イラク日報検索【イラク日報村】

  2004年07月14日の日報 (13ページ目)

人デモ隊に対する小火器による攻撃あり。イラク人2名死亡(発砲者も死亡)KUWAITSAUDIARABIA

  2005年12月12日の日報 (16ページ目)

ソコンには、バグダッド市内で自性政較が発生し、多数死亡の記事がでている。建造技示があろうがなかろうが、日

  2005年04月10日の日報 (9ページ目)

師」の乗った車が待ち伏せ(小火器射撃)され、同師が死亡、同乗の3名が負傷●9日の大規模集会に参加するため

  2005年04月14日の日報 (9ページ目)

車の砲弾らしい●同現場で昨年別の不発弾が爆発、少年死亡【現在までの調査結果】●サマーワ消防から英軍不発弾

  2005年04月29日の日報 (9ページ目)

を回避した」「母子病院における投薬ミスによる妊婦の死亡について病院長の解雇を求める。さもなくばデモを実施

  2005年05月02日の日報 (5ページ目)

県事案等なし.“多国籍軍に対するED攻撃あり。1名死亡、1名負傷ナジャフ GET過ルメイサマナシリヤキャ

  2005年05月05日の日報 (8ページ目)

い。 小火器によるけ隊 统举 ,市民Pa刈ル装2名死亡。ムサンナ県事案等なし0700現在出家ワ市内業種|

  2005年06月10日の日報 (8ページ目)

対する小火器射撃あり。警官2名(警察大学校長含む)死亡。SAUDIARABIAKuWA1,KUWA)PA

  2005年06月22日の日報 (15ページ目)

ト前チェックポイントでSVBIED攻撃。民間人4名死亡15.

  2005年06月23日の日報 (8ページ目)

ライラク市民に対目して、小火器射撃あり。市民1名が死亡「1600現在サマー市内平穏SAUDIE艦-ARA

  2005年07月01日の日報 (15ページ目)

いて、アンロードしていない兵士の銃が暴発し、1名が死亡するという事案が発生した。我々も人ごとではなく、武

  2005年07月02日の日報 (8ページ目)

軍に対し、小火器による射撃あり。イラク軍兵士1名1死亡リルコクルナバスラムサンナ県事案等なし1600現在

  2005年07月08日の日報 (8ページ目)

ナシリヤR48市民に対する小火器射撃あり。市民1名死亡。タリル Deceクルナ※バスラムサンナ県事案等な

  2005年07月16日の日報 (8ページ目)

ー県事案等なし多国籍軍に対するIED攻撃あり。3名死亡、10名負傷。ナジャフR7「アマラR6ルメイサルメ

  2005年08月05日の日報 (9ページ目)

ワ市内平穏民間人に対する小火器による射撃あり。2名死亡「バスラ県「1件KUWANSAN.JP|-… AR

  2005年08月07日の日報 (9ページ目)

デモ発生負傷(イラク警察×3)(住民×20~30)死亡(住民x2)クルけリル Bape-ムサンナ県1件1

  2005年08月07日の日報 (11ページ目)

県統合調整所情報(1440)】○被 害「Oデモ側:死亡×2、負傷×20~30●イラク警察側 :負傷×3、

  2005年08月31日の日報 (10ページ目)

する噂の拡大に起因するパーックにより600人以上が死亡する事案が発生しており、多数の巡礼者の移動 集合に

  2005年09月05日の日報 (9ページ目)

由は、バグダッドで巡礼者約500名がパニックにより死亡した事案(8月31日)は多国籍軍によって引き起こさ

  2005年09月12日の日報 (17ページ目)

新 加(6) 蔬事将快递协式作列(昨日IED攻击死亡)情報要求对水、定外情報收集(2) 定例会我如出席

  2005年09月26日の日報 (18ページ目)

衝突して6人が、ピューマ1機が着陸に失敗して1名が死亡している。5 師団長は、本日夜、帰隊する。6 本日

  2005年10月10日の日報 (9ページ目)

リルカルナ車両爆弾による民間人に|対する攻撃あり。死亡・負傷数名まずは「F1ムサンナ県事率等なしARA-

  2005年10月10日の日報 (11ページ目)

しているものと考えられる。「Oサード師がルメイサで死亡した件に関する発言があり、サドル派が敵と考えている

  2005年10月10日の日報 (12ページ目)

飛び込み、逃げようとしたが弱死。この際、もう1名も死亡、2名は逮捕。【葬様の実施】O10月1日、サード師

  2005年10月14日の日報 (9ページ目)

イ(兵站部隊契約に対し即製爆弾による攻撃あり。1名死亡ムサンナ県事案等なし。・1600現在調 サマーワ市

  2005年10月16日の日報 (8ページ目)

「Rする小火器攻撃あり |「リルクルナV:BE :死亡者1名gifman. .「ムサンナ県「[anィル1

  2005年10月19日の日報 (9ページ目)

上ズバイル付近で即製爆弾 隊攻撃を受け民間人×1が死亡。公式:h3C!「ズバイル○起爆メカニズムはパッシ

  2005年10月19日の日報 (10ページ目)

街において経路点検中の多国籍軍が即製爆弾攻撃を受け死亡×1、中程度の負傷×1、軽傷×3。○爆発時、先頭車

  2005年10月23日の日報 (13ページ目)

形成弾・即製爆弾攻撃8件により多国籍軍兵士が10名死亡、11名負傷(全てバスラ県)。サドル派民兵はねっか

  2005年10月30日の日報 (11ページ目)

撃を受けたという。民兵23名と警官2名の計25名が死亡7名が負傷した。)御影階段目【マムラハモスク)(サ

  2005年11月05日の日報 (9ページ目)

.:・.イラク警察に対し、小火器による射撃あり1名死亡バスラ県1件・・・:i:i-「K4JVYATSAU

  2005年11月09日の日報 (9ページ目)

案等なしイラク警察に対する|即製鋼弾攻撃あり。| 死亡×2ナジャフ |s-んだ。小火器による部族間抗争あ

  2005年11月11日の日報 (19ページ目)

TL42台如来用印同士接的、名即死、1名病院胜达後死亡,独占2名老危,他向日0死亡事故2名、函11名中工

  2005年12月01日の日報 (4ページ目)

肺内路61~9月上》《他工程":在对金站|-邮料的死亡时水比例的材伟・4名/BIA.下图至“.”常HTT

  2006年01月01日の日報 (9ページ目)

31日午後、民間人に対する小火器射撃あり。 .1名死亡, SAU-kanARABは、==ae SEESA

  2006年01月05日の日報 (18ページ目)

RC C3本日の業務「做百述标、卜力一二追災、巡查死亡」LCC慕你是G-DA大佐、科老主县「 .… …

  2006年01月06日の日報 (8ページ目)

:・.\:.「..「ナジャフ行政に対するデモあり。死亡者×3名負傷者×23名「11回::i:Fen多国籍

  2006年01月08日の日報 (2ページ目)

催)が本邦一時帰国中また、群隊員の留守家族(実弟)死亡0 警備態勢:0人道復興支援関連◆医一外務省等との

  2006年01月09日の日報 (9ページ目)

で爆弾ベルトを体に巻きつけた犯人が自爆し、50名が死亡、69名が負傷。【マムラハモスク】(サマーワ郊外、

  2006年01月22日の日報 (12ページ目)

察との共同パトロールを実施、小火器射撃を受け応射(死亡2、負傷5)。O関連情報の●1630頃、サドル派事

  2006年01月23日の日報 (9ページ目)

○豪軍の脅威認識(昨日→本日)【21日の銃撃に伴う死亡者を追悼する動きについて】O21日、英軍とサドル派

  2006年01月28日の日報 (9ページ目)

1件民間人に対し、即席爆弾による攻撃あり。子供1人死亡、子供2人負傷。 ・認市内印習イランとの全出場評価

  2006年02月03日の日報 (9ページ目)

サンナ県事案等なし警察署に対する攻撃あり。警官1人死亡警官1人負傷0700現在サマーワ市内平穏パスラ県1

  2006年02月15日の日報 (9ページ目)

月1日に発症、重症肺炎で2月5日に入院し、その日に死亡。この地域では家禽の死亡は報告されていないが、患者

  2006年02月19日の日報 (11ページ目)

になったのが、現指導者のムクタダ・サドル師である。死亡した日ヒジュラ歴1419年11月3日西 暦1999

  2006年03月06日の日報 (9ページ目)

隊×3、4×2)が即製爆弾攻撃を受け、 兵士2名が死亡、1名が軽傷を負ったもの。【関連情報】○本梯隊はを

  2006年03月25日の日報 (9ページ目)

バスライラク人治安部隊に対する小火器射撃あり。1名死亡。ht, an★。*, マムサンナ県1件バスラ県1

  2006年04月08日の日報 (28ページ目)

シーア派のモスクで連続自爆テロが発生し、約80人が死亡する等、同じ国の中でこのような事が起きているという

  2006年04月26日の日報 (9ページ目)

。この事案で、 兵士4名が軽傷を負い、民間人2名が死亡、3名が軽傷であった。

  2006年04月30日の日報 (9ページ目)

員5名のうち、車内で軍兵士×1、 警察軍兵士×2が死亡するとともに、後送先のキャンプ・ミティカで軍 兵士

  2006年05月02日の日報 (10ページ目)

の投げ合い、パトカーの焼き討ち等に発展し、10名が死亡する惨事となった。160昨年3月から7月までのガソ

  2006年05月04日の日報 (9ページ目)

院』事案等なしあり。ナジャフ被害:ルメイサ民間人1死亡多国籍軍に民間人2重傷対する簡易爆弾によるサマーワ

  2006年05月07日の日報 (14ページ目)

る被害の状況4名の死者のうち1名は、EFPの破片で死亡・3名は、燃料タンクに引火したことによる火災により

  2006年05月07日の日報 (9ページ目)

多国籍軍ヘリに対する不明火器による攻撃あり。兵士5死亡KUMA「SADEARABIA。独イラク南東部の全

  2006年05月07日の日報 (11ページ目)

5名のうち、車内で 軍兵士×1、 警察軍兵士×2が死亡するとともに、後送先のキャンプ・ミティカで軍兵士×

  2006年05月07日の日報 (17ページ目)

kmの地点に墜落墜落原因 : 不明被 害 : 5名死亡(墜落そのものによる現地人の被害なし)・英軍の行動

  2006年05月08日の日報 (10ページ目)

が、地上からの攻撃を受けた可能性有り○ 乗員5名が死亡し、4名の遺体を確認0 ヘリ墜落後、多国籍軍、イラ

  2006年05月14日の日報 (9ページ目)

し|アマラ多国籍軍に対する簡易爆弾攻撃あり。兵士2死亡兵士1中傷兵士5軽傷サマーワだリヤn Neal/A

  2006年05月14日の日報 (12ページ目)

(一部推定)8. 7デモ、A×1負傷、デモ隊×10死亡4月下旬頃から給電状況が悪化HHTN5月やデモサマ

  2006年05月18日の日報 (9ページ目)

を実施中の の通過中にIED攻撃を受け、 兵士2名死亡、1名が負傷した。が、橋梁を【関連情報】●車両が0

  2006年05月21日の日報 (9ページ目)

コンボイが簡易爆弾攻撃を受け、乗車人員5名全員が死亡した。【関連情報】| O車列はジャマーを装備【事案

  2006年05月29日の日報 (18ページ目)

ールを実施していた」がIEDによる攻撃を受け、2名死亡、2名が軽傷を負った。○ 死亡した2名は、キャンプ

  2006年06月04日の日報 (9ページ目)

民間人に対する小火器車両爆弾攻撃あり。民間人21人死亡64人負傷。サマーワでも変開へ2人死亡1 64人負

  2006年06月04日の日報 (22ページ目)

たバスラ市で昨日VBIEDによりイラク市民27名が死亡した。事案発生場所は、買い物客でにぎわう マーケッ

  2006年06月05日の日報 (9ページ目)

に仕掛けられていたIEDの爆破を受け、 兵士2名が死亡し、2名が軽傷を負った。【関連情報】○本事案で使用

  2006年06月08日の日報 (16ページ目)

130頃、マリキ首相とケーシー大将がザルカウィ氏の死亡を報告した。 ・ア 昨日1815頃、バクーバ北側約

  2006年06月08日の日報 (18ページ目)

グダッド 日 誌(6月8日).Oザルカウィ容疑者、死亡発表本日イラク時間正午に、イラクのマリキ首相は、武

  2006年06月08日の日報 (20ページ目)

課題なのだろう。3 米軍の攻撃でザルカウィ容疑者が死亡したというニュース速報が流れている。影響は・・・本

  2006年06月09日の日報 (18ページ目)

を率いたヨルダン人、アブムサブ・ザルカウィ容疑者が死亡したことについての話題になり、ヨルダンLO曰く、「

  2006年06月09日の日報 (20ページ目)

ができた。 本研究会は、最近「EDによる英軍第兵士死亡事案が続発していることを受けて師団長の肝いりで実施

  2006年06月10日の日報 (9ページ目)

や評議会は問題を全く解決しようとしない。ザルウイは死亡したが、まだ多くのテロリストがおり、引き続き攻撃す

  2006年06月10日の日報 (10ページ目)

約300名)O説法内容●ザルウイは米軍の攻撃により死亡したが、まだ多くのテロリストがおり、引き続き攻撃す

  2006年06月10日の日報 (11ページ目)

:ムハンマド師(約100名)O說法内容●ザルウイは死亡したが、多国籍軍はさらにテロリストを攻撃してもらい

  2006年06月10日の日報 (23ページ目)

配していたところだった。一昨日、ザルカウイ容疑者が死亡したニュースが大きく取り上げられたため、やや陰が薄

  2006年06月11日の日報 (9ページ目)

る小火器愛射撃及び6器3 RPG攻撃あり。犯人8名死亡。多国籍軍兵士闘1名重傷」ナジャブ61-サマーウと

  2006年06月11日の日報 (10ページ目)

300名)○説法内容●ザルカウイは米軍の攻撃により死亡したが、まだ多くのテロリストがおり、引き続き攻撃す

  2006年06月11日の日報 (11ページ目)

:ムハンマド師(約100名)○説法内容ザルカウイは死亡したが、多卸準軍はさらにテロリストを攻撃してもらい

  2006年06月12日の日報 (10ページ目)

-** ***Aes6/10(土)ザルカウィ容疑者死亡●内相、国防相、治安担当相決定6/9(金)6/10

  2006年06月13日の日報 (9ページ目)

では、による伏撃事案がある。本事案では、兵士1名が死亡。「デンマーク軍とイタリア軍を標的とした両ケースよ

  2006年06月15日の日報 (9ページ目)

いたところ、仕掛けられていた別のIEDが爆発し、が死亡、1名負傷した。設IT、IEWバグダ州事案発生現場

  2006年06月17日の日報 (19ページ目)

る。○説法内容(アドナン師)●米軍のイラクにおける死亡者数が2500人を越えたが、MNF、特に米軍は撤収

  2006年06月18日の日報 (11ページ目)

○説法内容(アドナン師) ・●米軍のイラクにおける死亡者数が2500人を越えたが、多国籍軍、特に米軍は撤

  2006年06月19日の日報 (31ページ目)

する。○説法内容(アドナン師)米軍のイラクにおける死亡者数が2500人を越えたが、多国籍軍、特に米軍は撤

  2006年06月21日の日報 (10ページ目)

け車両4両で前進中、IEDによる伏撃を受け兵士1名死亡、4名負傷した。なお、伏撃を受けたは、爆破の約1時

  2006年06月21日の日報 (11ページ目)

、幌製の前衛として4両編成で移動、先頭車両が被爆が死亡。●破片の貫通痕は、車体の上部に集中●FPの爆破威

  2006年07月08日の日報 (8ページ目)

フディ一軍が衝突し、マフディー軍のうち10名 1が死亡し、5名が逮捕された。●サドルシティーで生起したテ

  2006年07月09日の日報 (8ページ目)

とマフディー軍が衝突し、マフディー軍のうち10名が死亡し、5名が逮捕された。「サドルシティーで生起したテ