イラク日報検索【イラク日報村】

  2004年09月22日の日報 (12ページ目)

安定な情勢変化なし。(一部地域において多国籍軍との戦闘により襲撃が継続)★ 細部発生状況○攻撃時期基地等

  2005年04月09日の日報 (7ページ目)

LyftGEXLMND-Baghdad」A0929戦闘A rea 紫116 ,MND(CS)文 全般とし

  2005年04月17日の日報 (11ページ目)

得し、年末の選挙へ向けた基盤固めの方策の一つと推測戦闘: الشعب منيتكم واثرها مدك

  2005年04月28日の日報 (7ページ目)

生件数55件AMNDINE) |250URTLEに戦闘開SERVAPE200150100MNB(NW)*

  2005年05月25日の日報 (9ページ目)

て取り外し落書き発見場所|調赤旗はイラクでは戦争(戦闘開始)を意味する。■■■この電柱と思われる23日に

  2005年08月21日の日報 (11ページ目)

軍の過剰な行動を取らせ、より広範囲における攻撃的な戦闘を正当化しようとしているものと考えられる。評価サド

  2005年08月24日の日報 (9ページ目)

サドル派の政治路線を表明し、サドル派民兵に対しても戦闘の停止を命じているものの民兵組織は存続している。ま

  2005年08月31日の日報 (2ページ目)

武器・装具、入院1名(尿管結石、タリルAB:第86戦闘支援病院南部任務部隊)の他、異状なし0 警備態勢:

  2005年09月15日の日報 (9ページ目)

●多国籍軍は、タルアファルにおいて敗北する。最後の戦闘は近く、忍耐が必要。||09月14日、イラク・アル

  2005年09月15日の日報 (10ページ目)

イダは、活動基盤であるタルアファル喪失の対策として戦闘員を「再編成のためシリア、ユーフラテス川流域、ディ

  2005年09月19日の日報 (9ページ目)

ザルカウィ及びテロリストに対抗しなければならない。戦闘するのではなく、彼らの挑発に乗らないようにしなけれ

  2005年10月07日の日報 (8ページ目)

イラク治安機関・対民間人:対インフラ整:不明園「シ戦闘pargess passee (:5ディ A8呪r

  2005年10月10日の日報 (13ページ目)

一出合:15:4PS2・|トルA4か所設に対!部衆戦闘前【銀行前デモ】O日 時:10月9日 0910~1

  2005年11月06日の日報 (25ページ目)

ーTFT:. ::.*・----。た・・現在の主力戦闘機!?「管制塔からJHF方面を見た写真(2005年

  2005年11月09日の日報 (17ページ目)

はいないものの、行き交う人のほぼ大半が我々の緑色の戦闘服の方に、目配せしながら話しているのがわかった。(

  2005年11月10日の日報 (5ページ目)

teの(52送類学ココPRに補修ター 20120性戦闘BC2B闘月・腐動全般国際的にはど電気配線の接着F

  2005年11月10日の日報 (18ページ目)

。2000名を越える戦死者がいて、今日もなお北部で戦闘を継続している「戦地」において、多国籍軍人達に混じ

  2005年11月11日の日報 (16ページ目)

今朝のBUAで、ケーシー司令官が「今日は祝日だが、戦闘している中で休むわけにはいかない。ここにいる全ての

  2005年11月13日の日報 (12ページ目)

マーワ市内の映画館に入った。メンバーは砂漠用 ..戦闘服を着用し、目出し帽と弾帯を身に付けて戦闘服を着用

  2005年12月24日の日報 (16ページ目)

、12月の選挙と順調にイラクも進展してきた。各地で戦闘が続いてきたが我々は勝利している。ところで、皆、マ

  2006年01月18日の日報 (9ページ目)

AL-IRAQI(別名SHYKHAMIN)○規模:戦闘員及び支援者約1050人 ・○構成:多くの構成員が

  2006年01月22日の日報 (12ページ目)

AM(サドル派民兵)が射し始めたことに端を発して、戦闘が拡大、イラク警察及びイラク陸軍が「治安回復のため

  2006年01月25日の日報 (17ページ目)

g:1名『ママ、察官職会議長になる実感を問避露顕微戦闘・・}・ 18.1. 25イラク復興支援群o治安情

  2006年01月31日の日報 (9ページ目)

月末までにイラクから部隊を撤収させる。これにより、戦闘が継続中の国に対する第2次大戦後初の部隊派遣が終了

  2006年02月07日の日報 (18ページ目)

回るよう指示があり、最左翼に出てしまった。日本隊の戦闘服だけが緑色で、目立ちたくなくても浮いていたと思う

  2006年02月08日の日報 (19ページ目)

過ぎてたのか)とこんな具合である。それでも最近は、戦闘服の迷彩の違いによって国を識別できるようになったの

  2006年02月11日の日報 (17ページ目)

ディスコまである。ディスコは毎週金曜夜に開いており戦闘服・武器携行・アルコール類は一切なしであるが、若い

  2006年02月19日の日報 (18ページ目)

高官視察の調整会議に行く途中、「日の丸のついた緑の戦闘服」姿の一目で日本人と分かる私を見つけた米陸軍大佐

  2006年03月06日の日報 (10ページ目)

宅密集地と開園地の境目付近エロコ田田田田■田盛田=戦闘人員装甲車スタジアム鉄板で強化「アマラにおける即製

  2006年03月15日の日報 (18ページ目)

口の3ヶ所で厳重なチェックがなされた。我々のように戦闘服及び多国籍軍のIDを持っていれば、2~3分程度の

  2006年04月08日の日報 (30ページ目)

印象は忘れないね」とか.…。とりあえず日本人が縁の戦闘服を着て、ここバグダッドにいることはみんな認識して

  2006年04月12日の日報 (17ページ目)

壊された橋の延長線上にそびえている。その際の激しい戦闘が想像できない程の静けさを保ってはいるが、キャンプ

  2006年04月20日の日報 (16ページ目)

0日)O腕まくり最近暑さが日毎に厳しくなっており、戦闘服の「腕まくり」をしたいなと感じるこの頃、米兵は誰

  2006年04月22日の日報 (19ページ目)

割を実施して、私の暴走を押し止めてくれている。が再戦闘加入し、バグダッド連絡班はますます「元気いっぱい」

  2006年04月25日の日報 (19ページ目)

ージーランドの部隊が第1次世界大戦間、初めて主要な戦闘に参加した記念日である。1915年4月25日、オー

  2006年05月11日の日報 (21ページ目)

いい。OSPREY(鳥:ミサゴ)KESTRELが、戦闘用としては動作がしにくく、状況(脅威の度等)によっ

  2006年05月16日の日報 (19ページ目)

と想像してBUA(朝の指揮官報告)から戻ってからは戦闘服を着ないでいようと心に誓った。しかしながら、10

  2006年06月01日の日報 (18ページ目)

んでもただでは起きない我ら日本隊としては、また人的戦闘力が充実したことになる。{本日独件 バスラA8、固

  2006年06月12日の日報 (21ページ目)

グを実施している光景をよく見かける。昨日見慣れない戦闘服の兵士が米軍とともにミッション・ブリーフィングを

  2006年06月13日の日報 (18ページ目)

ジュースを飲みながら歩く」等々、各国の国旗をつけた戦闘服を着てよくも恥ずかしくもないと、つい眉をひそめて

  2006年06月21日の日報 (24ページ目)

行していることに気付いた。(もちろん自衛隊の陸士も戦闘員として高度な建能、技術を有しているが。)まず、司

  2006年06月27日の日報 (6ページ目)

・経過等頭部打撲(額裂傷) 1 バグダッドの第10戦闘支援病院でCT | 28日2030dバラドイ(警備

  2006年07月06日の日報 (14ページ目)

よ。-.:別紙第!雲業時間発表会等の異常が国際的に戦闘サマーワ総合病院医師等に対する指導者養成教育等に対