

勤務できるのも、それを支援してくださる多くの人達がいるからこそであったことを決して忘れることはない。残りの